Recoveritで削除したtmpファイルを簡単に復元する方法

> How to > ファイル復元 > Recoveritで削除したtmpファイルを簡単に復元する方法

• Filed to: ファイル復元 • Proven solutions

パソコンを使用するにあたってデータを管理するのは必要タスクです。しかしそのデータが膨大になればなるほど管理が難しくなり、誤って必要だったデータを削除してしまうこともあるでしょう。できれば簡単にかつ本格的にデータを復元させたいものです。今回は数あるデータ復元ソフトの中でも利用しやすい「Recoverit」をご紹介します。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  3ステップだけで復元可能



パート1 「tmpファイル」とは?

パソコンのデータ容量を圧迫したりにシステムに負荷が掛かる一因として「tmp ファイル」というものがあります。こちらはTeMPorary(テンポラリ)の略で「一時的な」という意味を持っています。パソコンを操作するときに一時的にデータをファイルに格納する機能で、作業が終わってもそのまま残るものもあります。マメに様々な場所に置いてあるデータを消しても容量が増えず圧迫したままとなり、またはパソコンのパフォーマンスに負荷がかかり動作が重たくなってしまいます。



パート2 「tmpファイル」を削除する方法

パソコンの容量を圧迫し、システムに負荷が掛かるので不要なtmp ファイルはこまめに削除するのがおすすめです。

削除方法の手順としては、
ステップ1 [スタート] 画面で [デスクトップ] をクリック後、デスクトップウィンドウが表示されるのでWindows キーと R キーを同時に押して [ファイル名を指定して実行] コマンドボックスを開きます。
ステップ2 コマンドボックスのフィールドに「%TEMP%」と入力して Enter キーを押します。
ステップ3 開かれたtmp フォルダで、Ctrlキーと Aキーを同時に押して、フォルダにあるすべての内容を一度に選択します。
ステップ4 フォルダのすべての内容が選択されたら、キーボードでDeleteキーを押して選択された対象を削除します。

基本的には上記の手順で削除することが出来ます。



パート3 「tmpファイル」を削除できない時の対処法

前述の削除方法でtmp ファイルを削除することが出来ない場合があります。理由としては、一時的に保存をかけている対象のデータやシステムを立ち上げてしまっていることが挙げられます。大元のデータやシステムのプログラムを立ち上げたままだとそのデータ等を一時的に保存しているtmp ファイルは削除することが出来ません。tmp ファイルを正しく削除するためには、まずはそれらのプログラムを正しく閉じてからであれば削除ができるようになります。

tmp ファイルを削除する前に削除対象の大元のプログラムを実行しているかどうか確認するのが大切です。実行している場合であればしっかりとそのプログラムを閉じてから削除対象のデータやシステムが使用中でないことが確認できた上で削除に移るようにしましょう。



パート4 ヒント:削除した「tmpファイル」を復元したい?!

tmp ファイルを綺麗に削除し終わった後に必要だったはずのファイルの存在に気付く時もあります。うっかり消してしまったtmp ファイルを復元できるのか不安な方、そしてそのファイルをできるだけ簡単にそして本格的に復元させたいとお考えの方に「Recoverit」(リカバリット)というソフトをおすすめ致します。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  3ステップだけで復元可能

RecoveritはPC、HDD、SDカード類などあらゆるデータ保存端末のデータ復元を実現しています。復元可能なデータの種類としては1000種類以上と豊富で、高度アルゴリズムを活用して復元困難なストレージメディアにも対応可能であり、高い復元率を誇っています。データ復元するにあたり煩雑な作業を必要としないのもRecoveritの特徴であり、初心者の方から広くおすすめができる復元ソフトと言えるでしょう。購入に至る前に公式サイトにて無料でスキャン・プレビュー操作を行えるので、ソフト購入を検討している方は試してみるのもいいかもしれません。

ステップ1 Windowsで削除したtmpファイルの元場所を選択します。

「Recoverit」をダウンロードし、最初画面で削除したtmpファイルの元場所を選択して、「開始」をクリックしたら、選択した場所の検索を始めます。

Windowsで削除したtmpファイルの元場所を選択

ステップ2 復元したいtmpファイルを選択します。

スキャンが完了できましたら、画面の左側で「ファイルタイプ」をクリックしたら、検索されたファイルの種類を確認できます。 復元したいtmpファイルを選択してください。

復元したいtmpファイルを選択

ステップ3 Windowsで削除したtmpファイルを復旧します。

保存場所を指定して、また「復元」ボタンをクリックし、消失した削除したtmpファイルの復元が開始します。「正常に復元しました」画面が表示され、復元が完了できます。
※注意:ファイルの上書きを避けるため、復元されたファイルを元場所と異なるディスクで保存する必要があるので注意してください。

Windowsで削除したtmpファイルを復旧

まとめ: tmpファイルとほかのデータの誤削除のサポートとして「Recoverit」を

今や仕事だけでなく私生活でも必需品となったデバイスがたくさんあります。デバイスの動作の快適性を保つためには整理整頓が必要ですが、その中で誤ってデータを削除してしまい復元方法がわからず断念する方も多いかもしれません。そんな時のために「Recoverit – 強力なtmpファイル復元ソフト」を導入しておけば、データの復元も簡単にできるので今以上に作業環境を整えやすくなるのではないでしょうか。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  3ステップだけで復元可能
-->