壊れたハードディスクからデータを取り出したい?ハードディスクデータ復旧の方法
壊れたハードディスクからデータを取り出す方法
  • どうして壊れたハードディスクからデータを取り出せますか?
    「Recoverit」(リカバリット)があれば、3つのステップだけでハードディスクのデータを復旧できます。

    とりあえず、ダウンロードしてみましょう!
> How to > HDD復元 > 壊れたハードディスクからデータを取り出したい?ハードディスクデータ復旧の方法

Nov 14,2020 • Filed to: HDD復元 • Proven solutions

壊れたハードディスクからデータを取り出したい?ハードディスクデータ復旧の方法

大切な写真や動画などの容量の大きいデータを、大容量の外付けハードディスクに保存している人は多いのではないでしょうか。しかし、ハードディスクそのものが故障してしまった場合、中のデータを取り出すのは素人にはとても難しそうです。

プロに頼んだり、諦めて泣き寝入りしたりする前に、初心者でも簡単にデータを復元する方法について紹介します。

そのうち、一番おすすめのハードディスクを復旧する方法は「Recoverit – 強力なハードディスクデータ復元ソフト」を使用します。3つステップだけでハードディスクのデータを復旧できます。今無料体験版があるので、使用してみましょう!




パート1 ハードディスク(HDD)の故障原因


大切なデータを守りたい時「外付けのハードディスク等にデータのバックアップをとっておくと安心」と思っている方は多いのではないでしょうか。しかしあまり知られていないのですが、実はハードディスクは「意外と壊れやすい」のです。

ハードディスクの故障には大きく分けて「物理的障害」と「論理的障害」の二つのパターンがあります。

ハードディスクの物理的障害の原因として多いのは、

・強い衝撃がかかる
・落雷や停電など、電気的な負荷がかかる
・室温が高くなりすぎる
・水に濡れる
・経年劣化

などが挙げられます。

また、論理的障害の原因としては、

・誤操作によるファイルやフォルダの削除が原因のファイルシステムの破損
・ハードディスクを安全な取り外し方をせずに取り外したことによるファイルシステムの破損
・ウィルス感染などによるファイルシステムの破損

等が挙げられます。物理的障害の場合と異なり、論理的障害については人為的なミスが原因となるケースが多いと言えます。



パート2 壊れたハードディスクからデータを取り出す方法


物理的障害の場合、案外簡単な方法でハードディスク復旧が達成される場合があります。素人でも試しやすいものからいくつか方法を紹介してみましょう。

方法1 ハードディスクドライブの向きを変えてみる

落下などの衝撃でハードディスク内の磁気ヘッドやモーターの位置がずれてしまった事により、それらがうまく作動できずに故障となるケースがあります。そんな時は、ハードディスクドライブを横に向けたり裏返したりするだけでまた無事に作動する可能性があります。

とはいえ「一時的にかろうじて動いているだけ」という場合も多いので、動いている間に急いでバックアップを取るようにしてください。


方法2 ケーブルを変えてみる

意外と多いのが、ハードディスクドライブ自体には実は問題が無く、接続しているケーブルとの相性が悪かったり、ケーブル内で断線が起こっていることが原因となっている場合もあります。


方法3 USBのポートを変更してみる

新しく高規格なUSB3.0や3.1のポートで接続している場合、規格の古い2.0のポートで接続してみると認識される場合があります。


方法4 故障したハードディスクから単体ハードディスクを取り出して、作業用パソコンに直接接続する

この方法は一気に難易度が跳ね上がります。パソコンにあまり詳しくない方は、この方法を諦めて次に紹介する方法を試すことをお勧めします。

作業を開始する前に、まず次の物を準備してください。

・USB変換アダプタ
・作業用パソコン
・データ保存用大容量ハードディスクドライブ

これらを揃えたら、以下の手順で作業を行います。

・パソコンや外付けハードディスクから破損した単体ハードディスクを取り出す
・取り出した単体ハードディスクにUSB変換アダプタを接続
・USB変換アダプタと作業用パソコンを接続してから、電源に繋ぐ

ここまでの作業を完了した時点で、単体ハードディスクのモーターが動き始めれば作業の継続が可能です。

・作業用パソコンの「スタート」ボタンで「コンピュータ」を選択し、「コンピューターウィンド」を開く
・もし単体ハードディスクが復元可能な状態であればここにハードディスク名が表示されるので、急いでデータをデータ保存用ハードディスクドライブに吸い出す


方法5 プロに頼む

初心者がハードディスクの故障に対応するには限界があります。下手にいじって事態を悪化させる前に、近くのパソコン修理業者を検索する方が賢明かもしれません。



パート3 おすすめの強力なハードディスクデータ復旧のソフト


上述の通り、自力で壊れたハードディスクからデータを復元する方法はいくつかあります。しかし一番のお勧めは、ハードディスクデータ復旧ソフトの「Recoverit(リカバリット)」の活用です。インターネット経由で無料でダウンロードすることができ、パソコンにインストールするだけですぐに使用が可能になります。



このソフトの優れている点は、一般的なデータ復元ソフトと違って、USBメモリなどの外付けハードディスクのデータも簡単に復元できる点です。論理的な故障だけでなく、様々な理由でクラッシュした場合でもデータを復旧できます。誤って完全に削除してしまったり、フォーマットをかけてしまったりした場合でも使うことが可能です。

これだけ高機能にもかかわらず、操作画面は非常にシンプルで、殆どの操作をチェックボックスやラジオボタン、プルダウンメニューからの選択のみで進めることができます。

ステップ1 ハードディスクのデータをスキャンします。

「Recoverit(リカバリット)」をインストールします。「外付けデバイス」からハードディスクを選択して、「開始」をクリックしたら、ハードディスクのデータのスキャンが開始します。

ハードディスクのデータをスキャン

ステップ2 復元したいハードディスクのデータを選択します。

スキャンが完了できましたら、復元したいハードディスクのデータを選択して、復元ボタンをクリックします。

復元したいハードディスクのデータを選択

ステップ3 ハードディスクのデータを復旧します。

保存するためパスを選択して、また「復元」ボタンをクリックし、ハードディスクからデータの復旧が開始します。
「正常に復元しました」画面が表示され、復旧が完了できます。

ハードディスクのデータを復旧

ハードディスクが壊れた時も、諦めずにRecoveritでデータを復元しよう


ハードディスクが壊れてしまった場合、そこに保存していたデータも全て消えてしまったのではないか?と絶望的な気持ちになるかもしれません。確かに普通に考えれば素人ではお手上げするしかない状況です。でも、諦める前にぜひ一度「Recoverit – 安全なハードディスクデータ復元ソフト」を試してみてください。無料で利用でき、しかも初心者でも簡単に操作可能なので、きっとハードディスクデータの復元に役立つはずです。



All Topics

Top