Windows 10でUSBメモリデータを復元する方法

Windows 10でUSBデータを復元したくないですか?

皆さんは、USB(フラッシュ)メモリを活用していますでしょうか?かつてはパソコンの記録媒体といえばフロッピーディスクだったものが、今ではその10分の1ほどの大きさで100倍、1000倍以上のデータを入れることができるUSBメモリが主流です。コンパクトで持ち運びに優れ、便利な製品であるUSBメモリですが、これによって様々なトラブルも発生しています。例としては、会社の機密あるいは重要な研究情報を入れたUSBメモリの紛失や複数のそれを管理することによって目当てのデータが見つからないことなどがあります。しかし、一番困ることは人為的なデータの消去(過失、故意に関わらず)でしょう。「機密」や「秘」というラベルがつくほどの超重要な情報を失ってしまった場合謝罪するだけでは済まず、最悪会社をクビになったり、遺恨を残したりする原因となってしまう可能性があります。

そうならないために一本用意しておきたいソフトがあります。 iSkysoftの万能データ復元!for Windowsは、その名の通り消えてしまったデータの復元に定評があります。削除したファイルは通常ごみ箱に入りますから、元に戻すというコマンドが実行できます。しかし、「そのごみ箱からも完全に削除してしまった」または、「ファイル自体が破損してしまった」となれば、USBからデータを復活させるのはほぼ絶望的です。そんな時もこのソフトがあれば、復元できるかもしれません。しかも、ただデータを復元できるだけでなく、破損してしまったファイルの修復やハードディスクのパーテーションの復元までサポートされているので便利です。

このソフトを使用すれば、パソコンのHDD、USBドライブ、外付けHDD、携帯電話、デジカメ、iPod、MP3/MP4プレーヤーなどから削除されたビデオや写真、ミュージック、電子メールなどを復元することができます。さらに、撮影した写真が入っているメモリーカードや、ビデオカメラで撮影した動画ファイルなどの画像をサムネイル表示させ、サムネイルを確認しながらファイルの復元ができます。もし、ゴミ箱に削除してしまい、ゴミ箱を空にしてしまってもファイルを復旧することができます。

USBデータを復旧する方法

それでは、ソフトの使い方の説明です。iSkysoft 万能データ復元は、ウィザードモード と標準モード の2つの復元モードに分けられています。ここではウィザードモードでUSBメモリーの復活手順を説明します。

1復元したいファイルタイプを選択

ウィザードを使ってする時には、復元したいファイルがどんな形式のファイルなのかを「写真/グラフィック、MP3/オーディオ、ビデオ、Office ドキュメント、Eメール、全てのファイル形式」の中から選択します。もし復元したいファイルがどれに当てはまるかわからない場合は、「全てのファイル形式」を選択します。

2紛失したファイルの元の場所を確認

検索範囲は「外付けのリムーバブルデバイス」を選択した後、「次へ」のボタンを押します。

3失われたファイルの検索を開始

設定が完了したら「開始」のボタンでスキャンが始まります。

4失われたファイルのプレビューと復元

検索が完了したらファイルを選択して、「復元」ボタンを押します。

以上で作業は完了です。いかがでしょうか?Windows 10で削除してしまったファイルの復旧は、難しい操作や知識が必要だと思って、データの復旧を諦めた方も多いのではないでしょうか?iSkysoft 万能データ復元を使えば、難しい知識や操作がなくても、必要な分だけデータを復旧することができますね。パソコンを使用していれば、間違ってデータを削除してしまうことも多いと思うので、ソフトの操作を知っておくだけでも損はないと思いますよ。

操作デモをご覧ください。

iSkysoft > USB復元>

USBメモリを復活する方法

関連記事

ユーザーコメント

万能データ復元! for Windows

気休め 大量のデータが入ったフォルダを消してしまい途方に暮れていました。この万能データ復元を使って...

- 今井

万能データ復元!for Mac

間違えて消したファイルを短時間で復元できました!

- SmallWoods

Back to top