Macでは、自分の動画をプロの映画監督がやるのと同じぐらいの出来で、ハリウッドスタイルに仕上げることができます。そのためにはFinal Cut Pro(またはFinal Cut Express)が必要となります。 アップルの宣伝通り、この編集ツールは150以上のフィルターとエフェクトでもって、リアルタイムにパフォーマンスを提供できます。驚くべきことと思いませんか? それではもし未承認のH.264ビデオをいくつか所持していたらどうなるでしょうか? そんなことが再生の障害になるとは思わないでください。本記事では、基礎的なことから一歩々々H.264をFinal Cut Proに変換する方法をお教えします。指示に従うだけで、映画監督になったような経験が味わえます。

Final Cut ProへのH.264の変換を行うには、専門的なソフトiSkysoft「究極動画音楽変換 for Macが支援ツールとして必要になります。これはビデオの品質を保つためにも、必要です。ここで使用されるソフトは、そのシンプルなインターフェイスと豊富な機能でニーズを満たしてくれます(もしiMovieで動画を編集される場合は、Mac上でiMovieのH.264をチェックして詳細をご覧下さい)。

1

究極動画音楽変換 for MacにH.264ファイルを追加する

FCPマックコンバータにH.264を使用する場合、H.264ファイルを直接コンバーターにドラッグ&ドロップします。または ""ファイル""メニューから、""ビデオを追加する""を選択して、読み込みたいH.264ファイルを取り込みます。

dvdをGalaxyへ変換

 
2

出力形式として、Final Cut Proを選択する

acのプログラムはFinal Cut Pro用の最適化されたプリセットを提供します。それにより「Final Cut Pro」が出力形式として直接選択できます。それにより自動的に解像度、ビットレート、出力ファイルのフレームレートなどが設定されます。

macでAVIファイルをFCPに変換

3

Mac OS X上でH.264のFinal Cut Proへの変換を開始する

「変換」ボタンをクリックして、この専門的なビデオコンバータに残りの作業をやってもらいましょう!H.264をfcpに変換した後は、自由にH.264ファイルをFinal Cut Pro, Final CutExpressなどに使うことができます。このコンバーターはMacBook、MacBook Pro、MacBook Air、Mac OS X Snow Leopardで実行されているiMac、Lionなどでも使用できます。

簡単でしょう!是非このソフトの優れた機能を体験しましょう!

Back to top