> How to > USB復元 > USBメモリーに入っていたデータを手軽に復元

Jul 27,2020 • Filed to: USB復元 • Proven solutions

USBメモリーはデータ保存の際に使用する記憶装置です。USBメモリーは本体がコンパクトなため持ち運びがしやすく、パソコンの大容量のデータも保存することができます。

パソコンやスマートフォン、タブレット上のテキストや写真ファイル、画像ファイルを別のパソコンなどに移したい場合にはUSBメモリーが便利です。USBメモリーは繰り返し使用することができるため、コストの面からも人気です。USBメモリーは8GB~64GBと容量も豊富なので、用途に合わせて最適な容量を選ぶこともできます。

しかしUSBメモリーの中に保存していたデータが消えてしまうというトラブルが起きることもあるので注意が必要です。書き込んだデータが破損したり失われてしまうこともありますので注意が必要です。そこでデータが消える原因とデータを復元できるソフトを紹介します。


Part1:データがなくなった原因は?

USBメモリーの中のデータがなくなってしまった原因は、大きく分けて2つあります。電子の消失と読み込み回数です。

電子の消失

USBメモリーはデータの保存に使用しますが、データを保存したまま何年も放置しておくとUSBメモリー内部回路の電子が少しずつ失われていきます。これはトンネル効果という現象で、電子のすり抜けともいわれる現象です。この現象が起こることでUSBメモリー内の保存していたファイルが消滅してしまうことがあります。もう一つの原因として考えられるのが読み込み回数の多さです。

読み込み回数

何度もUSBメモリーに読み込みや書き出しを繰り返すと、プログラムの破損やデータが誤って上書きされるなどのトラブルが起きる可能性があります。特に容量の大きいファイルを使用しているときにパソコンからUSBメモリーに頻繁にアクセスを繰り返すことがあるため注意が必要です。


Part2:Recoveritを使ってデータを復元する手順

step1:Recoveritを起動して、復元したいファイルがある場所を選択します。

ソフトを起動

step2:次に復元したいファイルを探すために、スキャンを行います。

スキャン

スキャンに時間がかかる場合があるので注意が必要です。

step3:データスキャン終了後は復元が可能なファイルがリストアップされます。リストアップされたファイルの中から復元したいファイルを選択して、ソフトウェアの右下にある復元ボタンを押します。

復元

step4:すると復元したファイルを保存する場所を指定できます。正常に実行されると、画面に「ファイルが正常に復元しました」と表示されるので、OKボタンを押しましょう。

復元


USBメモリーは、データの保存や別の危機にデータを移動させたい時に便利な記憶装置です。コストパフォーマンスもよく、多くの人が使用しています。ただし長期間放置したり、読み込みや書き出しを頻繁に行うと中のデータが消えてしまうことがあるので要注意です。なくなってしまったデータは、Recoveritなどの復元ソフトを使用して復元させるのがおすすめです。

0 Comment(s)

関連トッピクス

All Topics

Top