簡単な作業でusbメモリーを復旧することが可能になる
> How to > USB復元 > 簡単な作業でusbメモリーを復旧することが可能になる

Jul 28,2020 • Filed to: USB復元 • Proven solutions

usbメモリーは、一種の外付けのストレージです。もっとも、わざわざパソコンショップや電気店などに行かなくても、インターネット上で様々なソフトをダウンロードできるため、自分に合うものを見つけて落としてくるとよいでしょう。仕事などで大事なデータをusbメモリーに入れていたら消えてしまったという経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。テクノロジーに詳しくないと、その時点ですぐに諦めてしまいがちです。

実は消えたデータは簡単な作業をするだけで復旧できるケースがあります。以下では、その方法について見ていきますので、ぜひ参考にしてください。


Part1:ファイルがなくなった可能な原因

usbメモリーのデータを復元させるにあたって、まず注意しなければならないのは、復元前にデータの上書きをすべきではないという点です。一見するとデータが消えたように見えるusbメモリーであっても、実は表面上そのように見えるだけで記録媒体内にはデータが残っている場合が少なくありません。せっかくデータが残されているにもかかわらず、上書きしてしまうと、本当にデータが無くなってしまいますので、復旧作業を完了するまでそのような作業は行わない方が賢明です。

また、同様の理由から、usbメモリーの初期化を行うのも厳禁です。確かに、初期化をすれば、新品同様の状態でusbメモリーを利用できるようになりますが、それによって中に入っているデータが全部失われてしまうため、復元できたはずのデータまで消失してしまいかねないからです。


Part2:Recoveritを使ってデータを復元する手順

step1:まずは専用サイトからソフトをダウンロードしてきて、パソコンにインストールします。

step2:「Recoverit」を入れたパソコンにデータを復元させたいusbメモリーを接続して、ソフトを立ち上げます。

ソフトを立ち上げ

step3:画面上にスキャンボタンが表示されますので、それを押せば、消えてしまったように見えるものも含めてメモリー内に残っているデータを読み取ることができます。

スキャン

step4:読み取ったデータは、一覧で見られるようになっていますので、後は復元させたいデータがあるかどうかを確認し、存在が確認できたらそれをクリックして復元するだけです。

復元


Recoverit」は、ドキュメントデータから画像データ、動画データに至るまで、様々な拡張子が付されたデータを復元させるソフトですので、仕事で使うusbメモリーはもちろんのこと、趣味や日常生活において使うusbメモリーのデータを復元する際にも活躍するはずです。大事なデータが消えたときになってあたふたしないように、あらかじめダウンロードしてパソコンにインストールしておくと良いでしょう。

0 Comment(s)

関連トッピクス

All Topics

Top