【2021最新】Macをスピードアップさせる方法4選

> How to > Macデータ復元 > 【2021最新】Macをスピードアップさせる方法4選

• Filed to: Macデータ復元 • Proven solutions

Macの起動が遅い、データ容量が少なくなってきているなどパソコンの処理速度などで悩んでいませんか。いくら新しく、性能が高いMacを購入していても、月日が経つと処理能力が下がってしまうことがあります。使っていくうちにメモリをはじめとして。システムの消費量がアップするので、遅くなってしまうのです。

そこでMacを高速化する方法や、高速化するときに誤ってデータを消してしまったときの対処方法について紹介します。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 3ステップだけで復元可能



パート1 Macを高速化させる方法とは?

方法1 システムに負担を掛けているソフトを探し出す

Macのソフトの中には、他のソフトと比べてもシステムに大きな負担を掛けているものが入っていることがあります。システムへ負荷が大きくなればあるほど動きが遅くなり、スピードの低下に繋がるのです。その原因となっているソフトを見つけ出せば、高速化が実現するかもしれません。

どのソフトが負担になっているのか確かめるためには、アクティビティモニタを利用します。

・ 「アプリケーションフォルダ」の「ユーティリティフォルダ」を開く
・ CPUに負担を掛けているリソースを探し出す
・ CPUの使用量が多いものを並び替えなどで見つけたら、「×」印を使って閉じる

方法2 起動するときの項目を減らす

起動するときに速度が遅いと感じるようなら、起動するときに立ち上げるシステムを減らします。インターネットを閲覧するときに使うブラウザなど余計なものを立ち上げないことで、素早くパソコンを使えるようになるのです。

・ 「システム環境」から「ユーザーとグループ」へ移動
・ ユーザー名をクリックして、「ログイン項目」を選ぶ
・ 起動するときに不要なアプリケーションを選択

方法3 デスクトップを整理する

デスクトップに表示されるアイコンは、RAMのスペースを消費します。ですからデスクトップのアイコンが少なければ少ないほど、速度も上がるのです。

・ 不要なデスクトップを削除する
・ 「スタック」機能を使って整理整頓をする

方法4  キャッシュを削除する

Macの中にはキャッシュファイルというものが存在し、処理を高速化させるための一時ファイルが沢山保存されています。ブラウザならホームページを開くときに画像などを一時的に保存しておいて、すぐにページが開けられるようにしています。

スピーディーにインターネットを使うときには便利な機能ですが、これが蓄積されると逆にスピードが落ちることがあります。

・ 「Finder」画面を開いて、メニューバーの「移動」から「フォルダ移動」を選ぶ
・ 画面に「~/Library/Caches」と入力して、フォルダを探す
・ 何かあったときのためにバックアップを取っておく
・ 各フォルダに移動したら、ファイルを削除して完了
・ ゴミ箱を空にして、さらに軽くしておく



パート2 Macを高速化させる時に、誤ってMacのデータを削除する場合の対処法

Macの高速化でスピードアップのための作業をしているときに、誤ってデータを消してしまったときに役立つツールが「Recoverit(リカバリット)」です。データ復旧のためのソフトです。Macに残っているデータを利用して、間違えて消してしまったデータを取り戻してくれます。

復元することが出来るデータの種類は削除したファイルだけでなく、フォーマットデータの復元やウイルスによって消えてしまったデータ、パーテーションデータなどです。取り扱っているデータの数が多く、必要なときに必要なものを取り出せるのが魅力です。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 3ステップだけで復元可能

データ復元が高水準で、1000種類以上のファイル形式にも対応しています。またMac本体だけでなく、USBメモリやSDカードなど外部メモリの復元も可能です。 Recoveritの操作も簡単です。3ステップで復元できて、以下の手順です。

ステップ1 Macで削除したデータの元の保存場所をスキャンします。

Macに「Recoverit」をダウンロードして、削除したデータの元の保存場所を選択します。「開始」をクリックして、選択した場所のスキャンを始まります。

Macで削除したデータの元の保存場所をスキャン

ステップ2 復元したいデータを選択します。

スキャンが完了できましたら、復元したいデータを選択して、復元ボタンをクリックします。

復元したいデータを選択

ステップ3 Macのデータを復元します。

保存先を選択して、また「復元」ボタンをクリックし、データの復元が開始します。
「正常に復元しました」画面が表示され、復元が完了できます。

Macのデータを復元

便利なソフトでトラブルが起きても安心

「その他」はストレージ容量を圧迫するので、定期的に要らないファイルの削除を行ってください。

Macの動きが遅い、いつもと様子が違うと思ったらまず高速化をしてみましょう。中身を綺麗にすることで素早く動いたり、作業も楽になったりするかもしれません。

間違えてデータを削除してしまったときには「Recoverit – 強力なMacのデータ復元ソフト」などのサービスを利用して、大切なデータを取り戻すようにしましょう。操作を誤ってしまったときには焦らずに、便利なソフトなどを使って復元させます。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 3ステップだけで復元可能
-->