HDDが故障した?!HDDのデータを取り出す方法
HDDが故障した?!HDDのデータを取り出す方法
  • HDDが故障した?!HDDのデータ復旧方法がありますか?
    「Recoverit」(リカバリット)があれば、3つステップだけでHDDのデータを復旧できます。

    とりあえず、ダウンロードしてみましょう!
> How to > HDD復元 > HDDが故障した?!HDDのデータを取り出す方法

Nov 14,2020 • Filed to: HDD復元 • Proven solutions

HDDが故障した?!HDDのデータを取り出す方法

“HDDに故障が出た!故障したHDDからデータを復旧したい!”

情報を残す技術で、最も用いられている技術がハードディスクドライブ略して「HDD」です。HDDは情報をデータ化した後に、レーザーを使って記録媒体に記録します。大量のデータをコンパクトにまとめて記録するので、フロッピーなど昔の記録媒体に比べて大量の情報を残せるのです。

ただ利用する機会が多いからこそ、怖いのが異常が出て使えなくなることです。そこでこの記事ではHDDの故障原因と、HDDのデータ復旧方法を紹介します。そのうちに、一番おすすめの方法はと「Recoverit - 強力なHDDデータ復元ソフト」いうソフトを利用します。3つステップだけでHDDのデータを復旧できます。




パート1 一般的なHDDの障害「論理障害」


大容量の記録が保存できるHDDには2種類の故障原因がありますが、故障原因として多いのが「論理障害」と呼ばれるものです。

この「論理障害」というのは、HDDの中にある情報を数式に変換する装置に不具合が出ることで起きます。 記録する際にレーザーで溝を掘る作業の時に、正確な情報でなければ認識されないです。そのためHDD自体は全く問題なく作動しますが、記録したデータが破損しているので情報の抜き取りも記録も出来なくなっています。

「論理障害」が起きる原因としては、人為的なミスから機器自体の不具合など多岐にわたります。人為的ミスというのは、例えば出来上がった情報を記録しようとしたときに誤って電源を落としてしまったもしくはosに関連するデータがはいったフォルダーを削除してしまったなどです。機器自体の不具合としては、例えば誤ってウイルスの入ったファイルなどを開けてしまったことで内部が破損させられてしまったなどが挙げられます。



パート2 故障したハードディスク(HDD)のデータ復旧方法


故障したハードディスク(HDD)のデータ復旧方法として、基本的にできることは5つの手段です。

#ディスクチェックとHDDの自動修復

1.パソコンを再起動したら、不具合を起こさないために実行中のプログラムを閉じます。
2.スタートメニューもしくは画面上でマウスの右クリックを押し、項目の中にある「プロパティ」を開きします。
3.「プロパティ」を起動したら「os」があるのでクリックすると、その中に「システムエラーを自動的に修復する」を押します。


#ハードドライブHDDとメインボードの接続

1.感電しないためにバッテリーもしくは電源コードを取り外して、5分放置して内部にたまっている電圧を放出します。
2.カバーを取り外して、ハードドライブとメインボードの接続を確認します。
3.ほこりがあると故障原因になるため、刷毛か掃除機の弱機能もしくはエアダスタ―を使ってとりのぞきます。
4.SATAインターフェイスケーブルをSATA電源コネクタまたは4ピンのモレックスコネクタに接続します。
5.きれいに接続できていることを確認したら、元の位置に戻してパソコンを起動し問題がないかチェックします。


#外付けハードドライブにデータをバックアップ

1.別売りのハードディスクを用意して、コードを接続してパソコンと連結します。
2.「コントロールパネル」から「システムとセキュリティ」に入り、そこからファイル履歴をクリックします。
3.ファイル履歴をクリックすると、残したいデータ一覧がでるのでチェックを入れて保存し別売りのハードディスクに登録するのです。
4.最後のスタート画面から「記憶領域」をクリックし、その中にフォーマットがあるのでデータを消去します。
5.消去が確認出来たら、再起動し問題がなければ移し替えておいたデータを再びバックアップするのです。


#HDDハードディスクの部品交換

1.業者に依頼し、記録媒体以外の部品を取り寄せます。
2.部品を取り寄せたら、記録媒体を取り出したのちに新しい部品に付け替えます。
3.新しい部品が問題なく取り付けられていることを確認出来たら、再び再装着をして問題がないか確認するのです。


#オンラインストレージを使って移し替える

1.新旧のパソコンを起動したら、新しいパソコンでネット接続設定をします。
2.クラウドサービスと提携し、旧パソコンからデータをクラウドに登録します。
3.新しいパソコンを使って、登録したクラウドサービスにログインしデータを引き出すのです。



パート3 おすすめの強力なHDDデータ復旧ソフト


データ復旧できる方法を紹介しましたが、専門的な知識が必要になるので実際に作業するとなると難しいです。ただ大切な情報が使えなくなると問題なので、専門知識が無くても使える方法が望まれています。その専門知識が無くても使える方法として、ワンダーシェアの「Recoverit(リカバリット)」がおすすめです。



「Recoverit」はリカバリー専用ソフトで、消去や破損して無くなったデータを復元することができます。消去や破損をしても、ハードディスクにはレーザーで焼かれた溝があります。その溝の中にはデータが残っているので、「Recoverit」は溝の形を認識して情報を復元することができます。

操作もインストールしデータを探して復元するだけなので、専門知識が無くても扱いやすいのがワンダーシェアの「Recoverit」です。

ステップ1 故障したHDDを選択します。

「HDD」タブでハードディスクを選択して、「開始」をクリックして、選択した場所をスキャンし始めます。

故障したHDDを選択

ステップ2 スキャンしたHDDのデータを選択します。

スキャンが完了できましたら、スキャンしたHDDのデータを選択して、復元ボタンをクリックします。

スキャンしたHDDのデータを選択

ステップ3 HDDのデータを復旧します。

保存するためパスを選択して、また「復元」ボタンをクリックし、データの復元が開始します。
「正常に復元しました」画面が表示され、復元が完了できます。

HDDのデータを復旧

HDDが故障した時に、慌てないことが大事です。


HDDの故障原因として多い「論理障害」は、ハードディスク自体は正常に動くため気付きにくいのです。ただ気付きにくいことが厄介な点であり、進行に気付かないまま使用し続けると復旧が難しくなります。

もし少しでも違和感があるときには、BIOSなどの診断を行いハードディスクの状態を確かめるのです。不具合が確認出来たらワンダーシェアの「Recoverit – HDDデータの復元ソフト」といったリカバリーを行い、別のパソコンにデータを移し替えると安心といえます。



All Topics

Top