Part 1: Windows用 iCloud の設定と使用

#1. Windows用iCloudをダウンロードします。(今すぐダウンロード>>)

WindowsパソコンでiCloudを有効にするには、あなたのiOSデバイスまたはMac上でiCloudアカウントを設定してから、Windows用iCloudをインストールしてください(Windows 7またはWindows 8が必要です)。

Windows用 iCloud ダウンロード
#2. iCloudをオンにします。

Windows用iCloudを開き、iCloudアカウントの作成に使用したApple IDでサインインしてください。次に、有効にしたいiCloudサービスを選択して「適用」をクリックします。

Windows用 iCloud ダウンロード
#3. 自動ダウンロードを有効にします。

iCloud Driveと写真アプリケーションを有効にすると、Windows用iCloudはそれらのファイルを保存する新しいフォルダをWindows Explorer内に作ります。

このフォルダに新しいファイルを保存すると、そのファイルは自動的にあなたのiOSデバイスにも現れます。

Windows用 iCloud ダウンロード

Part 2: Mac用 iCloud の設定と使用

#1. あなたのMacに最新バージョンのOS Xが搭載去れていることを確認します。

最新版にアップデートするには、Appleメニューから「ソフトウェア・アップデート」を選び、アップデートを利用できるかどうかを確認してください。

Mac用 iCloud ダウンロード
#2. iCloudをオンにします。

MacのAppleメニューから「システム環境設定」を選びます。「iCloud」をクリックし、Apple IDを入力して、有効にしたいサービスを選択してください。

Mac用 iCloud ダウンロード
#3. iTunesで自動ダウンロードを有効にします。

音楽、アプリケーション、本の自動ダウンロードを有効にするには、iTunesを開いて「環境設定」を選びます。続いて「Store」をクリックし、「ミュージック」「App」を選びます*。

Mac用 iCloud ダウンロード

Part 3: iCloudからバックアップをダウンロードすることは不可能?

#1. iCloudバックアップ不便な点

とっても便利なiCloudのバックアップ自動作成サービスですが、不便な点もありますよね。例えば、iCloud上に作成したバックアップファイルをパソコンにダウンロードすることが出来ないこととか…。自分のデバイスのバックアップなのに、パソコンにダウンロード出来ないのはなぜなんだろう…。でも、出来ないものは仕方ない、と諦めるしかありません。

現在は存在しない、iCloudからバックアップをダウンロードするシステムですが、きっといつかはそんな便利なサービスがリリースされることを祈ります。そんな夢のサービスがリリースされるまでは、『iSkysoft iPhone データ復元 for Windows』を使ってiCloudからバックアップをダウンロードしましょう。

…そうなんです、公式にはダウンロードすることが出来ないiCloudのバックアップですが、『iSkysoft iPhone データ復元 for Windows』というサポートソフトを使えば、ダウンロードすることが可能なんです!これってすごくないですか?

#2. 必要なデータだけを選んで復元出来る!

通常、iCloudに作成したバックアップを使うと、デバイス内の全てのデータがバックアップ作成時の状態に復元されます。でもこれだと、少し不便に感じる方もいるでしょう。一部のデータだけを元に戻したいのに、例えば連絡先などの他のデータまで元に戻ってしまうと不便なケースもきっと多くあると思います。でも、『iSkysoft iPhone データ復元 for Windows』があれば、必要なデータだけを復元して、それ以外のデータは現状維持することが出来るので、本当に便利です。

iCloudからバックアップをダウンロード出来るだけでも便利なのに、その他の要素も兼ね備えている、本当に便利な『iSkysoft iPhone データ復元 for Windows』。まずは無料体験版から試してみてはいかがですか?

Windows用 iCloud ダウンロード
Back to top