HTMLをPDFに変換する事で、他人に自分のソースを見せない!

  HTML→PDFに変換できるソフトには。

HTMLを一から書き起こしてwebを作成する人は、おそらくそれで収入を得ている方であろうと思います。そしてフリーランスの方など、お客様先にHTMLのデータを送るときには厳重なパスワードをかけた状態にして、より情報漏洩が無いように注意をしつつ仕事をしていることと思います。ZIPファイルに圧縮して送付すると言う方法もありますが、圧縮すると言う事は万が一にも事故が起きないとは限りません。 それらを考えた時に、一つの提案となりますがHTMLをPDFに変換し、PDFのパスワードで強力に保護すると言う手段です。 これであれば、ソースは何も変化することなくPDFとして情報化され、お客様の手元に届きます。

また、HTMLをPDFに変換する時に、phpなどのオブジェクトなども合わせて強力なパスワードに保護させることで、より安全性が高まると思われます。

HTML自体はどのようなOSで作成されても、同じ言語であることには間違い無く、それをPDFで変換したとしてMacOSで開いたとしても何ら影響はありません。

しかし、HTMLをPDFに変換するに辺り、パスワード設定が出来る事と、逆にPDFに変換したHTMLを元に戻せなければ意味をなさない物になってしまいます。

iSkysoft「PDF 編集 For Win

HTMLファイルをPDFに変換する方法としては、二つ考えられます。 一つは画像として保存をする方法。 もう一つはOCR化することで、PDFからHTMLに戻す作業が必要でなくなる方法です。 ここで大きな障壁が立ちふさがります。

それはHTMLをPDFに変換するフリーソフトでは、一つ目の作業はできるのですが二つ目のOCR化まではできないと言う事です。 また、例えできたとしても、信頼性が低い物と言わざるを得ないでしょう。

HTMLをPDFに変換するフリーソフトでは、PDFに変換されたファイルが正しく読めない場合があることも、前述しました。 それらを考えた時に、一番良いのはadobe社製のAcrobatを導入することだと思いますが、双方が購入し持ち合うことはちょっとコストの面で難しく感じられます。

私ならHTMLをPDFに変換し、しかも、強力なパスワードをかけることもでき、OCR化もオプションでセッティングできるソフトを紹介することができます。

それが、iSkysoft社製 「PDF編集 For Mac」と言うソフトとなります。そこで、HTMLからPDFへ変換する方法をご紹介します。

上のフリーダウンロードボタンをクリックすると、プログラムが自動的にダウンロードされます。ダウンロード終了後、インストール先を指定しでインストールが開始します。すべての作業が終了した後にプログラムを起動させると、右の写真のようなインターフェイスが現れます。

HTMLファイルを開く

まず、「開く」をクリックしてメイン・インターフェイスを開けます。そうすると、ファイルからプログラムへインポートする。
また、デスクトップからファイルを直接にソフトにドラッグ・ドロップすることで開けます。

HTMLファイルをPDFに編集・変換・作成

ファイルのサムネイルをクリックすると、編集ボタンが見つかります。 ここでTIFFファイル注釈やトリミングを行うことが可能です。また、透かしやテキストを加えることもできます。編集が終わったら、「保存」ボタンをボタンをクリックすると、DXFファイルをPDF形式に変換開始します。Acrobatに負けない強力なパスワードをかけることが出来る事。 オプションでOCR機能を搭載することができ、元に戻すことも容易である事。そして、もしも取引先が導入を渋っても、価格が安いのであなたが贈答という形でソフトを導入してもらいやすいことが上げられます。これだけ条件が揃っている「PDF編集 For Win」を、一度無料体験で利用されてはいかがでしょうか。

お勧め製品

iSkysoft PDF編集 for Win

  • MacでHTMLファイルPDFに変換
  • PDFを完全なWord形式に変換
  • PDFファイルのテキストを追加、変更、移動、および削除
  • PDFにマークアップや注釈を追加
Back to top