Windows 10でUSBメモリが認識されないときにやること

> How to > USB復元 > Windows 10でUSBメモリが認識されないときにやること

• Filed to: USB復元 • Proven solutions

Windows 10をインストールしているパソコンにUSBメモリを差し込んだとき、まったく認識されないことがあります。USBメモリが新品でデータが入っていなかったとしても、デバイスとして表示されるはずですので、認識されない状況は異常だと言えます。ここでは、そのようなトラブルが起こる原因と対処方法をご紹介していきますので、使えずに困っているのならぜひ参考にしてみてください。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  3ステップだけで復元可能



パート1 Windows 10でUSBメモリが認識されない原因

Windows 10でUSBが認識されない原因はさまざまあります。パソコンのUSB端子や内部のマザーボードなどのパーツが壊れていることが原因の場合もありますし、Windows 10のシステムが破損していることによって認識しない場合もあります。また、USBメモリ自体に問題がある場合もうまく認識されない状態を引き起こします。

そして、いくつもの原因が絡み合って利用できなくなっている場合もあるため、直したいときはいろいろと試してみるしかありません。使えないからといって捨ててしまうのはもったいないですから、いくつかある対処方法にチャレンジしてみましょう。



パート2 Windows10でUSBメモリが認識されないときの対処方法

こちらではWindows 10でUSBメモリが認識されないとき、試してみると良い対処方法をいくつか紹介します。何が原因なのか判断するのは素人では難しいため、認識させたいのなら対処方法をすべて試すつもりでやってみましょう。

方法1 パソコンのUSB端子が壊れている場合

・USBを安全に取り外す
・パソコンの前面や背面などあらゆるところのUSBに差し込み認識しないか試す
・USBハブを使っているときは外して、直接パソコンに取り付けてみる

方法2 USBメモリ自体が壊れている場合

・他のパソコンに繋いで動作チェック
・他の端末をいくつか試し、すべて認識しないときは壊れている可能性が高い
・解決方法は業者に修理を依頼するか買い換える

方法3 パソコンの不調を直す

・スリープや休止ではなくパソコンの再起動を行う
・それでも認識しないなら電源を切り、コンセントを抜く
・10分程度放置したあとコンセントを入れ電源をON、USBメモリを差し込む

方法4 ドライバの不具合を修正する

・デバイスマネージャーを開き、USBメモリ関連の項目を見つける
・右クリックで表れるメニューから「デバイスのアンインストール」を選択
・削除が終わったら再起動し、ドライバが再インストールされるのを待つ

方法5 Windows 10を再インストール

・所有するパソコンのマニュアルをチェック
・記載されている手順で再インストール
・完全な再インストールはデータが消えることがあるのでバックアップを取っておく



パート3 Windows10でUSBデバイスが接続されません時のデータ復元

USBメモリがパソコンで認識されているのに保存したはずのデータが表示されない場合、データ自体が破損している可能性があります。Windows 10用の復元ソフトを使えば、なくなったデータを取り戻せるかもしれないので試してみましょう。その際に活用できるのが、ワンダーシェアーが販売する「Recoverit(リカバリット)」という復元ソフトです。復元ソフトはパソコン内のハードディスクにしか対応していないと思われるかもしれませんが、Recoveritは外付けメディアにもきちんと対応しています。操作もとても簡単ですので、安心して使えます。

なお、Recoveritは無料版からUltimate Plusまで、多くのバージョンが用意されています。最上級のバージョンになると破損したビデオも修復できるようになりますから、USBメモリに保存していた動画が壊れて見られない場合も活躍してくれます。それぞれのバージョンで利用できる機能は異なるため、違いを比較した上でベストなものを選択しましょう。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  3ステップだけで復元可能

ステップ1 Windows10でUSBデバイスのなくなったデータの元の保存場所をスキャンします。

「Recoverit」をダウンロードして、Windows10でUSBデバイスのなくなったデータの元の保存場所を選択します。「開始」をクリックして、選択した場所のスキャンが始まります。

Windows10でUSBデバイスのなくなったデータの元の保存場所をスキャン

ステップ2 Windows10でUSBデバイスのなくなったデータを選択します。

スキャンが完了できましたら、USBデバイスのなくなったデータを選択して、復元ボタンをクリックします。

USBデバイスのなくなったデータを選択

ステップ3 Windows10でUSBデバイスのなくなったデータを復元します。

保存先を選択して、また「復元」ボタンをクリックし、USBデバイスのなくなったデータの復元が開始します。
「正常に復元しました」画面が表示され、USBデバイスのデータの復元が完了できます。

Windows10でUSBデバイスのなくなったデータを復元

簡単な3つのステップだけでWindows10でUSBデバイスのなくなったデータを復元できます。 USBデバイスのデータがなくなったことを困った時に、試してみてください!

まとめ: 対処方法は簡単なので試してみよう

いくつかの対処方法をご紹介しましたが、それほど難しい手順ではないのでパソコンの初心者の方でも試せるでしょう。もしも、データが破損していたときは「Recoverit – 強力なWindowsのデータ復元ソフト」を使えば簡単に取り戻せます。なお、USBメモリが故障していた場合は修理業者に頼むことで使えるようになる可能性があります。少々費用がかかってしまいますが、中身のデータが大事なら業者に依頼することも考えましょう。

安全100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし  3ステップだけで復元可能
-->