ある時、シャッフルモードをオフにして、iTunes12がすべての曲を再生にしないことに気づいたらどうしますか?あなたが理解できないような理由で10曲の内2曲がプレイヤーによって勝手にスキップされたら?サインイン・サインアウトをしたり、デバイスを再起動したり、最新のアップデートを確認したりしても、0.00秒から動かなかったら?

何名かのiTunes12ユーザーにこのような問題が共通していますが、解決策はデバイスによって変わります。ここでiTunes12が曲を再生しない時の良い解決方法をまとめて紹介します。


Part 1: iTunes12が曲を再生しない時のトラブルシューティング

1. 1AirPlayスピーカーの問題:

AirPlayスピーカーを使用してiTunes12プレーヤーの音楽をApple TVやその他に接続すると、時々、音楽ビデオはオーディオのみを再生し、ビデオを無視することがあります。

解決策: AirPlayスピーカーの電源を切り、オーディオアウトプットをパソコンのみにして下さい。変に聞こえるかもしれませんが、これで問題が解決するでしょう。

2. USBオーディオインターフェースの問題:

たまに、USBオーディオデバイスが接毒されているとiTunes12ライブラリが音楽を再生しないことがあります。

解決策: このケースではサウンド設定パネルで、USBデバイスから内部スピーカーへと切り替えます。USBサウンドアウトプットを抜き、再生してみて下さい。再生されるはずです!

3. Windowsのオーディオ設定の問題:

iTunes12で曲が再生されない時、オーディオ設定を調製してみて下さい。

解決策: パソコンの音量調節を探し、スピーカーのようなアイコンをクリックします。「詳細」をクリックします。ドロップダウンリストが表示されますので、2チャンネル24bit、44100Hz(スタジオの音質)を選択します。「テスト」をクリックし、サウンドが聞こえるか確認します。「適用」をクリックし「OK」します。もし起動していたらiTunes12を閉じ、もう一度開きます。問題は解決されていることでしょう!

4. Macのオーディオ設定の問題:

もしMACのiTunes12ライブラリで音楽を再生していて問題が発生したら、下記のように解決しましょう。

解決策: アプリケーション>ユーティリティー>Audio MIDI設定か、ウインドウ>オーディオウインドウを表示をクリックします。「出力装置」または「オーディオ装置」を選択しドロップダウンメニューより44100.0 Hzを選択します。

注意: アップルデバイスを再起動する度にこの設定は自動的に"48000.0 Hz"に変わる可能性があります。再起動の度にチェックする必要があるかもしれません。

5. Quicktimeの問題:

MACが音楽を再生してくれなくなったら、Qucktime playerを使ってみましょう。

解決策: Quicktime playerを起動させ、編集>設定>Quicktimeの設定>オーディオの順に進みます。ここで「オーディオプレイバックとレコーディングデバイスの選択」を選びます。4つほどポップアップが表示されるので、すべてOKしましょう。(設定ウインドウが閉じるまで続けて下さい)ここで曲を再生してみます。確実に再生されるでしょう。

Part 2: 音楽を再生するのに1番良いiTunes12の代替案

Appleのファンで、しかしiTunes12が上手く起動しない場合、何の問題もなく音楽を再生するiTunes12の代替案があります。 iSkysoft iTube Studio for Mac (もしくはiSkysoft iTube Studio for Windows)すばらしいメディアプレイヤーできっとあなたも恋に落ちるでしょう。



iTunes12の代替案 

次の手順を従って音楽を再生する:

  • Step 1: 「iSkysoft iTube Studio for Mac」を起動します。.
  • Step 2: 「ダウンロード完了」タブに進み、再生したい音楽をインポートします。
  • Step 3: 音楽をプレーヤーにロードされた場合、再生する音楽をダブルクリックします。
  • Step 4:ダウンロードした動画を再生したい場合は、一回だけクリックしてください。


iSkysoft iTube Studio for Mac 

Back to top