安全にhddファイルを復元するには専用の復元ソフト「Recoverit」を使用しよう
> How to > HDD復元 > 安全にhddファイルを復元するには専用の復元ソフト「Recoverit」を使用しよう

Jul 28,2020 • Filed to: HDD復元 • Proven solutions

パソコンを使っているときに誤ってhdd上のデータを削除してしまうトラブルが起こることもあります。仕事で利用している大切なデータの場合は、削除してしまうと仕事に支障が出てしまうので注意が必要です。また大切な写真データなども誤操作で削除してしまう危険性もあります。

パソコンを使っている方は、大切なデータをパソコン上に保管している人も多いです。パソコンではデータを保管するときに内部に入っているhddを利用します。hddに保管したファイルは必要なときにいつでも呼び出せすことが可能です。ただトラブルによって呼び出せなくなってしまうときもあるので注意が必要です。例えばファイルが壊れてしまったり、削除されてしまったりすると大切なファイルを呼び出せません。

もしものときのためにも削除されたファイルを復元する手段を用意しておくと、安全にパソコン上のファイルを扱うことができます。消してしまったデータを復旧方法する方法はあるので、理解しておくと安心してパソコンを使えます。


Part1:hddとは?

hdd(ハードディスク)はパソコン上にあるデータを保管する機器です。hddは大きく分けるとパソコン本体に取り付けられている内蔵型と、USBなどに接続して使用する外付け型があります。写真データや文章ファイルの他にソフトウェアを使用して作ったファイルなどをhddに保管できます。


Part2:hddのデータがなくなった原因

誤ってファイルを削除してしまった

hddに保管したデータは誤操作によって消えてしまう場合があります。例えばパソコンではショートカットキーと呼ばれるものがあって、特定の操作を行うことによって簡単にある行動を実行できます。ファイル削除のショートカットキーもあるので、間違ってファイルを削除してしまうトラブルが発生します。ちなみにファイルを削除した場所に新しいファイルを作った場合、削除したファイルを復元できなくなる可能性があるので注意しておきましょう。

ウイルスの攻撃によって自動的にファイルが削除されてしまうトラブルもある

またウイルスの攻撃によってデータが破壊・削除されることもあるので注意が必要です。ウイルスは主に危険なサイトにアクセスしたり、怪しいメールを開封したりしたときに感染する可能性が高いです。またトロイの木馬によって大切なファイルが削除されてしまうトラブルもあります。ウイルスの攻撃により破壊・削除されてしまったファイルを復元するには専門的な技術が必要です。


Part3:Recoveritを使ってファイルを復元する手順

step1:Recoveritを起動して、復元したいファイルがある場所を選択します。

ソフトを起動

step2:次に復元したいファイルを探すために、スキャンを行います。

スキャン

step3:データスキャン終了後は復元が可能なファイルがリストアップされます。リストアップされたファイルの中から復元したいファイルを選択して、ソフトウェアの右下にある復元ボタンを押します。

復元

step4:すると復元したファイルを保存する場所を指定できます。正常に実行されると、画面に「ファイルが正常に復元しました」と表示されるので、OKボタンを押しましょう。

復元


パソコン上に保管したファイルはある動作によって削除されてしまうときがあります。ファイルは一度削除されると呼び出せなくなるので注意が必要です。誤操作やウイルスの影響によって削除されたファイルはRecoveritを使用して復元することが可能です。専門的な知識も必要なく、ファイルがあった場所やhddを指定してすぐに復元作業ができるので、パソコン初心者でも安全にファイルを復旧したいときに使ってみましょう。

0 Comment(s)

関連トッピクス

All Topics

Top