> How to > ファイル復元 > MACのゴミ箱の削除したファイルを戻したい?簡単に復元できるよ!

Jul 27,2020 • Filed to: ファイル復元 • Proven solutions

MACのゴミ箱にうっかり必要なファイルを移動させてしまった。という経験がある人は珍しくないでしょう。この時点ならまだファイルを元に戻せます。しかし、「ゴミ箱から削除してしまった」となると復旧はもう無理と思ってしまう人もいるでしょう。

「MACを使っていて、ゴミ箱に必要な書類をいれてしまった」このような失敗は、決して珍しくありません。MACのゴミ箱は半透明なアイコンなのでちょっと見にくいですし、家で仕事をしているなら子供がいたずらしてファイルをドラッグしてしまうこともあるでしょう。そして、気づかないままゴミ箱を空にしてしまうと「大切なファイルが見当たらない」と慌てることになります。

しかし、専用のソフトを使えばゴミ箱からデータ削除してしまったファイルも復旧できます。MACのゴミ箱は内容を削除しても復元する方法がいくつもあるので安心してください。次の項からそれを解説していきます。


Part1:Time Machineを利用してデータを復元する

Time Machineは、MACに備わっているバックアップ機能です。外付けのストレージデバイスを用意し、この機能をオンにしていれば自動的にバックアップを作成してくれます。Time Machineを利用している場合は、それを使って古いファイルを復元することで消してしまったデータを元に戻すことが可能です。手順はAppleの公式サイトでも公開されています。ただし、Time Machineの機能をオフにしていた場合や、バックアップがまだ作成されていない場合、さらに、ゴミ箱からデータを削除した後にバックアップが作成された場合は復元ができません。


Part2:ゴミ箱からデータを復元できるソフト

現在は、削除してしまったゴミ箱内のデータを復元するフリーソフトがたくさん公開されています。その中でも一押しが、「 EaseUs Recuva Recoverit」です。 EaseUs Recuva Recoveritはフリーソフトの中では歴史が長く、比較的高速でデータを復旧させることができます。有料版もありますが、2GBまでならば無料でデータを復旧させることができるので、削除してしまったのがテキストファイル程度ならば、無料版でも十分です。また、 EaseUs Recuva Recoveritはゴミ箱から削除したデータ復元だけでなく、パソコンがクラッシュしたりウィルスに感染したりした場合でも、壊れたデータを復元することができます。


Part3:Recoveritを使ってデータを復旧する手順

step1:ソフトをダウンロードする

Recoveritはとても軽いソフトなので、数秒あればダウンロードが完了します。

step2:ソフトを立ち上げて復元したいストレージを選ぶ

ソフトを立ち上げ

step3:場所を指定したと全てのストレージをスキャンして、復元可能なファイルを示す

スキャン

step4:スキャンが終わり、復元可能なファイルが表示されたら、復元したいファイルを選択して復元を押す。そうすれば、削除してしまったファイルを復元ことができます。

復元


Recoveritを使えば、初心者でも簡単にゴミ箱から削除してしまったファイルを復元することができます。また、このソフトはフォーマットデータやパーティーションの復元も可能です。大切なファイルをうっかり削除してしまった時に備えて、ソフトをダウンロードしておくのもおすすめです。サイズも数メガなのでパソコンの容量を圧迫することもありません。


0 Comment(s)

関連トッピクス

All Topics

Top