噂の絶えないiPhone6S(アイフォン7/6S)



現在のiPhoneの最新バージョンとなるiPhone6とiPhone6 Plusが2014年に発売され、iPhone5sから更なる進化や、多くの新機能が搭載されました。

画面サイズは、iPhone6は4インチから7インチになり、iPhone6 Plusは5.5インチにサイズアップされ、画素数はiPhone6の4割り増しとなり、iPhone6 Plusに至ってはiPhone6の2倍というサイズになりました。
カメラも様々な点が改良され、オートフォーカスの高速化や光学手ブレ補正機能の搭載、HDRの色合いの向上などで、動画や静止画をきれいに撮影できるようになりました。
他にもNFCの導入、バッテリーの駆動時間の延長、プロセッサの高速化、ストレージの増量など様々な点が改良され、更に使い易いものへと生まれ変わりました。


Part 1: iPhone7が新しく搭載される機能

今回、iPhone6とiPhone6 Plusの次のバージョンとなるiPhone6s(アイフォン7/6S)が発表されるのではと期待されていますが、iPhoneシリーズは一体どのようなものに生まれ変わるのでしょうか。

巷では、iPhone6sは2015年の下半期に発売されるのではないかと噂されていますが、新しく搭載される機能として、防水機能の強化、スタイラスペンの導入、ジェスチャーコントロール、CPU性能の向上、4K動画の撮影、画面ガラスの強化、など様々なものが考えられています。

iPhone7/6s新機能1

Part 2: 「ワイアレス充電」

その中で、搭載されるのではないかと注目される新機能として「ワイアレス充電」があります。

Androidでは、ほぼ標準仕様となりつつある機能ですが、「ワイアレス充電」は充電器に置くだけで充電されるので非常に便利な機能です。

他にもLightningに挿すこともないので、傷つけることなく充電できるといったメリットもあります。

iPhone7/6s新機能2

Part 3: 「Force Touch」

次に注目される新機能は「Force Touch」です。

Force Touchは既にAppleWatchや新型のMccBookに搭載されており、画面タッチを圧力で感知する感圧センサーで、画面を押す強さに応じた操作が可能になります。
この機能が採用された場合、動画の早送りや巻き戻しや、Force Touchの操作性による新たなゲームの登場などが期待されます。

このように、iPhone6sの新機能に採用されるのではないかと予想される幾つかの機能を紹介しました。しかし、どのようなところが進化してどのような新機能が搭載されるのかは発売されるまではわかりません。これからの動向に期待が高まります。

iPhone7/6s新機能3

iPhone7(アイフォン7/6S)用データ復元ソフト

iSkysoft iPhone データ復元 for Windows

簡単にiPhoneのデータを取り戻せます!

  • iPhone/iPad/iPod touchから、紛失した連絡先、写真、ビデオ、SMS、通話履歴などのデータを復元
  • iTunesバックアップファイル/iCloudバックアップファイルから、データを復元
  • 最新のiOS 8.4や全シリーズiOS対応
  • オリジナル品質でスキャンされたファイルをプレビュー可能
  • 数クリックでスキャンされたデータをPCに保存
Back to top