巡回冗長検査(CRC)エラーとは?発生原因と修復方法
巡回冗長検査(CRC)エラーとは?発生原因と修復方法
  • 記憶装置でCRCエラー(巡回冗長検査エラー)を突然発生した!
    「Recoverit」(リカバリット)があれば、CRCエラーが発生した記憶装置のデータを復元できます。

    とりあえず、ダウンロードしてみましょう!
> How to > HDD復元 > 巡回冗長検査(CRC)エラーとは?発生原因と修復方法

Nov 14,2020 • Filed to: HDD復元 • Proven solutions

巡回冗長検査(CRC)エラーとは?発生原因と修復方法

パソコンを使っていると、突然CRCエラーという表示が出て、ハードディスク内のフォルダが読み取れなくなる状態になってしまいます。CRCエラーが発生した時点で、その記憶装置自体に寿命が来ているため、最終的には交換する必要がありますが、その前にデータを復旧させるといった方法を試みます。データを復元する方法は「Recoverit - 強力なパソコンのデータ復元ソフト」を利用することをおすすめします。



ここではCRCエラーの原理と、専用ソフトによる対処法を合わせて説明します。



パート1 CRCエラーとは


CRCは巡回冗長検査とも呼ばれ、ハードディスクなどの記憶装置内にデータを保存する際、適切に送信されて最終的には記憶できたかどうかを確認するための仕組みです。

データを送信、あるいは記憶する前の段階で検査するための数値を予め算出し、送信や記憶された後に、数値が一致するかどうかを判断します。データが記憶装置内に保存された段階で、検査のために予め算出した数値が一致すれば、データ送信時に問題はなかったと判断され、無事にデータが保存されます。

しかし、送信時に出された値と、記憶時の数値が一致しない場合は、データの送信時に何らかのトラブルが発生したと判断されます。結果、データの一部が欠落してしまったと記憶装置側が認識し、パソコン側ではCRCエラーもしくは、巡回冗長検査エラーと表示されます。

なお、記憶装置内に異常が発生した場合、通常はパソコンのOSが備わっている自動修復機能によって、記憶装置内のファイルは正常に復元されます。自動修復機能でもファイルが復元できない状態になって、初めてCRCエラーが発生するといった点がポイントです。



パート2 CRCエラー(巡回冗長検査エラー)が発生する原因


CRCエラー(巡回冗長検査エラー)が発生する主な原因は、経年劣化や取り扱い方によってエラーが起こりやすくなります。 これから、発生原因をもっと詳細に説明します。

・ハードディスク内にある磁気ヘッドと、円盤型のフラッターに異常が見つかると、かなりの確率でCRCエラーが発生します。

・通常、磁気ヘッドと円盤型のフラッターは、接触による損傷を避けるために少し隙間が空いています。

・衝撃などを引き起こした場合や経年劣化等の原因により、磁気ヘッドの損傷につながる可能性が高まります。

・損傷した磁気ヘッドは、円盤型のフラッターに接触している可能性があり、そうなった場合は結果としてデータの保存などができなくなってしまいます。

・磁気ヘッドや円盤型のフラッターの損傷以外では、ホコリや経年劣化等による、磁気エラーもCRCエラーを引き起こす原因となります。

・この他、プログラムのインストールに失敗した、レジストリが壊れてしまったなどの要因によって、CRCエラーを招く可能性があります。



パート3 CRCエラー(巡回冗長検査エラー)を修復する方法


CRCエラー(巡回冗長検査エラー)を修復する方法は、データ復旧を優先して記憶装置を交換します。でも、状況に応じて、方法は少し異なります。

・ハードディスクの場合
接続しているケーブルを確認して、新しいものに交換する方法でCRCエラー解消する可能性があります。


・磁気ヘッドやプラッターが原因の場合
データ復旧を優先し、記憶装置の交換を行います。。



パート4 CRCエラーが出た記憶装置のデータ復旧は専用ソフトを使う


巡回冗長検査エラーが出た時、対処法によっては、かえって記憶装置の状態を悪化させかねない結果となります。具体的には、OS標準のエラーチェック機能の利用と、むやみに電源をオンオフするといった対処法です。

OSのエラーチェックは、ファイルシステムを適切な状態に戻すための機能であり、記憶装置内のファイルを復旧させるための機能ではない点に注意します。逆に、復旧できる可能性のあるデータがエラーチェックによって上書きされ、復旧できなくなる可能性があります。

電源のオンオフを不必要に行うと、ハードディスクにスクラッチと呼ばれる傷がつく、不良セクタが拡大するなどの要因により、かえってデータ復旧が困難になってしまいます。

そのため、必要なデータを復元するためのソフトを使って必要なデータを取り出す作業が必要となります。その中でも、「Recoverit(リカバリット)」は簡単な操作で様々な記憶装置から必要なデータを取り出せる、便利なソフトとして有名です。



ステップ1 CRCエラーが出た記憶装置を選択します。

「Recoverit(リカバリット)」をインストールします。画面からCRCエラーが出た記憶装置を選択して、「開始」をクリックしたら、画面からCRCエラーが出た記憶装置の検索を始めます。

CRCエラーが出た記憶装置を検索

ステップ2 検索したデータを選択します。

検索が完了できましたら、検索したデータを選択して、復元ボタンをクリックします。

検索したデータを選択

ステップ3 CRCエラーが出た記憶装置のデータを復元します。

保存するためパスを選択して、また「復元」ボタンをクリックし、データの復元が開始します。
「正常に復元しました」画面が表示され、復元が完了できます。

CRCエラーが出た記憶装置のデータを復元

CRCエラーが発生した時点でまずはデータ復旧


CRCエラーが発生した場合、ほとんどが記憶装置トラブルによって、必要なデータが書き込めないという状態に陥ります。ただし、記憶装置に保存されているデータは読み出せる状態になっているため、必要なデータを復元する作業を優先的に行います。

データ復元を行う際に「Recoverit - 強力なデータ復元ソフト」という専用のソフトを使うと、必要なデータを確実かつ、より安全に取り出せる可能性が高まります。



All Topics

Top