消費電力が改善される?iPhone6S(アイフォン7/6S)



皆さんは手持ち無沙汰な時間をどう過ごしていますか?本などを読んだりする方もいるとは思いますが、最近は特に電車の中では多く方がスマートフォンなどに目を向けているように感じます。その中にはメールなどのチェックやゲームに熱中している方などそれぞれの使い方があるかと思います。

そんなスマートフォンといえば、2014年の9月にiPhone6/6Pulsが発売されたのが記憶に新しいところです。


Part 1: iPhoneのバッテリーや消費電力

現在は販売から時間が経ち、iPhone6/6Pulsを使っている方も多いと思います。そんな中でiPhoneは最新の機種として、モデルチェンジした「iPhone6S(アイフォン7/6S)」が早くも発売されるという話があります。まだ情報がはっきりとせず、色々な噂がありますが現在のiPhone6/6Pulsよりもきっと優れた性能や機能があるはずです。そうした中の1つにバッテリーや消費電力に関することもあると思います。

iPhone6/6Pulsに限ったことではありませんが、スマートフォンではカメラや地図検索、ゲームなどのアプリといった色々なことができるために気づいた時にはバッテリーがー残りわずかになっていることも珍しいことではないと思います。

ところが、今回新たに発売されると言われている「iPhone6S(アイフォン7/6S)」には、その点が改良されるという情報もあるようです。

iPhone7/6sの消費電力1

Part 2: チップが「iPhone6S」では新しいものになる

というのも、iPhone6/6Pulsで使われているチップが「iPhone6S」では新しいものになるという情報が出ているからです。

検索や演算といった情報処理に欠かせないチップが変更されるということは、より処理スピードもアップすると思いますし、それだけ消費する電力も抑えられるはずです。

また、操作をする上で大切なバックライトのユニットも現在のLEDチップもより小さくなるという情報も出ています。そのため、薄型化だけでなく消費電力の軽減につながるかもしれません。

iPhone7/6sの消費電力2

Part 3: バッテリーが長持ちになる

このように、チップの変更が行なわれた場合は消費電力が抑えられ、バッテリーが長持ちになるはずです。iPhone6/6Pulsでは、不要なアプリの削除やバックライトの明るさの自動調整をオフにするなど省エネに試行錯誤した方もいると思います。そうした事を考えると、「iPhone6S」はより使いやすくなるかもしれませんね。

やはり、いくら便利な機能が用意されていてもバッテリーが短くては宝の持ち腐れになってしまうと思います。皆さんもバッテリーが長持ちし、今までより長時間使用できるかもしれない「iPhone6S(アイフォン7/6S)」に注目してみてはどうでしょうか?

iPhone7/6sの消費電力3

iSkysoft iPhone データ復元 for Windows

iSkysoft iPhone データ復元 for Windows

簡単にiPhone7(アイフォン7/6S)のデータを取り戻せます!

  • iPhone/iPad/iPod touchから、紛失した連絡先、写真、ビデオ、SMS、通話履歴などのデータを復元
  • iTunesバックアップファイル/iCloudバックアップファイルから、データを復元
  • 最新のiOS 8.4や全シリーズiOS対応
  • オリジナル品質でスキャンされたファイルをプレビュー可能
  • 数クリックでスキャンされたデータをPCに保存
Back to top