USBメモリのデータの復元・復旧方法

Jul 02,2020 • Filed to: USB復元 • Proven solutions

PCのHDDでファイルを消す場合は、ゴミ箱に移動してから確認後に削除の操作を行うので誤操作を防止することができます。これに対してUSBメモリのファイルを消す場合にはゴミ箱に入れずに1回の操作で削除が行われるため、誤操作で意図せずにファイルを消去してしまうトラブルが発生する恐れがあります。

USBメモリはファイルを維持的に保管する目的で使用されるケースが多いので、スペースを確保するために不要なファイルを消す頻度が高いゆえに誤操作のリスクも高くなります。USBメモリの素子の劣化が原因でファイルが消失するケースもあります。アクセス回数が多いファイル管理領域が破損すると、データ管理領域が無事でもファイルを取り出せなくなってしまいます。誤操作やメディアの劣化が原因でUSBメモリに保存してあった重要なファイルが消失してしまった場合、データを復元させる必要があります。

PCの内蔵HDDや外部メディアに保存してあるファイルを意図せずに削除してしまった場合や、デバイスの劣化が原因でファイルが消失してしまった際に、専用のツールをメディア内に残されているデータを取り出すことができます。

iSkysoft『Recoveritは消失したファイルを復旧させるためのツールで、誤操作でファイル削除またはフォーマットしてしまった場合や、メディアの劣化などが原因で意図せずにファイルが消えてしまった時に、データを復元するためのソフトウェアです。
「iSkysoft Recoverit」はコンピュータについての専門知識を持たない一般のユーザーでも操作をすることができるように設計されているため、個人用のPCにインストールしておくことができます。
「iSkysoft Recoverit」はUSBで接続された外部メディアにも対応しているので、USBメモリ内のファイルを復旧させることもできます。

USBメモリのデータの復元・復旧方法

ファイルが消失したUSBメモリをUSB端子に挿入して、PCからアクセス可能な状態にしておきます。USBメモリのドライブを確認してから「iSkysoft Recoverit」を起動します。

ステップ1. ソフトを起動します。

ソフトを起動

ステップ2. 次は「外付けデバイス」を選んで、「開始」をクリックし、デバイスをスキャンします。

デバイスをスキャン

ステップ3. 次にスキャンが完了できましたら、「了解」をクリックします。クリックし、ファイルの復元が開始します。

スキャン

ステップ4. スキャン作業が終了すると消失したファイル名が表示されるので、復元したいファイルを選択してから右下の「復元」ボタンをクリックします。

するとファイルの保存先を指定する画面が表示されるので、PCのHDDなどのドライブにファイルを保存します。メディアの劣化が原因でファイルが消失していた場合には、全てのデータをPCなどに避難させてから、そのメディアは破棄するようにしましょう。

復元

一般的な画像形式のファイルなどであれば、フリーソフトを利用してデータを復旧させることも可能です。ただし、特殊な形式の拡張子を持つファイルや、動画などでデータのサイズが大きい場合には、フリーソフトでは対処することができない場合があります。
iSkysoft『RecoveritはPCのHDDの他にUSBメモリやその他の外部メディアにも対応しているので、もしもの時の場合に備えてPCにインストールしておくと良いでしょう。

0 Comment(s)

関連トピックス

Home > USB復元 > USBメモリのデータを復元
Top