Windows 10でゴミ箱を空にするには?
  • Windows 10でゴミ箱を空にする方法には?ゴミ箱の削除したファイルを復元する方法?
    「Recoverit」があれば、簡単にWindows 10でゴミ箱の完全に削除されたファイルを復元できます。

    とりあえず、ダウンロードしてみましょう!
> How to > Windowsデータ復元 > Windows10でゴミ箱を空にする方法|ゴミ箱から削除したファイルを復元する方法

Nov 14,2020 • Filed to: Windowsデータ復元 • Proven solutions

Windows10でゴミ箱を空にする方法|ゴミ箱から削除したファイルを復元する方法

大切なデータを誤って削除してしまった時は心臓が止まる程焦ってしまいますよね。誤って「ゴミ箱を空にする」を押してしまったりしてデータがパソコンから完全に削除されてしまった時は、プロに頼むしか方法がありませんでした。

でもプロに頼むとかなり費用がかかってしまいます。そこでここでは誤って削除してしまったファイルを自力で復元する方法について説明します。そのうち、Windows 10でおすすめのソフト「Recoverit - 強力なごみ箱復元ソフト」は今無料体験版があるので、ぜひ試してみてください!




パート1 「Windows 10」ゴミ箱を空にするには?


Windows 10シリーズのOSを使用しているパソコンでは、ファイルを削除した場合、削除されたファイルは一旦「ゴミ箱」に保管されます。削除されたファイルがゴミ箱内に溜まってくると、データが重くなりパソコンの稼働が悪くなります。

そこで、定期的に「ゴミ箱を空にする」という処理を手動で行うことが必要です。

ゴミ箱を空にするには以下の手順で操作を行います。

・ デスクトップ上の「ゴミ箱」のアイコンにマウスオンした状態で右クリックします。
・ 表示されたウィンドウの中から「ゴミ箱を空にする」を選択します。

これだけの作業でゴミ箱を空にすることができます。



パート2 「Windows 10」ゴミ箱から削除したファイルを復元する方法


家庭で出たゴミの場合も、誤って捨ててしまった書類はゴミ箱をひっくり返して探せば見つかることがありますよね?パソコンの場合も同じです。削除したファイルも一旦ゴミ箱にストックされるため、ゴミ箱の中を探せば削除してしまったファイルを見つけて復元することが可能です。

削除してしまったファイルをゴミ箱から復元する方法を、OSがWindows 10 10と仮定して紹介していきます。

一つ目は復元したいファイルを個別に指定する方法です。

・ デスクトップのゴミ箱のアイコンをダブルクリック
・ ゴミ箱のウィンドウが開き、現在ゴミ箱に入っているファイルの一覧が表示される
・ 復元したいファイルにマウスオンし、右クリック
・ 「元に戻す」を選択

これで誤って削除してしまったファイルは、元々保存されていた場所に復元されているはずです。


次に、ゴミ箱の中のデータを一括で復元する方法について説明します。

ファイル名がよく分からない場合や、フォルダの中のデータをまとめて消去してしまって全てのファイルを把握できていない場合はどは、こちらの方法が有効です。

・ デスクトップのゴミ箱のアイコンをダブルクリック
・ ゴミ箱のウィンドウが表示されたら「ファイル」のタブを開く
・ メニューバーの中の「すべての項目を元に戻す」をクリック

この方法でゴミ箱内の全てのデータが削除前の保存場所に戻ります。


二つともとても簡単な操作ですが、例えば「ゴミ箱の容量よりも大きい容量のデータを削除した」「ネットワーク上に保存されているデータを削除した」といった場合は、ゴミ箱に保存されることなくパソコンから完全に削除されてしまうため注意が必要です。



パート3 「Windows 10」ゴミ箱から完全に削除したファイルを復元する方法


「ゴミ箱を空にする」などでパソコンから完全に削除されたファイルについては素人が完全に削除するのは難しいでしょう。方法が無い訳ではないですが、操作も複雑ですし、色々な条件が揃っていなければお手上げです。諦めてプロにお願いするしかないのでしょうか?

その前にぜひ試していただきたい方法があります。それは「Recoverit(リカバリット)」というファイル復元ソフトを使ってファイルを復元する方法です。Recoveritは無料でダウンロードすることができ、パソコンにインストールすればすぐに使うことができます。



また非常にシンプルな画面設計なので、初心者でも使い方を視覚的に認識できます。パソコンだけでなくUSBなどの外付けハードディスクに保存したファイルや、クラッシュしたファイルでも復元できる優れものです。

以下は「Recoverit」を利用して、Windows 10でゴミ箱から完全に削除したファイルを復元する手順です。

ステップ1 Windows 10でゴミ箱のファイルをスキャンします。

「場所」から「ごみ箱」を選択して、「開始」をクリックして、選択した場所をスキャンし始めます。

Windows 10でゴミ箱のファイルをスキャン

ステップ2 スキャンしたゴミ箱に完全に削除されたファイルを選択します。

スキャンが完了できましたら、スキャンしたゴミ箱に完全に削除されたファイルを選択して、復元ボタンをクリックします。

スキャンしたゴミ箱に完全に削除されたファイルを選択

ステップ3 Windows 10でゴミ箱から完全に削除したファイルを復元します。

保存するためパスを選択して、また「復元」ボタンをクリックし、ファイルの復元が開始します。
「正常に復元しました」画面が表示され、復元が完了できます。

Windows 10でゴミ箱から完全に削除したファイルを復元

Windows 10でゴミ箱から完全に削除されたファイルもRecoveritなら復元可能!


大切なデータを誤って消去してしまったらとても焦りますよね。うっかり「ゴミ箱を空にする」をクリックしてしまったりしてファイルがパソコンから完全に削除されてしまった場合、削除されたファイルを復元するのは素人には難しいとされていました。

でも、「Recoverit - 安全なゴミ箱ファイル復元ソフト」をパソコンにインストールするだけで、誰でも簡単にファイルの復元が可能になります。プロに復元を依頼する前にぜひ一度Recoveritを試してみることをお勧めします。



All Topics

Top