Macの動作が遅い原因は?Macを軽くする方法も紹介

> How to > Macデータ復元 > Macの動作が遅い原因は?Macを軽くする方法も紹介

• Filed to: Macデータ復元 • Proven solutions

Macを使っていると、徐々に動作が遅くなってくることがありませんか?動作が遅くなると使いにくくてストレスが溜まるでしょう。しかし、遅くなる原因はさまざまなので、適切に対処する方法があるのです。そこで今回は、Macの動作が遅くなる原因とMacを軽くする方法をご紹介します。どれも簡単な方法なので、一度試してみてください。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  3ステップだけで復元可能



パート1 Macが重い!動作が遅い原因とは

原因1 アプリケーションが多い

Macでさまざまなアプリケーションを使用している方が多いでしょう。しかし、アプリケーションは主にハードディスクに保存され、量が増えると容量も大きくなってしまいます。そしてどんどん容量が圧迫されるのです。その結果Macが重くなって、動作が遅くなります。よって、使っていないアプリケーションはその都度削除する必要があるでしょう。

原因2 ファイルが溜まっている

アプリケーションと同じく、ファイルもハードディスクを圧迫します。そのため、仕事などでファイルをたくさんダウンロードする場合などは、動作が遅くなる可能性があります。よって、定期的にファイルも削除しなければいけません。

原因3 ゴミ箱がいっぱいになっている

アプリケーションやファイルを削除したのになかなか動作が速くならない場合は、ゴミ箱がいっぱいになっている可能性があります。通常、アプリケーションやファイルを削除するとゴミ箱に入りますが、ゴミ箱も容量を圧迫するのです。ゴミ箱を空にしなければいつまでもデータは残るので、忘れずに完全に削除する必要があります。

原因4 キャッシュが溜まっている

パソコンにはキャッシュというものがあります。キャッシュとは、一度開いたウェブページが一時的に保存される機能のこと。そうすることで、再び同じウェブページを開いたときに、ページの読み込みが速くなるのです。とても便利な機能ですが、キャッシュはどんどん溜まってしまいます。そして重くなるので、キャッシュも定期的にクリアしておきましょう。



パート2 Macを軽くする方法のおすすめ人気ランキング

Macを軽くする前に、データが消失した時のデータを取得する方法をご紹介

重いMacを軽くするために作業していると、誤って大切なデータを消してしまうことがあります。しかし、その場合は「Recoverit(リカバリット)」を使ってみてください。Recoveritとは、安全にデータ復元ができるソフトです。復元率が高く、消えてしまったデータをしっかりと復元できます。さらに、操作は簡単でスピーディー。インターフェースも見やすくて、パソコン操作に自信がない方でも使いこなせるでしょう。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  3ステップだけで復元可能

そしてなんと、NTFSやFAT16など1000種類以上のファイル形式に対応しているので安心です。ビデオを復元したり、ゴミ箱から消えたデータを復元したりすることもできます。さらに、365日24時間の無償技術サポートがあるので、分からないことがあればいつでも尋ねてみてください。7日間の返金保証もあります。

ステップ1 軽くしたMacで消えたデータの元の保存場所を検索します。

Macに「Recoverit」をダウンロードして、消えたデータの元の保存場所を選択します。「開始」をクリックして、選択した場所のスキャンを始まります。

Macで消えたデータの元の保存場所をスキャン

ステップ2 軽くしたMacで復元したいデータを選択します。

スキャンが完了できましたら、軽くしたMacで消えたデータを選択して、復元ボタンをクリックします。

軽くしたMacで消えたデータを選択

ステップ3 軽くしたMacで消えたデータを復元します。

保存先を選択して、また「復元」ボタンをクリックし、消えたデータの復元が開始します。
「正常に復元しました」画面が表示され、復元が完了できます。

軽くしたMacで消えたデータを復元

簡単な3つのステップだけでMacから消えたデータを復元できます。軽くしたMacの消えたデータを復元することを困った時に、試してみてください!

次は、Macを軽くする方法をご紹介。

方法1 アプリを消してMacを軽くする

Macからアプリを消す方法は簡単です。

・グレーのロケットアイコンの、「Launchpad」を開く
・消すアプリのアイコンを長押しする
・左上の×をクリックして削除する

方法2 ファイルを消してMacを軽くする

ファイルもすぐに消すことができます。

・「Finder」を開いてファイル一覧を表示する
・消すファイルを選択してゴミ箱に入れる

方法3 ゴミ箱を空にしてMacを軽くする

アプリやファイルを削除したらゴミ箱を空にしましょう。

・ゴミ箱アイコンを右クリックする
・「ゴミ箱を空にする」をクリックする
・確認のポップアップが出てくるので、再度「ゴミ箱を空にする」を押す

方法4 キャッシュクリアでMacを軽くする

溜まったキャッシュも定期的にクリアしてください。

・Safariを起動してメニューバーの「Safari」から環境設定を開く
・「詳細」を開いて「メニューバーに“開発”メニューを表示」にチェックを入れる
・「開発」を開いて「キャッシュを空にする」を押す

まとめ: Macを軽くする時に大切なデータを消してしまっても安心

Macが重い場合は、アプリやファイルを消してゴミ箱を空にしましょう。キャッシュをクリアすることも大切です。しかし、アプリケーションやファイルを消すときに大切なデータまで消してしまっても大丈夫です。そんな時は、「Recoverit – 強力なMacのデータ復元ソフト」を使いましょう。そうすることで簡単に、そしてスピーディにデータが修復できます。とても心強いので、ぜひ使ってみてください。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  3ステップだけで復元可能
-->