簡単でMacのゴミ箱から削除したファイルを復元する方法を紹介

• Filed to: Macデータ復元 • Proven solutions

Macでゴミ箱から削除されたデータを復元したいことって結構あるでしょう。

一般的に、Macで作業をしますとき、作業完了しましたら、ファイルをゴミ箱に入れます。しかしながら、削除したファイルをもう一度使いたいですが、ゴミ箱で見つけられませんでした。そうなると、後悔します。また、実は必要なファイルですが、間違ってゴミ箱に捨てて、うっかり忘れて、ゴミ箱を完全削除してしまったケースは少なくはありません。

私もこのような経験があります。先日、SDカードの中に消したはずのデジカメのファームウェアのアップデートファイルが残っていた為、「完全に消去」したところ、なぜかその日撮ってきた写真が全て消えてしまいました。大切な写真ではなかったものの、復元できるなら取り戻したいと思いました。

何か復元できるソフトがあるかと思って検索したところMacのゴミ箱復元ソフト「Recoverit」(リカバリット)というソフトが見つかりました。ほとんどすべてのファイルシステムから、削除されたマルチメディア系のファイルを検索して復元してくれます。
このソフトは無料体験できます。Macのゴミ箱から削除したデータを元に戻したい方はぜひお試してください。

100%安全・安心 | マルウェアなし | 3ステップだけで復元可能


Part1:注意すべきこと

これ以上作業をしないでください

自分が間違ってゴミ箱を空にしてしまっても、そのファイルをパソコンから完全に消えません。つまり、Windowsが削除したファイルを隠すと処理します。だが、これ以上作業しますと、ファイルをデータが上書きされます。ファイルを元に戻しません。

データ復元の専門ソフトに依頼します

通常、ファイルがなくなったら、まず思い出すのは自分で復元します。様々な方法で復元を試みるかもしれません。だが、あれこれしているうちにデータを完全に消してしまったというケースも少なくありません。だから、自信がない場合は無理せず専門ソフトに依頼することをおすすめします。

ゴミ箱を削除してから時間が経過するとデータが上書きされて消えてしまうことがあるため、早めに対処するようにしましょう。特に重要なファイルが削除しましたとき、迷わないで専門の復元ソフトを使ってください。復元ソフトを利用しても場合によっては100%に復元することとは言えません。ただ、復元の可能性を高めます。「Recoverit」(リカバリット)というソフトはおすすめです。

100%安全・安心 | マルウェアなし | 3ステップだけで復元可能

Part2:Macのゴミ箱からデータを復元する方法

Step1. ソフトを起動します。そして「ごみ箱」を選択して「開始」をクリックします。

ソフトを起動する

Step2. Macのゴミ箱から削除されたファイルをスキャンし、スキャンは完了しましたら、「了解」をクリックします。

ゴミ箱から削除されたファイルをスキャンする

Step3. Macのゴミ箱を復元します。

しばらくするとスキャンが完了します。スキャンされたファイルはプレビューで確認することができます。
間違ってゴミ箱から削除された写真などを見つけ、チェックをつけて、保存場所を指定し、「保存」を選択して、ファイルの復元が開始します。

Macでゴミ箱を復元する

復元が完了しましたとき、このようなウィンドウが表示されます。

復元が完了する

このように、Macのゴミ箱からファイルを復元することが完成しました!非常に簡単ですようね。
誤操作で、Macのゴミ箱を空にしてしまったら、この方法でファイルを元に戻すことをおすすめします。
もし、データがなくなったことでお困りましたら、この「Recoverit」(リカバリット)ソフトを是非試してみてください。

100%安全・安心 | マルウェアなし | 3ステップだけで復元可能

関連トッピクス


> How to > Macデータ復元 > 簡単でMacのゴミ箱から削除したファイルを復元する方法を紹介