MacでSafariの検索履歴を削除する方法

MacでSafariの検索履歴を削除する方法

> How to > Macデータ復元 > MacでSafariの検索履歴を削除する方法

Nov 07,2020 • Filed to: Macデータ復元 • Proven solutions

MacでSafariを使用していると検索履歴がどんどん溜まっていくので、削除したいと考える方は多いでしょう。そこで、検索履歴を削除する方法を解説します。場合によっては削除できないこともありますが、そんな時のための対処法も説明するので安心してください。

また、誤って検索履歴を消してしまった場合も、 Recoveritというソフトを使用すれば復元することができます。Recoveritについても紹介するので、参考にしてください。




パート1 Mac Safariで検索履歴を削除する方法


#検索履歴を手動で削除する方法

まずは、履歴を消したいタイミングで自分で削除する方法について解説します。
・ MacでSafariを起動
・ 画面上部にあるメニューバーから「Safari」を選び、「履歴を削除」をクリック
・ 「履歴を消去すると、関連する Cookie およびその他のWebサイトデータが削除されます。」というポップアップが表示されたら、「消去の対象」を選択。「直近1時間」、「今日」、「今日と昨日」、「すべての履歴」の中から、消去したいものを選んでください。
・ 「履歴を消去」をクリックして完了


#検索履歴を自動で削除する方法

設定を行えば、自動的に履歴を削除することもできます。
・ メニューバーから「Safari」を選んで、「環境設定」をクリック
・ 「一般」の中から「履歴からの削除」をクリック
・ 1日後、1週間後、2週間後、1ヵ月後、1年後、手動の中から、履歴を削除するまでの期間を選択して完了。ただし「手動」を選ぶと自動的に削除されなくなるので、それ以外を選んでください。



パート2 Mac Safariで検索履歴を削除できない時の原因


MacでSafariの検索履歴を削除できない原因としては、以下のことが考えられます。

・ Webページを開いたまま削除の作業を行っている
Webぺージを開いたまま削除の作業を行っても、そのページの履歴は削除されないので注意してください。

・ 何らかの不具合が発生している
Safari自体に不具合が発生している場合でも、削除できないことがあります。

・ データが残ってしまっている
Macの中にデータが残っていると、履歴が消えない可能性があります。

 

パート3 Mac Safariで検索履歴を削除できない時の対処法


#全てのページを閉じてから削除する

ページを開きながら作業を行っていた場合は、この方法から試してみてください。
・ 透明度が高まったメニューバー
・ 改めて検索履歴を削除する


#Safariを起動しなおす

ページを閉じて作業を行っても削除できない場合は、何らかの不具合が発生しているかもしれません。
・ Safariを終了する
・ 再度Safariを起動して、検索履歴を削除する
起動しなおしても削除ができない場合は、一度Mac本体を再起動してみてください。


#キャッシュクリアを行う

キャッシュとは、一度訪れたWebページの情報を本体に保存して、再度訪れた際に速くページを読み込むための機能です。キャッシュはどんどん溜まっていくので、定期的にクリアを行いましょう。
・ Safariを起動してメニューバーから「Safari」を選択し、「環境設定」をクリック
・ 「詳細」タブを選択し、下部にある「メニューバーに“開発”メニューを表示」にチェックを入れる
・ メニューバーから「開発」を選択し、「キャッシュを空にする」をクリックして完了

 

パート4 Macで誤って削除したSafariの検索履歴を復元する方法


Macで誤ってSafariの検索履歴を削除してしまった場合は、「Recoverit(リカバリット)」」で復元するのがおすすめです。Recoveritとは、さまざまな場所から消えたデータを復元するためのソフト。Macの検索履歴だけでなく、USBやSDカード、カメラなどのデータも復元可能です。


そしてその操作はとてもシンプルなので、パソコンの操作に慣れていない方でも簡単に使用できます。さらに24時間365日のサポートや7日間の返金保証もあるので、安心してデータを復元できるでしょう。

では、「Recoverit」を利用してMacから削除したSafariの検索履歴を復元する手順をご紹介します。

ステップ1 MacでSafariの検索履歴の元の保存場所をスキャンします。

Macに「Recoverit」をダウンロードして、削除したSafariの検索履歴の元の保存場所を選択します。「開始」をクリックして、選択した場所のスキャンを始まります。

MacでSafariの検索履歴の元の保存場所をスキャン

ステップ2 復元したいMacでSafariの検索履歴を選択します。

スキャンが完了できましたら、復元したいMacでSafariの検索履歴を選択して、復元ボタンをクリックします。

復元したいMacでSafariの検索履歴を選択

ステップ3 復元したいMacでSafariの検索履歴を復元します。

保存先を選択して、また「復元」ボタンをクリックし、Safariの検索履歴の復元が開始します。
「正常に復元しました」画面が表示され、復元が完了できます。

復元したいMacでSafariの検索履歴を復元

簡単な3つのステップだけでMacから削除したSafariの検索履歴を復元できます。Macの削除したSafariの検索履歴を復元することを困った時に、試してみてください!

履歴を削除してデータ容量を空けましょう


Safariの履歴をずっと残したままにしているとデータ容量を圧迫する可能性があるので、定期的に削除してみてください。手動で削除するのが面倒な場合は、自動的に削除される設定にしておくことをおすすめします。

また、「macOS Big Sur」にアップグレードしたMacが故障した際でも、また、誤って履歴を削除した場合でも焦る必要はありません。復元ソフトの「Recoverit – 強力なMacのデータ復元ソフト」を使用して、大切なデータを復元しましょう。というデータ復元ソフトウェアを使用することで、高い確率のデータ復元が期待できます。



All Topics

Top