iOS 8のアップデートや様々な出来事の後で、ユーザーがiTunes12の音楽トラックを同期させることに問題があると報告してきます。他のケースではライブラリに保存していた全ての音楽が消去されていたこともあります。iTunes12が曲を同期しない問題についていくつかのトラブルシューティング技術があります。何度も音楽を同期させようと頭を使うのではなく、エラーのもとを探し、iTunes12が曲を同期しない理由を直してみて下さい。

 iTunes12で音楽同期失敗 

問題1. iOS8との同期が困難

最近のiOS8アップデートはiTunes12の同期のなめらかさとあまり互換性がありません。ファイルが消える、または、同期が困難であるという報告がきています。どんなにがんばっても、ファイルは結局転送されません。

解決策: 同期の問題の解決を始める前に、iTunes12 Matchが設定してあること、音楽オプションが無効になっていることを確認します。もし有効になっているとシステムがiTunes12からの同期をすべて無効にしてしまいます。これが問題なので、無効にすれば問題が解決できるでしょう。

問題2. コピーに時間がかかりすぎる

iTunes12に何かをコピーしたい時「変更が適用されるのを待っています」のお知らせがでて、完了するまでに何時間もかかることがあります。

解決策: この問題を解決する唯一の方法は復元です。デバイスのデータをバックアップしiTunes12で概要を探します。今すぐバックアップをクリックし、終わるのを待ちます。復元を選択すると完了です。デバイスメモリーによってかかる時間は変わってきます。

問題3. アルバムアートが同期しない

時々、何回やってもアルバムアートが同期しないことがあります。これは10MB以上のサイズだからかもしれません。

解決策: このエラーに関しては同期オプションを使うと良いです。デバイスを接続し、iTunes12でアイコンをチェックします。サイドバーに音楽を移動させ、音楽の同期を解除し、同期オプションをクリックします。ここで音楽の同期を有効にし、同期を開始します。

問題4. iTunes12ライブラリに全てが同期されない

現在のバージョンのiTunes12やiOSは購入したものと重複するファイルを見つけた時、同期プロセスを停止するバグが発生します。

解決策: この問題を解決する唯一の方法は全ての重複するファイルを削除することです。重複するファイルを検出することができれば簡単に行えます。ミュージックライブラリにいき、表示を選択し、重複する項目を選択をクリックします。重複すると表示された全てのファイルを削除します。しかし、もし同期がまだ始まらず、iTunes12の誤作動で重複するファイルが表示されない場合、全ての同期ログファイルをAppleへ転送して下さい。サポートセンターが一致する名を送信しますので、それを削除します。iTunes12が検出できないのは基準に適合しないからです。

iSkysoft iPhone データ転送 for Mac

iTunes12の代替案で音楽を同期する

iSkysoft iPhone データ転送 for Mac (もしくはiSkysoft iPhone データ転送 for Windows)はiTunes12の音楽同期に最もよいソフトです。


  • iPhone6、iPhone5、およびiOS8に購入と非購入の音楽を同期。
  • レートや再生回数などの情報付きでプレイリストをiTunes12に転送。
  • 音楽フォーマットを検出し、iDeviceの互換性のある形式に変換.
  • 音楽、写真、動画などのフアイルをiDeviceからiTunesやMacに転送.
Back to top