ある日、友人からもらった面白い映像を集めた動画ファイルを見ていました。そうしたらこれがなかなか面白かったので、自分も他の友達に見せてあげようと考え、DVDに焼いて渡してあげようと思いました。私のPCはMacなので、DVDに焼く時は必ず「iDVD」を使っています。今回もそのiDVDで動画をDVDに焼くつもりだったのですが・・・実行ができないと言う問題に直面してしまいました。

なぜできないのだろうと色々調べてみたのですが、どうやら動画ファイルのMKV形式にiDVDが完全に対応していなかったようです。 でも、これではDVDに焼く事ができないではありませんか?

他のファイル形式に変換をしてからiDVDで焼くという方法なら可能かもしれませんが、MKV形式が扱えるソフト自体なかなか見つかりません。 特にMacの場合はWindowsと比べて対応しているソフトの数もまだ多くはありませんから、さらに見つかりづらいでしょう。 さらに追い討ちをかけるかのように圧縮効率や画質はMP4形式よりもいいと言われているものの扱いづらさがとことん悪いとされるMKV形式・・・

それでも何かDVDに焼く方法はないものかと探してみると、ありました。

iSkysoft DVD Burner for Macと言うソフトがあればMKV形式のファイルもDVDへ焼く事ができるようです。

iSkysoft DVD Burner for Mac 

iDVDの代替プログラムでMKV動画を焼く

このiSkysoft DVD Burner for Macですが、iDVDのように機能が充実しています。

Step 1

DVDにしたい動画ファイルをiSkysoft DVD Burner for Macへとインポートすると、その動画ファイルが画面右側でリスト表示され、選択する事で編集が加えられるようになります。

import mkv

Step 2

どんな編集を加えられるのかと言うと、映像の一部のみを切り取って表示したり、視覚効果で古いフィルム映像のようにしたり、一部にぼかし処理を施す事もできます。 映像に手を加えないままDVDにしてしまうのもいいのですが、手を加える事で面白い映像に仕上がるものもあるのです。

映像以外で画像を用いるのであれば画像と画像の合間に切り替え効果を加える事でシーンの境目もわかりやすくなります。 画像だけでは伝わらない事があると感じた場合はテキスト機能を活用する事で簡単に文字を表示させる事ができます。 文字の色や大きさも変えられるので、場面に応じて大きくして見せたり小さくして見せたりするといった事もできます。

さらにそれだけでは足りないといった場合は音楽を追加しましょう。 楽しい場面には楽しい音楽を、悲しい場面には悲しい音楽を流すとよりよい仕上がりになります。

edit video

Step 3

DVDに焼く工程に入るときには画面右下のボタンを押して、出力したい形式を選択して実行するだけです。 DVDへ焼くわけですからDVDディスクを選んで実行すればいいでしょう。

burn mkv to dvd

たとえiDVDでMKV形式が対応していなくても、同等の機能を備えたiSkysoft DVD Burner for Macがあれば、今後も安心してMKV形式の動画を受け取ってDVDへ焼けそうです。

Back to top