Windows 7/8/10で一時ファイルを削除・復元するにはどうすればいい?

> How to > Windowsデータ復元 > Windows 7/8/10で一時ファイルを削除・復元するにはどうすればいい?

• Filed to: Windowsデータ復元 • Proven solutions

パソコンを普通に使っていたら、気づいたら容量が限界に達してしまっていたという経験ありませんか?データを削除したいのだが、パソコンのデータはどれもこれも大切なものだし、消すに消せないと思っている方がいらっしゃるかもしれません。しかし、実際には不要な「一時データ」というものが存在しています。ここでは一時データを削除する方法とともに、必要な一時データを削除してしまった際の復元方法について見ていきます。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  3ステップだけで復元可能



パート1 「一時ファイル」とは?

ソフトウェアを用いて何らかの作業を通るときに、途中経過をセーブしておかないと、何らかの不都合が生じた際に、都合がよくないです。ゲームで言うところの「セーブ・レポート」のような機能を果たしているのが一時ファイルです。永続的に残る一般的なファイルと異なって、単に便宜上作成される仮のファイルであるため、通常はファイル作成後、しばらくしたら自動的に削除されることが多いです。しかし、用途によっては稀に削除されずに残ってしまい、ハードディスクの容量を圧迫してしまうことがあるので注意が必要です。



パート2 Windowで不要な一時ファイルを削除する方法

要路湯が圧迫されているときは、不要な一時ファイルを削除する必要がありますが、ここでは特にWindowsでの一時ファイル削除方法について紹介します。

#方法1 「一時ファイル」を手動で削除する方法

Windowsのバージョンによって一時ファイルを保存している「Temp」フォルダーの場所は異なっていますが、その際には以下の方法でTwmpフォルダーを開くことができます。

・ まずは、Windowsキーを押しながらRキーを押します。
・ そうすると、「ファイル名を指定して実行」という項目が表示されるので、名前ボックスに「%temp%」と入力して「OK」を選択すれば、フォルダーが表示されます。
・ そうすれば後は不要な不一時ファイルを選択して、削除すれば完了ということになります。

#方法2 一時ファイルを自動削除する設定をオンに(ストレージセンサーを有効にする)

手動でデータを削除してしまうと、必要なデータまで削除してしまうリスクが高まります。そこでお勧めできるのが、ストレージセンサーをオンにすることです。ストレージセンサーとは簡単にいうと、「OS がある領域ストレージ内の一時ファイルやゴミ箱などの PC の動作に影響のない不要なゴミデータを定期的に自動で削除してくれる」機能のことで、Windows10から新たに導入されました。

ストレージ左縁サーの設定方法は非常に簡単です。
・ 設定から、システムを起動させ、サイドバーにあるストレージを選択してください。
・ そして、ストレージセンサーの項目をオンに変更すれば設定することができます。
・ 同じページで、具体的に削除するファイルの期間などの詳細な設定を変更することもできます。

#方法3 キャッシュファイルを削除する

PCでアクセス頻度の高いファイルを一時的に保存したファイルのことをキャッシュファイルといいます。このキャッシュファイルも一時ファイルの一つです。このキャッシュファイルを削除するには、コントロールパネルから、インターネットオプションを選択し、「閲覧履歴を消去」を選択してください。そうすれば、複数の欄が現れますが、その中に「一時インターネットファイル」という欄があるので、選択して削除すれば完了です。



パート3 Windowで大事な一時ファイルを削除した!データを救出する方法

一時ファイルは基本的に利用することは少ないですが、中には大切なものももちろん存在します。その際にデータ復元するにはどうすればいいのでしょうか。その際におススメできるのが「Recoverit」(リカバリット)を利用することです。というのも、Recoveritは、だれにでもわかりやすいインターフェースを採用しており、簡単なステップを踏めば楽々データを復元することができるうえ、そのほかにも様々なメリットがあるのです。

特筆すべきは、手厚いサポート体制で、7日間の返金保証や、ウイルスフリー保証、そして24時間体制での無料技術サポートまで受けることができます。Recoveritの品質や、手厚いサポート体制は、17年にもわたる研究開発によってなせる業です。100社以上のメディアでも紹介され、多くの人に利用されていることからも、Recoveritをおススメできる理由がわかっていただけると思います。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  3ステップだけで復元可能

ステップ1 Windowsで削除した一時ファイルの元場所を選択します。

「Recoverit」をダウンロードし、最初画面で削除した一時ファイルの元場所を選択して、「開始」をクリックしたら、選択した場所の検索を始めます。

Windowsで削除した一時ファイルの元場所を選択

ステップ2 復元したい一時ファイルを選択します。

スキャンが完了できましたら、画面の左側で「ファイルタイプ」をクリックしたら、検索されたファイルの種類を確認できます。 復元したい一時ファイルを選択してください。

復元したい一時ファイルを選択

ステップ3 Windowsで削除した一時ファイルを復旧します。

保存場所を指定して、また「復元」ボタンをクリックし、消失した一時ファイルの復元が開始します。「正常に復元しました」画面が表示され、復元が完了できます。
※注意:ファイルの上書きを避けるため、復元されたファイルを元場所と異なるディスクで保存する必要があるので注意してください。

Windowsで削除した一時ファイルを復旧

まとめ: Windowで一時データを復旧するならRecoveritを利用しよう

一時データが必要になることは多くないので、基本的にはストレージセンサーなどを利用してこまめにデータ管理をしておくのが良いです。しかし、一時データが必要となったときには削除してしまった場合復元する必要があります。そこでお勧め出るのは「Recoverit – 強力なデータ復元ソフト」です。このソフトは、高品質はもちろんのこと、返金保証、ウイルスフリー保証に加えて、無料で手厚いサポートまで受けられるということで充実した機能を備えています。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  3ステップだけで復元可能
-->