Macでキャッシュを削除する方法と失敗したときの対処法

> How to > Macデータ復元 > Macでキャッシュを削除する方法と失敗したときの対処法

• Filed to: Macデータ復元 • Proven solutions

Macを快適に使おうとするとキャッシュを削除したくなることもあるでしょう。ただ、実際にやってみるとこんなはずではなかったと後悔することもあります。この記事ではMacでキャッシュを削除する方法について簡単に説明した上で、Macのキャッシュを誤って削除してしまって復元したいと思った場合にすぐにできる対処法について紹介します。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 3ステップだけで復元可能



パート1 キャッシュとは?Macでキャッシュを削除する原因

そもそもキャッシュとは何かがわからず、漠然と削除してしまっていた人もいるかもしれません。 まずはキャッシュとは何かを理解し、どのような原因でクリアしているのかを納得しておきましょう。

キャッシュとは使用するデータをスムーズに読み込めるようにするために保管されている一時データです。システムを動かしたり、アプリを使用したり、ウェブブラウザでサイトを閲覧したりするとだんだんとキャッシュが増えていきます。

それによって動作が快適になるのは確かですが、ストレージを使ってしまうのでMacの動作が重くなったり、容量が不足してしまったりすることになるでしょう。 そのため、以下のような理由でキャッシュを削除することが多くなっています。

・ Macの動作が遅くて改善したいと考えたから。
・ ストレージの最適化をして容量不足を軽減したいから。
・ Macのパフォーマンスを最適化するソフトを自動実行したから。

このようにキャッシュを削除するときにはMacのパフォーマンスやストレージに悩みがあって解決したいときが一般的です。



パート2 Macでキャッシュを削除する方法

それでは具体的にMacのキャッシュを削除する方法を確認していきましょう。キャッシュの削除方法には色々なものがありますが、コンテンツキャッシュやアプリのキャッシュ、ブラウザキャッシュなどを削除できる代表的な方法を紹介します。

方法1 コンテンツキャッシュを削除

・ Macのシステム環境設定を開きます。
・ 「共有」から「コンテンツキャッシュ」を選択します。
・ 「オプション」を選択して「リセットを」選びます。

方法2 手動でキャッシュを削除する方法

・ Finderでライブラリから「Cashes」のフォルダへ移動します。
・ フォルダの中にあるキャッシュのファイルを取捨選択して削除します。

方法3 Safariのブラウザキャッシュを削除する

・ Safariを起動します。
・ メニューバーのSafariを選択して、「その他のツール」から「閲覧履歴を消去」を選びます。
・ 表示されたウィンドウで「キャッシュされた画像とファイル」を選んで「データを消去」を実行します。

方法4 Macのパフォーマンス最適化ソフトで削除

・ パフォーマンス最適化ソフトを起動します。
・ 最適化したい項目を選択としてファイルのキャッシュやシステムキャッシュ、ブラウザキャッシュなどを選択します。
・ 最適化を実行します。



パート3 Macで誤ってキャッシュのデータを削除したときの対処法

Macでうっかりキャッシュのデータを消してしまって困ったときには、何とかして復元したいと思うでしょう。バックアップを取ってあれば元通りにできる可能性がありますが、きちんと準備していなかったというケースもあります。その際に有用なのが「Recoverit(リカバリット)」」を使い、失われてしまったキャッシュを復元する方法です。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 3ステップだけで復元可能

Recoveritは様々なシーンに対応できるデータ復元ソフトで、キャッシュの復元にも対応しています。どのキャッシュを復元したいのかを指定できるので、理想的な環境を作り上げることが可能です。誰でも手軽にできるようにデザインされているソフトなので、キャッシュの削除をしてしまって困ったときにはRecoveritを活用してみましょう。

では、「Recoverit」を利用してMacから誤って削除したキャッシュのデータを復元する手順をご紹介します。

ステップ1 Macで削除したキャッシュのデータの元の保存場所をスキャンします。

Macに「Recoverit」をダウンロードして、削除したキャッシュのデータの元の保存場所を選択します。「開始」をクリックして、選択した場所のスキャンを始まります。

Macで削除したキャッシュのデータの元の保存場所

ステップ2 Macで復元したいキャッシュのデータを選択します。

スキャンが完了できましたら、Macで復元したいキャッシュのデータを選択して、復元ボタンをクリックします。

Macで復元したいキャッシュのデータを選択

ステップ3 Macで復元したいキャッシュのデータを復元します。

保存先を選択して、また「復元」ボタンをクリックし、キャッシュのデータの復元が開始します。
「正常に復元しました」画面が表示され、復元が完了できます。

Macで復元したいキャッシュのデータを復元

Macのキャッシュをクリアするチップ

Macのキャッシュをクリアすること自体は色々な方法があって簡単ですが、誤って消してしまったときの対処が大変です。削除するときには万が一のときのための備えをしておくことが肝心です。バックアップを取っておくにはストレージが余計に必要になります。「Recoverit – 強力なMacのデータ復元ソフト」を準備しておくのは最も安心できる方法なので検討してみましょう。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 3ステップだけで復元可能
-->