Part 1: iTunes12の音声フォーマットとは?

iTunes12はMP3を含む一般的なオーディオ形式に互換性があります。iTunes12で対応している形式を調べるにはiTunes12を開き、設定>一般>インポートの設定を選択します。ここでiTunes12が互換性をもつ、5つの異なる形式を確認できます。Advanced Audio Coding (AAC)エンコーダ(MP4形式に似ています)、AIFFエンコーダ(非圧縮の音声形式)、Appleロスレス・エンコーダ(変換をしてもオーディオの質を保つことができるAppleの改革)、MP3エンコーダ、WAVエンコーダ(AIFFに似ています)。


iTunes12の音声フォーマット 

Part 2: iTunes12でiTunes12音声フォーマットを変換する方法

上記にあるように、iTunes12は様々な形式の音楽を再生できます。AIFFがあなたの記憶に残るものだとしたら、MP3はより多くのものをライブラリに追加することができます。大きなサイズのAIFFを小さなMP3形式に変換することはできるのでしょうか。または、WAVファイルに対応していないデバイスがあり、元のWAVバージョンを保ちつつ、対応している他の形式に変換したいときがあるかもしれません。

iTunes12を使用してiTunes12音声形式を変換することは可能ですが、多くの場合コンテンツの質が悪くなります。例えばMP3(圧縮形式)からAIFF(非圧縮形式)に変換するのは、簡単で質にも問題がないようにみえますが、非圧縮から圧縮へと変換する場合、たとえばAIFFやWAVからMP3に変換すると、音の質が脆弱になります。

とはいうものの、ここでiTunes12で音声形式を変換する方法を紹介します。

Step 1: iTunes12を開き、Windows: 編集>設定、Mac:iTunes12>設定を選択します。

iTunes12音声フォーマットを変換する

Step 2: ウインドウのオプションから「一般」を選択します。その後、設定ウインドウの右下にでてくる「インポートの設定」タブをクリックします。

Step 3: ウインドウが開きます。「インポート方法」の横にあるドロップダウンメニューを開き、曲を変換したい形式を選択します。例えばある曲をMP3形式に変換したい場合は、「MP3エンコーダ」を選択します。そしてOKをクリックして変更を保存します。

Step 4: iTunes12のライブラリに戻ります。1つもしくはそれ以上の曲をクリックして選択し、右クリック>MP3バージョンを作成と進みます。これで変換できました!

Step 5: ここで元のファイルと変換されたファイルがライブラリに表示されます。どのように見わけるのでしょうか?曲名をクリックし、オプションから「情報を入手」をクリックします。“MPEG-2”と表示されるはずです。これで終了です。

Part 3: iTunes12代替案でiTunes12音声フォーマットを変換する方法

iTunes12を使用して音楽を変換するのは少し難しく見えます。ここで、簡単に音楽を変換できるような素晴らしいツールをご紹介します。iSkysoft iTube Studio for Mac またはiSkysoft iTube Studio for Windowsは、高性能のソフトウェアでYouTubeやFacebook、その他のビデオ共有サイトからビデオやMP3をダウンロードできます。また、ダウンロードしたりインポートしたりした曲を変換することも出来ます。iTunes12代替案でiTunes12音声フォーマットを変換する方法も読んでみて下さい。



iTunes12代替案でiTunes12音声フォーマットを変換する 

簡単なステップで音楽フアイルを変換する:

  • Step 1:iSkysoft iTube Studio for Mac を起動します。
  • Step 2:「ダウンロード完了」タブに進み、「インポート」をクリックします。
  • Step 3:変換したい音楽のフアイルを選択します。
  • Step 4:「変換」をクリックして、変換を開始します。


iTunes12代替案でiTunes12音声フォーマットを変換する 

Back to top