MPG形式の動画をDVDに焼きたいと思い、愛用しているMac PCでiDVDを開きました。 その後はDVDに焼きたいと思ったMPG形式の動画をインポートするのですが、エラーがでてしまいました。 何かしらの設定が変わってしまったのかなと思ったのですが、特に思い当たる事がありません。 何かミスでもしたのだろうと思い、もう一度インポートを試みたのですが、またエラーが出てしまいました。

そう、実はiDVDではMPG形式の動画は扱う事ができないのです。 MPG形式の動画を扱えないなら、どのようにしてMPG形式の動画をDVDに焼けばいいというのか。

幸いにも全く方法がないというわけではありません。 iDVDでできないなら、その代わりとなるソフトを用意すればいいのです。 そこでおすすめしたいのがiSkysoft DVD Burner for Macと言うソフトです。

iSkysoft DVD Burner for MacはiDVDの代わりとして有能で、iDVDでは扱えなかったMPG形式の動画もiSkysoft DVD Burner for Macでは扱う事ができます。 インターフェースもシンプルで操作しやすいようにできていて、初心者でも簡単にDVDの作成が行なえるでしょう。

iSkysoft DVD Burner for Mac 

では、さっそく作成してみましょう。

Step 1

iSkysoft DVD Burner for Macを開いて、DVDに焼きたいMPG形式の動画をドラッグ&ドロップでインポートします。 動画は複数インポートする事が可能です。

import mpg

Step 2

インポートを終えた後は必要に応じてMPG形式の動画の編集をしていきましょう。 動画の編集でできる事は以下の五つです。

  • クロップ:表示させたくない部分(領域)を切り取る事ができる
  • 効果:映像に特殊効果を加える事ができる他、明るさや色彩、音量調整ができる
  • トリム:指定した始点から終点を除いた部分をカットし、指定した部分のみを表示させる事ができる
  • 透かし:映像の中に透かし文字を入れる事ができる
  • 回転:映像の角度を変更する事ができる(時計回り回転や上下左右反転など)

edit video

Step 3

仕上げに、DVDメニューでメニューを作成して行きます。
メニューがあるとどの部分から再生したいのか、チャプターとして選ぶ事ができます。
用意されている複数のテンプレートの中から好きなものを選んで個性豊かなものに仕上げる事ができるでしょう。

DVDメニューの作成まで終わったらいよいよ焼いていきます。 DVDをセットし、右下の丸いボタンをクリックするとメニューが開きます。 DVDディスク、DVDフォルダー、DVDメディア、ISOの出力形式が選べますのでDVDディスクにチェックを入れて、DVD名を記入して実行しましょう。 後は完了するのを待つのみです。

burn mpg to dvd

これでiDVDでは扱えなかったMPG形式の動画もiSkysoft DVD Burner for Macで難なくDVDへ焼く事ができます。 Macを使っていてMPG形式の動画ファイルの扱いにお困りの方は是非、使ってみましょう。

Back to top