Macのダウンロードフォルダーが消えてしまった?どうすれば復元できる?

> How to > Macデータ復元 > Macのダウンロードフォルダーが消えてしまった?どうすれば復元できる?

• Filed to: Macデータ復元 • Proven solutions

Macのダウンロードフォルダーには、重要なダウンロードデータが保存されている場合があります。しかし、普段あまり存在を意識しないため、誤削除によってデータが失われてしまったという事態が起こることもあるでしょう。この記事では、Macのダウンロードフォルダーを誤削除してしまった際の復元方法と確実な削除方法についてご紹介します。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  3ステップだけで復元可能



パート1 Macのダウンロードフォルダーとは?

ダウンロードフォルダーとは、Macを使用する中でダウンロードしたファイルが保存されるフォルダーのことです。

画像や音楽、動画やアプリケーションをダウンロードする際、保存先を指定しなかった場合はすべてダウンロードフォルダーに保存されるようになっています。そのため、ダウンロードフォルダーの容量は特に整理などをしなかった場合、非常に大きなものとなり、パソコンの負荷となるケースがあります。また、重要なファイルが保存されている可能性もあるため、ダウンロードフォルダーを誤って削除してしまった際の被害が思いがけず大きくなることもあるでしょう。

Macのダウンロードフォルダーは、通常はDOCKに表示されていますが、もしも見つからない場合はFinderから見つける必要があります。

Finderを起動し、「ダウンロード」という項目をクリックすれば、ダウンロードフォルダが開きます。また、DOCKにダウンロードフォルダーを表示させたい場合は、Finderの「ホーム」を開き、そこにあるダウンロードフォルダをDOCKへドラッグ&ドロップします。DOCKにダウンロードフォルダーを表示させておけば、誤削除の防止と早期発見に役立ちますので有効な手段と言えます。



パート2 Macでダウンロードフォルダーを誤削除した時の対処法

Macのダウンロードフォルダーは、ファイル整理の際に操作を誤ったりなどして誤削除してしまうこともあります。ダウンロードフォルダーを誤削除してしまった場合、 「Recoverit(リカバリット)」などのデータ復元ソフトを用いて復元することが可能です。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  3ステップだけで復元可能

「Recoverit」は特別な知識のない初心者でも使いやすい、無料で利用できるMac対応データ復元ソフトです。削除されたドキュメントやファイルをパソコン内部から外付けのUSB・HDDまで、場所にかかわらず保存先からデータを復元することが可能です。もちろんMacのダウンロードフォルダーの復元も簡単な操作で可能です。誤って削除してしまった際には、ぜひ利用してみると良いでしょう。

ステップ1 誤削除したMacのダウンロードフォルダーを検索します。

Macに「Recoverit」をダウンロードして、削除したダウンロードフォルダの元の保存場所を選択します。「開始」をクリックして、誤削除したMacのダウンロードフォルダーのスキャンを始まります。

誤削除したMacのダウンロードフォルダーの元の保存所を検索

ステップ2 誤削除したMacのダウンロードフォルダーを選択します。

スキャンが完了できましたら、誤削除したMacのダウンロードフォルダーを選択して、復元ボタンをクリックします。

誤削除したMacのダウンロードフォルダーを選択

ステップ3 誤削除したMacのダウンロードフォルダーを復元します。

保存先を選択して、また「復元」ボタンをクリックし、Macのダウンロードフォルダーの復元が開始します。

誤削除したMacのダウンロードフォルダーを復元

簡単な3つのステップだけで誤削除したMacのダウンロードフォルダーを復元できます。 Macのデータを誤って削除したことを困った時に、試してみてください!



パート3 Macでダウンロードフォルダーを削除する方法

ダウンロードの際の保存先を指定するなどして、ダウンロードフォルダーが必要なくなった場合、削除することが可能です。削除はゴミ箱アイコンを用いて行います。削除の手順は次の通りです。

ステップ1 Dockの「ゴミ箱」に「ダウンロード」をドラッグ&ドロップする。もしくは「ダウンロード」を選択してからCommand+Deleteキーを押す。
ステップ2 「ゴミ箱」を開き、Controキーを押しながら「ダウンロード」をクリックし、「すぐに削除」を選択する。

ゴミ箱内のフォルダやファイルは、Finderウインドウの右上隅にある「空にする」ボタンから、一括で削除することも可能。また、Finderの「環境設定」から、ゴミ箱にフォルダを入れて30日後に自動でゴミ箱から項目を削除するように設定することもできる。

ダウンロードフォルダーを削除する際に気を付けたいのは、フォルダー内には思いがけず重要なデータが入っている場合があるということです。そのため、削除の際には外付けHDDなどにバックアップを取っておくことをおすすめします。もしバックアップを取らずに削除して、後に必要だと判明した場合は 「Recoverit」などのデータ復元ソフトを利用して冷静に対処しましょう。

まとめ: Macのダウンロードフォルダーを誤って削除しても慌てずに対処しよう

Macのダウンロードフォルダーには、気づかない間に重要なファイルがたまっている場合がよくあります。できれば普段からこまめに管理し、大切なファイルは別のフォルダーへ保存するなどして整理することを意識しましょう。また、誤って削除してしまった場合でも「Recoverit – 強力なMac復元ソフト」を利用すれば元に戻すことは可能ですから、慌てずに対処しましょう。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  3ステップだけで復元可能
-->