ストレージ不足を解消する!Macの「その他」を削除する方法

> How to > Macデータ復元 > ストレージ不足を解消する!Macの「その他」を削除する方法

Nov 07,2020 • Filed to: Macデータ復元 • Proven solutions

Macのストレージにある「その他」のデータが容量を圧迫することについて、悩んでいる方もいるでしょう。「その他」には要らないファイルなども含まれているので、定期的にチェックして削除することをおすすめします。

そこで今回は、「その他」を削除する原因や削除方法を解説します。また、誤って必要なデータまで消してしまった場合の対処法についてもご紹介します。




パート1 Macの「その他」を削除する原因


Macのストレージには、「写真」や「オーディオ」などのほかに「その他」という項目があり、それが容量を圧迫していることがあります。そして「その他」のデータを削除することには、下記のような理由があります。

・ ストレージ不足の解消

・ ストレージの最適化

「その他」の中身はさまざまですが、たとえばPDFなどのファイルやZipなどの圧縮ファイル、連絡先やカレンダーデータなどが挙げられます。特にファイルはたくさんの容量を占めることがあるため、「その他」を削除することでストレージ不足が解消されるのです。



パート2 Macの「その他」を削除する方法


方法1 必要ないファイルを削除する

まずはデータ容量の大きいファイルを探して、必要ないものは削除しましょう。

・ Finderを開いて「ファイル」タブを選択し、「新規スマートフォルダ」をクリック
・ フォルダが開いたら、右側の「保存」ボタンの横にある「+」ボタンをクリック
・ 検索の設定ができる画面が開くので、「種類」メニューから「その他」を選択
・ 右上の検索ボックスに「サイズ」と入力し、「ファイルサイズ」を設定

その後「KB、MB、GB」や「である、より小さい、より大きい、ではない」といった文言を自由に設定すれば、該当するファイルが一覧で表示されます。たとえば「1GB」「より大きい」と設定すると、指示通り1GBより大きいファイルだけが表示されるので、その中から不要なものを見つけて削除してみてください。


方法2 ゴミ箱を空にする

ゴミ箱に不要なファイルなどを入れても、それだけでは完全に削除されません。

・ ゴミ箱アイコンを右クリック
・ 「ゴミ箱を空にする」をクリックして完了


方法3 不要なアプリやソフトウェアをアンインストールする

インストールしたけれどもう使用していないアプリやソフトウェアがある場合は、アンインストールしてください。そうすることで、「その他」に含まれるアプリのデータなどを消すことができます。

・ ロケットのアイコンの「Launchpad」を起動
・ アプリの一覧が表示されるので、削除したいアプリを長押しする
・ 左上に出る×印をクリックして「削除」を選択すれば完了


方法4 古いバックアップファイルを削除する

データのバックアップをとることは大切ですが、古いバックアップファイルが残っている場合は削除しましょう。

・ 「iTunes」を開いて「環境設定」を表示
・ 「デバイス」タブから削除したいファイルを選択
・ 「バックアップを削除」をクリックすれば完了



パート3 誤ってMacの「その他」を削除したときの対処法


「その他」には連絡先などの情報が含まれていることがあるため、誤って大切なデータを削除する可能性もあります。しかし、誤って削除しても諦める必要はありません。「Recoverit(リカバリット)」というデータ復元ソフトを使用して、大切なデータを取り戻しましょう。


さらに、PDFなどのドキュメントをはじめ、JPGなどのグラフィックやメールなど200種類以上のファイルを復元できます。無償の技術サポートもあり、分からないことがあればいつでも頼れるので安心です。

RecoveritはもちろんMacで使用することができて、操作も簡単です。3ステップで復元できるので、操作に迷う心配もありません。

ステップ1 Macで削除した「その他」のデータの元の保存場所をスキャンします。

Macに「Recoverit」をダウンロードして、削除した「その他」のデータの元の保存場所を選択します。「開始」をクリックして、選択した場所のスキャンを始まります。

Macで削除した「その他」のデータの元の保存場所をスキャン

ステップ2 復元したいMacで「その他」のデータを選択します。

スキャンが完了できましたら、復元したいMacで「その他」のデータを選択して、復元ボタンをクリックします。

復元したいMacで「その他」のデータを選択

ステップ3 復元したいMacで「その他」のデータを復元します。

保存先を選択して、また「復元」ボタンをクリックし、「その他」のデータの復元が開始します。
「正常に復元しました」画面が表示され、復元が完了できます。

復元したいMacで「その他」のデータを復元

Macの容量が足りない場合はどうする?


「その他」はストレージ容量を圧迫するので、定期的に要らないファイルの削除を行ってください。

それでも容量が足りない場合は、外付けハードディスクドライブにファイルを移動させるという方法があります。削除はできないけれど常に必要とはしないファイルは、Macの本体以外に保存して管理しましょう。外付けHDDはバックアップ用としても使えるので、1つあれば便利です。

もし、誤って大切なデータを削除した時に、「Recoverit – 強力なMacのデータ復元ソフト」を使用してみましょう。



All Topics

Top