Windows 10でゴミ箱から削除したファイルを復元する方法

Windowsのゴミ箱で削除したファイルを復元したいですか?

大事なデータを誤って削除しても、ごみ箱からファイルを見つけることができます。しかし、ごみ箱を空にすると、ファイルを見つけることができません。ゴミ箱を空にしたファイルは永久になくなっていると思いますか? 実は、ごみ箱を空にした後でも、ごみ箱から削除されたファイルを復元することができます。 そこで今回は、ごみ箱から削除されたファイル復旧するソフトウェア「iSkysoft 万能データ復元」を紹介したいと思います。【Windows 10対応】

「iSkysoft 万能データ復元」の特徴:
  • 样々なタイプのデータの復元に対応しています。
  • 操作は簡単です。初心者でも完全にデータを復元できます。

ゴミ箱で削除したファイルを復元する方法

「iSkysoft 万能データ復元」でゴミ箱で消去したデータを復元する方法を詳しく説明します。準備することはこのソフトをお使いのPCにインストールしてください。そして、このソフトを起動させます。

1ゴミ箱から復元したいファイルのタイプを選択

まず、リカバリーするファイルの種類と場所を確認します。 写真やオーディオファイル、ビデオ、文書、電子メールなど復元するファイルの種類を選択します。復元したいファイルをチェックし、すべてのファイルを復元したい場合は、すべてを選択します。

2ファイルが失われた場所を選択

ファイルがどこに失われたのか?「ゴミ箱」を選択しましょう!

3削除したファイルをスキャン

次に、ごみ箱削除ファイルをスキャンします。 スキャンする前に、「ディープスキャンを有効にする」をチェックしたら、スキャンはさらに細かくなり、フォーマットしたUSBドライブから失われたファイルなどもスキャンできます。 後は「開始ボタン」をクリックして、自動的にファイルのスキャンを開始します。

4削除したファイルを復元開始

最後に、ごみ箱から削除したファイルを復旧します。 スキャンが完了したら、分類されたスキャン結果をプレビューすることができます。 必要なファイルを確認し、「復元」を押します。ここでは、データの上書きを避けるために元のパーティションではない、別のパーティションに復元したファイルを保存するほうがいいです。 以上で作業は終了です。

Windows 10のコンピュータでファイルが削除された場合、実際にファイルは削除されていません。ファイルはただ単にフォルダ内のファイルディレクトリから削除されます。フォルダでファイルを見ることができませんが、その内容はまだそのままパソコンの中に100%存在しています。なので、復旧ソフトを使うことで簡単にデータを復元することができます。iSkysoft 万能データ復元」で一度チャレンジしてください。

操作デモをご覧ください。

Back to top