Macのディスク容量を確保しよう!ガレージバンドで作成したファイルの削除及び復元する方法をご紹介

> How to > Macデータ復元 > Macのディスク容量を確保しよう!ガレージバンドで作成したファイルの削除及び復元する方法をご紹介

• Filed to: Macデータ復元 • Proven solutions

MacOSやiOSにインストールされている音楽制作ソフトのガレージバンドは、初心者でも簡単に音楽ファイルが作成できます。しかし、MacBookでガレージバンドを使って音楽ファイルを作成した場合、その容量が肥大化する可能性が高くなります。ここでは、ガレージバンドで作成したファイルを削除する方法、及び削除したファイルの復元方法を合わせてご紹介します。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  3ステップだけで復元可能



パート1 GarageBand/ガレージバンドとは

MacBookやiMacといったアップルコンピュータ社製造のパソコン等にプリインストールされている音楽ソフトが「garageband/ガレージバンド」です。

作曲家やミュージシャンといった音楽の専門家が活用するデジタル・オーディオ・ワークステーションに不可欠な機能が搭載されています。その一方で、初めて音楽ソフトを使う人でも利用できるよう、視覚的に理解しやすいインターフェースを採用しているため、操作性に優れている点も特徴です。音楽制作に必要な機能を十二分に備えつつも、無料で利用できるといった点から、金額面でのハードルなしに音楽制作を開始できます。



パート2 MacBookでGarageBand‐ガレージバンドファイルを削除する方法

ガレージバンドを削除するには、プロジェクトとして作成したファイルの他、連携ファイルや音源ファイル等を全て削除する必要があります。ガレージバンドに関係するファイルを削除するためには、ガレージバンドというソフト、プロジェクトファイル等の関連ファイル削除といった順番で行います。

ステップ1 デスクトップの下にある「dock」から「Launchpad」を開いて、表示された「ガレージバンド」アイコンを長押しする。

ステップ2 「ガレージバンド」アイコンが振動し始めた後、アプリの上に表示されている罰印をクリックすると、アプリが削除される。

ステップ3 その後、「dock」から「Finder」を開いて、画面上にある「移動」をクリック、「フォルダへ移動」を選ぶ。

ステップ4 その次の画面で「/ライブラリ」と入力し、「Audio」フォルダ内にある「Apple Loops」フォルダを削除する。

ステップ5 続いて、「Application Support」内の「GarageBand」と「Logic」の各フォルダを削除して、ガレージバンドの削除は完了。

ステップ6 そして、ユーザごとに設定されている「ミュージック」フォルダ内の「garageband」フォルダを選び、中にあるプロジェクトファイルを削除。



パート3 MacBookで削除した、保存していないGarageBandファイルを復元する方法

MacOSに対応しているデータ復元ソフトはいくつかありますが、中でもプロも利用する復元専門ソフト 「Recoverit(リカバリット)」は有償ながら知名度の高いソフトとして知られています。簡単な操作で複数のデータを復元できる他、高度なアルゴリズムにより、高確率でデータ復元を実現できます。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  3ステップだけで復元可能

MacOSで使われるファイルシステムに暗号化されたものも含めて完全対応している上、破損したファイルもできる限り完全な状態で復元可能です。復元対象となるファイルとしては、テキストや画像といったファイルの他、動画や音声等のメディアファイルを含めた200種類以上に幅広く対応しています。そのため、ガレージバンドで作成したプロジェクトや音楽ファイルが突然消えてしまった場合にも最大限の力を発揮します。

また、内蔵ハードディスク以外のSDカードなどといった外付メディアに対応している点も特徴です。外部に保存したガレージバンドの音楽ファイル等を復元する際にも活躍します。

ステップ1 MacBookで削除した、保存していないGarageBandファイルの元の保存所を検索します。

Macに「Recoverit」をダウンロードして、削除した、保存していないGarageBandファイルの元の保存場所を選択します。「開始」をクリックして、ガレージバンドファイルのスキャンを始まります。

MacBookで削除した、保存していないガレージバンドファイルの元の保存所を検索

ステップ2 MacBookで削除した、保存していないGarageBandファイルを選択します。

スキャンが完了できましたら、MacBookで削除した、保存していないGarageBandファイルを選択して、復元ボタンをクリックします。

MacBookで削除した、保存していないガレージバンドファイルを選択

ステップ3 MacBookで削除した、保存していないGarageBandファイルを復元します。

保存先を選択して、また「復元」ボタンをクリックし、MacBookのGarageBandファイルの復元が開始します。
「正常に復元しました」画面が表示され、復元が完了できます。

MacBookで削除した、保存していないガレージバンドファイルを復元

簡単な3つのステップだけでMacBookで削除した、保存していないGarageBandファイルを復元できます。 Macbookでガレージバンドファイルを意外に削除したことを困った時に、試してみてください!

他にも、MacOSに備わっている「TIme Machine」という機能をバックアップとして使っている場合は、削除されたデータの復旧に自動バックされたデータを利用できます。外部のバックアップソフトを導入する手間が省ける上、簡単な作業でデータ復元が可能です。

まとめ: ガレージバンドで作成した音楽ファイル等も復元できる

MacBookにプリインストールされているガレージバンドを利用すると、手軽に音楽ファイルが作成できる反面、保存される容量も膨大になってしまいます。そのため、容量削減のためにアプリを削除する、あるいは突然のシステムトラブルにより、作成していた音楽ファイルを消えてしまう場合もあるでしょう。しかし、「Recoverit – 強力なMacのデータ復元ソフト」を使うと、削除した音楽ファイル等も簡単な手順で復元できます。ぜひ試してみてください。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  3ステップだけで復元可能
-->