iPhone 7(アイフォン7/6S)には二種類のデザインが用意されている?



iPhoneというと皆さんは何を思い浮かべますか? 私はiPhoneというと洗練されたデザインを思い浮かべます。 毎回新しくなるたびに少しずつではありますが、どこか洗練されたものとして登場しています。 iPhone 5からiPhone 6になった時は厚さを突き詰めた結果、薄くなりました。 また、繋ぎ目のような溝もほとんど見られなくなり、非常にスタイリッシュになったといってもいいでしょう。

そんなiPhoneですが、早くも「7」が登場するのではないかという噂が流れ始めています。
デザインに関しても言及がされ始めているので、確定情報ではないにしてもどういうものになるのだろうか、少し紹介してみたいと思います。


Part 1: 左右の縁を無くした、ライバル社で見られたエッジスクリーンが

iPhone 6までは画面の左右に縁がありました。しかし、現在噂されているiPhone 7のデザインは画面の左右に縁がありません。

縁がないとはどういうことなのか。

縁まで画面が広がっていて、Appleのライバル社と言われているメーカーで先に登場したエッジスクリーンのような印象を受けます。先を越された形になったのかもしれませんが、これが実現するのならばiPhone史上一番の変化なのではないでしょうか。

なお、今まで縁だった場所は通知メッセージが流れるようになるのだとか。

iPhone7/6sのデザイン1

Part 2: 本体の大きさはコンパクトなままもっと画面を広く

もう一つ噂されているデザインとして、左右の縁を無くしただけにとどまらず、上下の縁まで無くしたデザインが注目されています。

本来であれば耳を当てる受話部分とホームボタンのある下の部分は指一本分程度の縁が存在していたのですが、新しいデザインでは表面全てが画面となっています。

ホームボタンの左右にも一部機能を利用することができるボタンが用意されているのも確認できます。

iPhone7/6sのデザイン2

Part 3: iPhone 6と比較

また、iPhone 6と比較してみると前者の左右縁なしデザインのものは僅かに小型になり、ほんの僅かではありますが薄くなっています。

iPhone 6が発売してまもなく、「iPhone 6が曲がってしまった」なんて話もありましたが、果たして今回は大丈夫なのでしょうか。
そして、後者の上下左右縁なしフルスクリーンデザインのものはiPhone 6と本体の大きさは基本的には変わらないようで、全ての縁を無くしたことで大画面を実現しているということでしょうか。

iPhone 6とiPhone 6Plusのようにどちらを選ぶのかという楽しみがあるのかもしれませんが、コンパクトにこだわるのであれば左右縁なしのiPhone 7(アイフォン7/6S)を、大画面で使ってみたいのであれば上下左右縁なしフルスクリーンのiPhone 7を選んでみるといいのではないでしょうか。

実際にここで言われているとおりになるかどうかは定かではありませんが、情報として出まわっているだけに登場が待ち遠しい限りです。

iPhone7/6sのデザイン3

iSkysoft iPhone データ復元 for Windows

iSkysoft iPhone データ復元 for Windows

簡単にiPhone7(アイフォン7/6S)のデータを取り戻せます!

  • iPhone/iPad/iPod touchから、紛失した連絡先、写真、ビデオ、SMS、通話履歴などのデータを復元
  • iTunesバックアップファイル/iCloudバックアップファイルから、データを復元
  • 最新のiOS 8.4や全シリーズiOS対応
  • オリジナル品質でスキャンされたファイルをプレビュー可能
  • 数クリックでスキャンされたデータをPCに保存
Back to top