0x80073712エラーでWindows updateが失敗した!!
  • Windows updateが失敗した時にエラー0x80073712が発生しました!
    「Recoverit」があれば、Windows updateが失敗した時に消えたデータを復元できます。

    とりあえず、無料ダウンロードしてみましょう!

0x80073712エラーでWindows updateに失敗するときの原因と対策

> How to > Recoevritでデータ復元 > 0x80073712エラーでWindows updateに失敗するときの原因と対策

• Filed to: Recoevritでデータ復元 • Proven solutions

Windows updateを実行してWindowsを更新しようとしたら0x80073712エラーが発生して失敗してしまうという事例はしばしばあります。しかし、どのような原因なのかがわからずに困っている人もいるでしょう。

この記事では0x80073712エラーが発生してしまう原因について解説をします。更新失敗に付随する問題の対処法も含めて解決策も紹介するので参考にして下さい。また、Windows updateが失敗した時に消えたデータの復元も説明するので参考にして下さい。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  簡単3ステップだけで復元可能



パート1 Windows updateが失敗した時にエラー0x80073712が発生する原因

Windows updateが0x80073712エラーによって失敗してしまう原因は多岐にわたっています。

0x80073712は一般的なエラーに分類されるもので、様々な要因によって実行できなかったときに表示されるのが特徴だからです。ただ、よくあるのはハードディスクの容量不足やコンポーネントファイルの破損、システムの不具合や外部ハードウェアからの干渉といったものです。



パート2 対処法:Windows updateで出てくるエラーコード「0x80073712」

0x80073712エラーによってWindowsをアップデートできなかったときにはどのような対処が可能なのでしょうか。以下に具体的な手順を含めて解決につながると期待できる対処法を紹介します。

方法1 再起動してアップデートを再実行する

最も当たり障りがない方法として挙げられるのがWindows updateの再実行です。システムの不具合が原因のときには再起動してから実行するだけで解決することがよくあります。

・ Windowsをシャットダウンして電源を入れるか、再起動をします。
・ Windows Updateを起動してアップデートを適用します。

方法2 外部機器を一通り外して実行する

USBなどで接続している外部機器があるときには外してみるのも大切です。干渉があるためにうまく実行できていないことがあるからです。

・ 接続されている機器のうちでWindowsを動かすのに必要なもの以外を取り外します。
・ パソコンを再起動してWindows updateを実行します。

方法3 ハードディスクの容量を確保する

ハードディスクの容量が不足していてエラーが発生した場合には容量を確保するのが解決策です。

・ ハードディスクの容量を「PC」の「デバイスとドライバ」を見て確認します。
・ 容量がほとんど残っていない場合には不要なファイルを削除します。
・ 削除できるファイルがない場合には外付けハードディスクなどを購入してデータを移動します。
・ Windows updateを実行します。

方法4 コンポーネントファイルを元に戻す

コンポーネントファイルが破損してしまっているのが原因でエラーになっている場合には修復を試みましょう。

・ スタートメニューからコマンドプロンプトを選び、右クリックして出てきたメニューから「管理者として実行」を選びます。
・ 「sfc/scannow」と入力してエンターキーを押します。
・ 修復プログラムが実行されます。
・ 念のため再起動をしてからWindows updateを実行します。



パート3 ヒント:Windows updateが失敗した時に消えたデータの復元

0x80073712エラーが起こってしまったときにはデータが消えてしまうことがあります。Windows updateが半端に進行した状況では不具合が生じることはしばしばあるのです。また、ハードディスクの整理をしているときにファイルをうっかり消してしまうこともあるかもしれません。このときにはデータの復元をしたいと思うでしょう。データが消えてしまったときには 「Recoverit(リカバリット)」を使って復元するのが簡単です。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  簡単3ステップだけで復元可能

Recoveritは汎用性があってデータがなくなってしまったときにはいつでも使用することができます。必要なファイルだけを選んで復元できるので、ハードディスクの容量を確保するために消したファイルがまとめて元に戻ってしまって苦労することもありません。スキャンや検索の機能も優れているので無くなったデータを復活させるのにうってつけのソフトです。

ステップ1 Windows updateが失敗した時に消えたデータの保存先を選択します。

まずは、「Recoverit」をダウンロードして、メーンメニューからWindows updateが失敗した時に消えたデータの保存先を選択します。「開始」をクリックしたら、選択した場所をスキャンし始めます。

Windows updateが失敗した時に消えたデータの保存先を選択

ステップ2 Windows updateが失敗した時に消えたデータを選択します。

スキャンが完了できましたら、復元したいデータを選択して、復元ボタンをクリックします。

Windows updateが失敗した時に消えたデータを選択

ステップ3 Windows updateが失敗した時に消えたデータを復旧します。

保存するためパスを選択して、「復元」ボタンをクリックしたら、データを復元し始めます。

Windows updateが失敗した時に消えたデータを復旧

まとめ: Windows update アップデートのヒント

0x80073712エラーはWindows updateを使ってアップデートしようとしたときによく起こっています。アップデートに失敗したときにデータが失われてしまったときにも諦める必要はありません。データ復元ソフトの「Recoverit – パソコン復元専門ソフト」を使って元通りにしましょう。エラーが発生して更新に失敗したときにはデータが消えるリスクがあるので、いつでも使えるようにしておくのがおすすすめです。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  簡単3ステップだけで復元可能
-->