MacでWord(ワードファイル)が削除・損失・紛失した!人気方法3選

> How to > Macデータ復元 > MacでWord(ワードファイル)が削除・損失・紛失した!人気方法3選

• Filed to: Macデータ復元 • Proven solutions

MacでWordを使用しているときに、ファイルを紛失してしまうことがあります。何とかして取り戻したいと思っても打開策がわからずに困るケースもあるでしょう。この記事では、MacでWordファイルがなくなってしまう原因と主な対処方法をご紹介します。状況に応じてできることは違いますが、汎用性の高い方法もあるのでぜひ理解しておきましょう。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  3ステップだけで復元可能



パート1 MacでWordファイルの復元が必要になる原因

MacでWordファイルが失われてしまい、復元の必要が生じるケースはたくさんあります。

Macでwordの作業をしているときに突然フリーズしてしまい、Macを強制終了しなければならない場合が典型的です。
他にも、Mac自体はフリーズしていなくても、Wordのプログラム自体がフリーズしてしまって強制終了せざるを得ない場合もあります。
また、MacでWordを使っていて保存せずに終了してしまったために、ファイルが失われることもあるでしょう。このようなときには何とかしてファイルの復元をしたいと思うのが一般的です。
別のケースとして、保存していたWordファイルをうっかり削除してしまい、何とかして取り戻す必要があるというパターンもあります。



パート2 Macで削除や損失されたWord(ワードファイル)を復元する方法

MacでWordファイルを削除してしまったり、紛失したときには復元する方法が何通りもあります。ここでは、代表的な方法を順番に説明していきますので、ぜひ参考にしてください。

方法1  「Recoverit(リカバリット)」でMacから削除や損失されたWordファイルを復元する

まずは、 「Recoverit」で復元するのが削除や紛失が問題になったときの第一の選択肢と言えます。Recoveritとはデータ復元ツールで、初心者でも手軽に操作してデータを元通りにできるのが特徴として知られています。Wordファイルももちろん簡単に復元できますので安心です。うっかりデータを消してしまったときや強制終了しなければならなくなったときにも復元できる可能性が十分にあります。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  3ステップだけで復元可能

RecoveritならWordファイルだけでなく、他の種類のファイルも復元できますので、困ったときに役に立つツールとして用意しておくと良いでしょう。基本的にはインターフェースが優れていて、マニュアルなしでも操作できます。手軽に使える復元ツールが良いという人にとって、Recoveritは最適な候補になるでしょう。

ステップ1 Macで削除や損失されたWord(ワードファイル)の元の保存場所を探します。

Macに「Recoverit」をダウンロードして、削除や損失されたWordファイルの元の保存場所を選択します。「開始」をクリックして、削除や損失されたWordファイルの保存場所を探し始まります。

Macで削除や損失されたWord(ワードファイル)の元の保存所を探し

ステップ2 Macで削除や損失されたWord(ワードファイル)を選択します。

探しが完了できましたら、Macで削除や損失されたWord(ワードファイル)を選択して、「復元」ボタンをクリックします。

Macで削除や損失されたWord(ワードファイル)を選択

ステップ3 Macで削除や損失されたWord(ワードファイル)を復元します。

保存先を選択して、また「復元」ボタンをクリックし、削除や損失されたWordファイルの復元が開始します。
「正常に復元しました」画面が表示され、復元が完了できます。

Macで削除や損失されたWord(ワードファイル)を復元

簡単な3つのステップだけでMacで削除や損失されたWord(ワードファイル)を復元できます。 MacでWord(ワードファイル)がなくなってしまったことを困った時に、「Recoverit」を利用してみましょう!

方法2 ゴミ箱の中身を見てみてMacのWord(ワードファイル)を復元する

Wordファイルを削除してしまったときには、ゴミ箱を空にしていない状態であれば復元可能です。

・Dockからデスクトップからゴミ箱を開く。
・ゴミ箱の中から復元したいワードファイルを探す。
・右クリックして「元に戻す」を選ぶか、ドラッグアンドドロップで復元したいフォルダにドロップする。

方法3 Office for Macの自動保存機能でMacのWord(ワードファイル)を復元する

Officeには自動保存機能がありますので、強制終了などによって保存していない状態で失われてしまったデータを復元することが可能です。2通りの方法があるので、確認してみましょう。


・Wordを起動する。
・メニューの「ファイル」をクリックし、「自動保存」を選択する。
・自動バックアップファイルのリストが表示されるので、その中から必要なWordファイルをクリックする。
・自動でバックアップされていたワードが開かれたら編集を続けるか、名前を付けて保存する。


・Finderを開く。
・メニューバーから「移動」の「ライブラリ」を選択する。
・ApplicationSupportフォルダ内のMicrosoftを選び、Officeフォルダに進む。
・利用しているOfficeのバージョンと「AutoRecovery」の組み合わせになっているフォルダを開く。
・フォルダ内に自動保存されているファイルが入っているので、復元したいWordファイルを選んで取り出す。

まとめ: MacでのWordファイルの紛失回避方法

MacでWordファイルを紛失してしまったときやうっかり削除したときにも方法次第で簡単に復元できます。第一の選択肢として考えると良いのが「Recoverit – 強力なWord(ワードファイル)復元ソフト」を使う方法で、かなり幅広い原因に対して柔軟に対応できるのが魅力です。Wordファイルを復元するのに手間もあまりかからず、初心者でも簡単に利用できるのでRecoveritをうまく活用していきましょう。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  3ステップだけで復元可能
-->