iSkysoft > ファイル復元>

tmpファイルの復元

tmpファイルの復元する方法

  

「tmp」ファイルとは

MacPCでMicrosoftのofficeを使っている方は、とても多いと思います。

以前と違い、ファイルの互換性に全く問題が無くなり、WindowsPCで作成したファイルとのやり取りも、ストレス無く出来るようになりました。そのような環境ではありますが、このoffice、特にExcelに関して面倒なことが起きやすいソフトであることが知られています。それは一時ファイルとして作成される、「tmp」ファイルと呼ばれる物がExcelを終了しても残ってしまうという現象です。

通常tempファイルは、Excelを終了すれば同時に削除されるのですが、なにかの拍子に名前をつけて保存をしたフォルダの中に残ってしまうことがあります。そしてどうしてもこのtmpファイルが削除出来ないと言う状態になってしまうのです。エクセルは仕事やプライベートでも使用頻度が高いソフトです。そのエクセルファイルでtmpファイルが残るのは、少々目障りですよね。この現象自体はMicrosoft社も把握しており、特にOSのバージョンがLionで起きやすいようです。逆にうっかりExcelファイルを保存し忘れたときや、上書き保存をしてしまったときに一つ前の状態に復元したい場合などあるかもしれません。

そのようなときは、tmpファイルから復元することが出来るので良いのですが、エクセルのtmpファイルが正常に削除されてしまっていたらどうなってしまうのでしょうか。上記のような状態になってしまったとき、

お勧めなソフトがiSkysoft社の『万能データ復元!for Macです。

このソフトでは、エクセルのtmpファイルを「失われたファイルの復元」を使って復元することが出来るのです。

操作方法は簡単です。

iSkysoftの『 万能データ復元!for Mac』をインストールし、起動します。以下3ステップで操作しましょう。

ステップ 1 四つあるメニューから「失われたファイルの復元」クリックします。


ステップ 2 ウィンドウ上部にある「スキャン」をクリックします。

ハードディスクの容量によりますが、少々時間を待つと復元可能なファイルが一覧表示されます。

この中から自分が必要としているファイルに、チェックをつけます。

ステップ 3 ウィンドウ中央にある「復元」をクリックします。

万能データ復元!for Mac』を使って、削除してしまったり、紛失してしまったExcelのtempファイルを復元することが出来ます。

これだけの操作で、エクセルのtmpファイルを復元でき、更にそこから実際のファイルが復元できれば仕事などで支障を来すことはありませんね。

人気記事

Back to top