上書きしたファイルの復元

誤って上書き保存したファイルを復元する方法?

    パソコンを使用していて、電源を入れてから落とすまでに、全ての作業を完結してしまう人はまれです。むしろ、そんな人はいないでしょう。作成したファイルを次に電源を入れた時に呼び出すには、保存することが不可欠です。そして、保存しておいたファイルを編集し、再び中断する時には上書き保存というコマンドを実行します。作業中に切りの良いところまで終わったり、一定時間経過したりしたら、こまめに上書き保存するくせのついている人も多いと思います。しかし、この上書き保存でトラブルに陥ることがあります。代表的なのは、テンプレートとして使用していたファイルに上書きをして、フォーマットを崩してしまった。また、新規に名前をつけて保存するつもりが、上書きしてしまったというものです。

    今回ご紹介するのは、そんなトラブルを解決してくれるiSkysoft「万能データ復元!for Windows」というソフトです。これを使えば、誤って上書きしてしまったデータを取り戻せる可能性があります。すでに諦めていた人には朗報かもしれませんよ!

1. 上書きしたファイルの種類を選択

気になる操作方法ですが、非常に簡単です。まず、デスクトップのアイコンかスタートメニューからソフトを起動します。写真・オーディオ、ビデオ、Officeドキュメント、Eメール、その他の六つの中から選択してください。

2.上書きしたファイルの場所を選択

上書きしたファイルの元の保存場所を選択して、右下の開始ボタンをクリックします。

3. 上書きしたファイルを検索

もしファイルが見つからなければ、ディープスキャンで再度試してください。

4. 上書きしたファイルを復元

データのスキャンが終わったら、上書きしてしまう前のファイルを探してチェックを入れていきます。次に、取り戻したいファイルの選択が完了したら復元ボタンをクリックします。以上で操作は終了です。

上書きしたファイルの復元なら、iSkysoft「 万能データ復元!」を選ぼう!

    このソフトの特徴は、多くのユーザーに定評のあるデータ復元力と対応フォーマットの多様性です。間違えて上書きしてしまったファイルの復元はもちろんのこと、何らかの理由で破損したファイルやごみ箱から消去してしまったファイルも復活できる可能性があります。対応フォーマットは画像、動画、オーディオ、メール、メモ帳などの各形式で、多くの人が日常的に用い、Web上でも人気があるものはほとんど全て網羅しています。そのため、ソフトを入手してから目当てのファイルが対応していないというトラブルが起きにくいと言えます。簡単操作で多種多様のデータ復元が可能となるiSkysoft「万能データ復元!for Windows」の購入を是非ご検討ください。いきなり購入することが不安であれば、試用版をダウンロードして体験することをお勧めします。


渡辺純子

Oct 27,2017 15:37 pm / Posted by to ファイル復元

関連トピックス

Home > ファイル復元 > 上書きしたデータの復元
Top