Windowsインストーラーエラーって何?!解決方法とは

> How to > Windowsデータ復元 > Windowsインストーラーエラーって何?!解決方法とは

• Filed to: Windowsデータ復元 • Proven solutions

パソコンに起こるトラブルはいつも突然で、びっくりしてしまいますよね。また、エラー発生によって、大切なデータが壊れてしまっていないかなどについても心配になってしまいます。今回は、Windowsインストーラーエラーの概要や、解決方法などについて詳しくお伝えしています。もしこのエラーが出た際には、ぜひ参考にしてみてください。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  3ステップだけで復元可能

パート1 Windowsインストーラー(Windows Installer)とは?

Windowsインストーラー(Windows Installer)とは、Microsoftが手掛けている、Windowsで行うソフトウェアのインストールや、アンインストールを行うためのシステムのことを指します。また、ロールバックを使用した障害回復機能も搭載されています。Windows用に作られているソフトウェアは、Windowsインストーラーの仕組みに準じて開発されており、インストールする際には、必ずWindowsインストーラーが起動する仕組みになっているのです。

パート2 対策:「Windows インストーラー サービスにアクセスできませんでした」

サービスWindowsインストーラーファイル自体が破損している場合や、存在していない場合などに、「Windows インストーラー サービスにアクセスできませんでした」というエラーメッセージが出ることがあります。これは主に、新しいプログラムをパソコンにインストールしようとした場合に起こる症状です。この問題を解決するためには、いくつかの方法が挙げられます。

#方法1 以前のバージョンのものを、アンインストールする

ステップ1 画面左下の「スタート」から「設定」をクリックして開きます。
ステップ2 「アプリ」をクリックします。
ステップ3 アンインストールしたいプログラムを選択し、「アンインストール」をクリックします。
ステップ4 すると、再度アンインストールに関する確認メッセージが表示されるため、再び「アンインストール」をクリックします。
ステップ5 Windowsインストーラーを再インストールします。
クリックすると、アンインストールが始まります。

#方法2 インストーラーサービスの動作確認を取る

ステップ1 「Windowsキー」+「Rキー」を同時押し、「ファイル名を指定して実行」を起動させます。もしくは、スタートメニューを開いて、「Winodwsシステムツール」をクリックし、「ファイル名を指定して実行」を選択する方法でも、同じファイルを起動させることができます。
ステップ2 名前の欄のところに「msconfig」と入力して、「OK」をクリックします。
ステップ3 サービス構成が表示されるため、「サービス」のタブを開きます。一覧の中からWindowsインストーラーの項目をチェックし、「OK」をクリックします。
ステップ4 パソコンの再起動を行います。

これらの方法でも解決しないような場合には、レジストリ設定を行ったり、Windowsインストーラーの再インストールを行ったりするなどの方法が必要になってきます。

パート3 Windows インストーラーエラーから復旧した後のデータ復元方法は?

Windowsインストーラーエラーだけでなく、様々なエラーから修復した後には、データの破損や紛失が生じてしまったり、外付けUSBドライブやSDメモリーカードへアクセスできないという症状が起こってしまう場合があります。

そのような場合には、データ復元専用ソフトを用いることで、スムーズに復元できるようになります。初心者またプロも利用できる「Recoverit」(リカバリット)は、削除や紛失したデータだけでなく、破損したデータでさえも復元することができるソフトです。ドキュメントや写真、動画など、このソフトが対応できるファイルは1000種類を超えています。

また、パソコンがクラッシュしてしまって起動できないような場合でも、起動可能なメディアを作成して、アクセスしていくことが可能です。3つのステップで簡単に使えるようになっており、初心者の人でも利用しやすいソフトです。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  3ステップだけで復元可能

ステップ1 Windows インストーラーエラーを解決後、紛失データがあったドライブをスキャンします。

「Recoverit」をインストールします。Windows インストーラーエラーの解決後、紛失データがあったドライブを選択して、紛失データのスキャンが始まります。

Windows インストーラーエラーの解決後、紛失データがあったドライブをスキャン

ステップ2 ドライブからスキャンしたデータを選択します。

ドライブのスキャンが完了できましたら、復元したいファイルを選択して、復元ボタンをクリックします。

ドライブからスキャンしたデータを選択

ステップ3 Windows インストーラーエラーを解決後、紛失データを復元します。

保存先を選択して、また「復元」をクリックし、紛失データの復元が開始します。

Windows インストーラーエラーを解決後、紛失データを復元

まとめ: Windows インストーラーエラーが表示されても慌てないで!

Windowsインストーラーエラーが表示されても、いくつかの解決法法があるため、慌てずに落ち着いて対処するようにしましょう。もし、エラーが発生することになったとしても、専用のデータ復元ソフト

「Recoverit – 初心者またプロも利用するデータ復元ソフト」を用いれば、簡単に元に戻すことも可能です。プロの修理業者に依頼する前に、一度自分自身でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  3ステップだけで復元可能
-->