feature

突然ですが、あなたはよく音楽を聴いていますか?ラジオやYouTubeで聴くこともできますが、ほとんどの人はCDを購入するか、音楽配信サイトからダウンロードすると思います。音楽をダウンロードで購入できるのは画期的なことです。CDはレコードショップで全ての曲を試聴することができません。それゆえ、あるアーティストのアルバムを購入して、その中の1曲はイマイチだと感じることもしばしばあります。その点ダウンロードならアルバムの中から、これは好きだと思う1曲だけを選んで買うことができます。

音楽配信サイトの代表格であるiTunes Storeを使っていて、もう聴かないと思ってiPodから消してしまった曲をまた聴きたくなったらどうしますか?残念なことに、iTunesからiPodへの曲の移動(コピー)は簡単ですが、その逆はできなくなっています。もう一度お金を払ってダウンロードし直すのはもったいないですから、諦める人が多いかもしれませんね。しかし、iTunesには「購入済みコンテンツの再ダウンロード」という機能が存在します。そして、 お役に立つソフトはiSkysoft社の「iTube Studio for Mac」(或いはfor Windows)です。それでは、再ダウンロードの方法をご紹介したいと思います。

 


再ダウンロード方法の手順

最初にiTunesを起動して、iTunes Storeに接続しましょう。いつも使っていればサインインされていると思いますが、していない場合は再ダウンロードしたい楽曲を購入したアカウント(Apple IDとパスワード)でサインインしなければなりません。次に、リンク「購入済み」をクリックしてください。iTunesで購入したコンテンツが一覧表示されると思います。今回は音楽をダウンロードするので、「ミュージック」のタブを選択します。

再ダウンロード方法の手順

これまた一覧で出ますので、お目当ての楽曲を探してみましょう。簡単に見つからないほど項目が多い時は、アーティスト名やジャンル名で絞り込むと良いでしょう。コンピュータに入っていない曲だけを表示させたければ、「コンピュータにないアイテム」をクリックしてください。ダウンロードは、曲名の横にあるiCloudマーク(雲のような形)をクリックします。また、一括ダウンロードも可能で、アルバムや購入済みの全ての曲などからまとめてダウンロードできます。

再ダウンロード方法の手順

これでiTunesで購入した曲の再ダウンロードは完了です。音楽が正しくダウンロードされているか確認するには、「ミュージック」のライブラリを参照すればOKです。左側のリンク、ストアの「購入した項目」から見ることもできます。再ダウンロードを行う際に、注意していただきたいことがあります。ダウンロード失敗を未然に防ぐため、安定したインターネット回線にしっかり接続してからダウンロードを実行するのです。

過去に一度でもダウンロードしていれば、いつでも好きな曲を再ダウンロードすることが可能です。しかし、そのためには音楽を購入したアカウントでサインインする必要があります。今はネットショッピングやその他のサービスを利用するたびに、専用のIDやパスワードを発行する時代です。iTunesのIDとパスワードも適切に管理していなければ、肝心な時に忘れて使えないということになりかねません。すぐに覚えやすく、かつ盗まれにくい文字列を設定しておきましょう。また、再ダウンロードに役に立つソフト「iTube Studio for Mac」(或いはfor Windows)の無料体験はこちらです。

Back to top