USBメモリーをFAT32にフォーマットする方法&USBメモリーを復元する方法

> How to > USB復元 > USBメモリーをFAT32にフォーマットする方法&USBメモリーを復元する方法

• Filed to: USB復元 • Proven solutions

FAT32はWindows等のオペレーティングシステムに導入されている、汎用性の高いパーティションファイルシステムの一つです。また、FAT32はUSBメモリや外付けハードディスクに用いられるのが一般的です。

FAT32は開発実績が豊富なため、殆ど全てのオペレーティングと互換性があります。USBメモリにとって互換性は重要な要素なので、FAT32がフォーマット形式として選択されるわけです。

この記事はWindowsとMacでUSBメモリーをFAT32にフォーマットする方法を紹介します。また、誤ってフォーマットした場合の復元方法も紹介します。



100%安全・安心 | マルウェアなし | 3ステップだけで復元可能
fat32


パート1 WindowsでSDカードをFAT32にフォーマットする方法


Windows10には「ディスクの管理」と「コマンドプロンプト」が備わっており、「ディスクの管理」はグラフィカルユーザーインターフェースとなります。それ故、殆どのユーザーは「ディスク管理」からアプローチすることになります。

・ 「コンピューター(又はPC)」を右クリックして「管理」を開きます。
・ 画面右の「ディスクの管理」を開き、フォーマットするUSBメモリを選択します。
・ 画面の案内に従い「ファイルシステム」から「FAT32」を選択します。


上級者のユーザーは、Diskpart.exeを用いてフォーマットすることが少なくありません。
以下はコマンドプロンプトを使用して、USBメモリをFAT32にフォーマットする手順となります。

・ まず最初に、パソコンのUSBにUSBメモリを差し込みます。
・ 「Windows」と「R」を同時に押し、「ファイル名を指定して実行」を起動させます。
・ 名前欄に「diskpart.exe」を入力し、「Enter」でコマンドプロンプトを開きます。
・ 以下のコマンドを順に入力すれば、フォーマットが完了します。
・ list volume>select volume(USBメモリのパーティション番号)>format fs=fat32 quick>exit



パート2 MacでUSBメモリーをFAT32にフォーマットする方法


Macユーザーにとって、USBメモリをFAT32に変換するには2つの手段が用意されています。一つはディスクユーティリティで、もう一つはターミナルコマンドとなります。

ディスクユーティリティでフォーマットするには

・ 先ずはUSBメモリをUSBポートに接続します。
・ 「アプリケーション」から「ユーティリティ」を開き、「ディスクユーティリティ」をクリックします。
・ 画面左の「ディスクリスト」でUSBメモリを選択して「消去」をクリックです。
・ USBメモリ名を設定し、フォーマットの形式に「MS-DOS(FAT)」を選択します。


また、フォーマット方式は「マスター・ブート・レコード」にすることをお勧めします。USBメモリをフォーマットすると、中のデータが全て消去されます。それ故、大切なデータに関しては、事前のバックアップが必要です。
それはターミナルコマンドでフォーマットする場合も同じです。

・ ターミナルコマンドでフォーマットするには、USBメモリをUSBポートに接続します。
・ 「CMD」と「スペースキー」を同時にクリックし、「Spotlight」を開きます。
・ 画面左の「ディスクリスト」でUSBメモリを選択して「消去」をクリックです。
・ 以下のコマンドを順に入力し、USBメモリがどのディスクかを確認します。
terminal>diskutil list(/dev/disk2がUSBメモリ)
・ sudo>diskutil>eraseDisk>FAT32>MBRFormat>dev/disk2と入力すればフォーマット完了です。



パート3 USBメモリを誤ってフォーマットした場合の復元方法


USBメモリを誤ってFAT32にフォーマットすると、大切なデータが消去されてしまいます。こうした例は、忙しいビジネスシーンではよくあることです。それに対して、データ復元ソフト 「Recoverit(リカバリット)」を用いれば、フォーマットされたUSBメモリーのデータを復元することが可能です。

また、「Recoverit」は様々なストレージデバイスに対して、データの復を行うことが出来ます。 WindowsやMacのハードドライブをはじめ、SSDやUSBフラッシュドライブ、SDカード等も復元対象となります。復元可能なデータは画像データをはじめ、オーディオやアーカイブ、そしてドキュメントなど1000種類以上に及びます。



100%安全・安心 | マルウェアなし | 3ステップだけで復元可能

さらに「Recoverit」には、ビデオ復元機能も内蔵されており、破損したビデオファイルの修復も可能となります。

では、「Recoverit」を利用してパソコンで誤ってフォーマットしたUSBメモリーのデータを復元する手順をご紹介します。

ステップ1 「外付けデバイス」からUSBメモリーを選択します。

「Recoverit」をインストールして、メイン画面でUSBメモリーを選択します。「開始」をクリックして、USBメモリーのスキャンを始まります。

「外付けデバイス」からUSBメモリーを選択

ステップ2 誤ってフォーマットしたUSBメモリーのデータをスキャンします。

スキャンが完了できましたら、復元したいUSBメモリーのデータを選択して、復元ボタンをクリックします。

誤ってフォーマットしたUSBメモリーのデータをスキャン

ステップ3 誤ってフォーマットしたUSBメモリーのデータを復元します。

保存先を選択して、また「復元」ボタンをクリックし、USBメモリーのデータの復元が開始します。
「正常に復元しました」画面が表示され、復元が完了できます。

誤ってフォーマットしたUSBメモリーのデータを復元

データ復元ソフトの強み


FAT32は、USBメモリのスペースを節約できるメリットもあります。それによりハードディスク等の書き込み処理が少なくなり、動作スピードの向上に繋がります。メモリ使用量も少なくて済むので、処理能力も向上します。

USBメモリをFAT32にフォーマットすると、中のデータが全て消去されます。それに対して、データ復元ソフト「Recoverit – 強力なUSBメモリのデータ復元ソフト」を用いれば、フォーマットされたUSBのデータを復元できます。



100%安全・安心 | マルウェアなし | 3ステップだけで復元可能

All Topics