Final Cut Proを使用して、完成度の高いビデオを作成し、PCを持っている友人と共有したり、WMVファイルとしてウェブにアップロードしたいと思っている方も多いのではないでしょうか?このような場合、FCPからWindows Media Player(WMV)ファイルをエクスポートする必要があります。残念ながら、Final Cut ProはWMV形式をサポートしていないため、ファイナルカットから直接WMVを書き出すことは出来ません。Flip4Macがインストールされている場合でも、変換されたファイルは、通常全体ではなく断片で、一部のコンピュータでスムーズに再生出来ない場合があります。MacでFCPからWMVに変換するには、どうすれば良いのでしょうか?

このような場合は、まずFinal Cut ProからMOVファイルを出力し、その後WMVファイルに変換しましょう。99ドルのQuickTime Proを使用し、同時にFilp4Mac WMVのコンポーネントがインストールされている場合、MOV 動画をWMVに変換することができます。しかし、不完全な出力WMVファイルを取得する可能性があります。そのため、専門のWMVビデオ変換ツールを使用する必要があります。

iSkysoft「 メディア変換 for Macの優れた出力品質と高速変換でFinal Cut ProビデオをWMVに変換してみましょう。このソフトは最新のMac OSX 10.10 Yosemiteに対応します。

 こちらから無料試用版をダウンロードすることが出来ます:

Mac OS X(10.10 Yosemiteを含む)でFCPのビデオファイルをWMVに変換する方法

ステップ1:iSkysoft 「メディア変換 for Mac」にFinal Cut Proから出力したファイルをドラッグします。

FCPからWMVへ

ステップ2:出力形式としてWMVを選択します。

Mac上でビデオから音声を抽出するために、MP3、AAC、M4A、AC3、WMA、WAVなどの出力形式を選択します。

wmvに変換

ステップ3:  final cut からWMVへの変換を開始します。

出力設定が終了したら、WMVにFCP変換を実行するために「変換」ボタンをクリックします。変換中にその場を離れる場合は、このWMVにFCPを変換できるiSkysoft 「メディア変換 for Mac」にて「変換後にコンピュータを自動的にシャットダウンする」を選択・設定を行いましょう。

Back to top