iPhone7(アイフォン7/6S)に関しての予想



2014年にiPhone6とiPhone6 Plusが発売され、発売前は機能やデザインに付いて様々な噂が飛び交いましたが、実際は「オートフォーカスの高速化」、「光学手ブレ補正機能の搭載」、「HDRの色合いの向上」、「バッテリーの駆動時間の延長」、「プロセッサの高速化」、「ストレージの増量」など様々な点が改良されました。

そのような高スペックのiPhone6とiPhone6 Plusの次バージョンとなるiPhone7は一体どのようなものになるのでしょうか。


Part 1: 様々な機能の搭載や強化

iPhone6sが先に発売されるのではとの噂もありますが、iPhone7が2015年の下半期に発売されれば、「スタイラスペンの導入」、「ジェスチャーコントロール」、「CPU性能の向上」、「最先端フロアコーティング」、「画面ガラスの強化」、「3Dタッチパネル」など、様々な機能の搭載や強化が予想されます。

他にも、厚さが更に薄くなりベゼルも狭くなるといった予想、軽量化されるといった予想、カラーが増えるといった予想もあります。

iPhone7/6sの価額予想1

Part 2: 「画面ガラスの強化」

その予想の中で最も注目されているのが「画面ガラスの強化」で、これまでのiPhoneは落とすことやぶつけてしまうことで、簡単に画面ガラスが割れてしまうといった意見が多くありました。

これまで採用されてきた画面ガラスはゴリラガラスで、iPhone6(アイフォン7/6S)には最新のゴリラガラス3が採用されましたが、今回は更に強度の増したゴリラガラス4が採用されるのではないかと考えられています。

他にもiPhone7ではゴリラガラスではなく、カメラカバーなどに使用されているサファイアクリスタルが採用されるのではないかとも考えられています。

iPhone7/6sの価額予想2

Part 3: 「CPUのスペックの向上」


次に注目されているのが「CPUのスペックの向上」で、現行モデルはデュアルコアのCPUで、iPhone7はトリプルコアになると予想されていますが、クアッドコアになるとも予想されています。

他にもCPUに関して、サムスンが米国のメーカーと協力してアプリケーションプロセッサーの受注に至り、サムスンとApple社がアプリケーションプロセッサーの生産で協力し合うと噂があります。
どちらにせよCPUのスペックの向上で、性能や消費効率の更なる進化が期待されます。

このようにiPhone7(アイフォン7/6S)の幾つかの注目されている点をピックアップしましたが、実際にどのようなところが進化し、更にはどのような新機能が搭載されるのかは、発売されるまで憶測の域を出ません。

iPhone7/6sの価額予想3

iSkysoft iPhone データ復元 for Windows

iSkysoft iPhone データ復元 for Windows

簡単にiPhone7(アイフォン7/6S)のデータを取り戻せます!

  • iPhone/iPad/iPod touchから、紛失した連絡先、写真、ビデオ、SMS、通話履歴などのデータを復元
  • iTunesバックアップファイル/iCloudバックアップファイルから、データを復元
  • 最新のiOS 8.4や全シリーズiOS対応
  • オリジナル品質でスキャンされたファイルをプレビュー可能
  • 数クリックでスキャンされたデータをPCに保存
Back to top