Macのディスクユーティリティでストレージデバイスを消去できない?!その対処法
Macのディスクユーティリティでデータを消去するには
  • Macのディスクユーティリティで誤ってデータを消去しました?
    「Recoverit」(リカバリット)があれば、簡単な手順でMacの消去されたデータを復元できます。

    とりあえず、ダウンロードしてみましょう!
> How to > Macデータ復元 > Macのディスクユーティリティでストレージデバイスを消去できない?!その対処法

Nov 14,2020 • Filed to: Macデータ復元 • Proven solutions

Macのディスクユーティリティでストレージデバイスを消去できない?!その対処法

パソコンを使っていると、まれに、ストレージのデータが壊れてしまい、修復しなくてはならなくなります。そんな時には、Macのディスクユーティリティを利用することで、ストレージの最適化や修復が可能です。

この記事では、Macのディスクユーティリティーやその他の、ストレージ修復ソフトについて紹介するので参考にしてください。

もしMacのディスクユーティリティで誤ってストレージデバイスを消去した時に、「Recoverit - 強力なMacデータ復元ソフト」の無料体験版をインストールするによって、Macから消去されたデータも復元できます。




パート1 Macのディスクユーティリティとは


Macのディスクユーティリティは、Apple社がMacに標準搭載しているディスクメンテナンスソフトウェアです。

このソフトでは、物理ストレージデバイス上のボリュームをフォーマットしたり管理したりできます。ディスクイメージの作成も可能で、ファイルをコンピュータへ移動したり、作業をバックアップやアーカイブすることが可能です。

複数のハードディスクを組み合わせて1つのディスクとして動作するRAIDのセットが可能です。RAIDセットを利用して複数のハードディスクを使用した場合、選択したセットの種類に応じて、システム・ストレージ・データのパフォーマンスや信頼性を向上させたり、ストレージ容量を増やしたりすることが可能です。

その他、ディスクやボリューム単位でチェックをしてエラーを修復できます。

Macのディスクユーティリティは、「Apple File System(APFS)」や、MS-DOS(FAT)やExFATなどのWidowsと互換性があるファイルシステムにも対応しています。



パート2 Macのディスクユーティリティでストレージデバイスを消去する方法


1 保存したいファイルが存在する場合は、そのファイルを別のストレージデバイスにコピーします。

2 Macの「ディスクユーティリティ」アプリケションを開きます。ディスクユーティリティは、Launchpadを開くことで、その他フォルダの中にあります。

3 「表示」をクリックし、「全てのデバイスを表示」を選択します。

4 サイドバーで、消去したいストレージデバイスを選択後、「消去ボタン」をクリックします。

5 「方式」ポップアップメニューをクリックして「GUIDパーティションマップ」をクリックします。

6 「フォーマット」メニューをクリックして、ファイル・システム・フォーマットを選びます。

7 新しいボリューム名を入力します。

8 「セキュリティオプション」がクリックできる状態の場合は、クリックをして、スライダーにより消去したデータを上書きする回数を選択して「OK」をクリックします。

9 「消去」を選択してから「完了」をクリックします。



パート3 対処法:Macのディスクユーティリティでストレージデバイスを消去できない

ディスクユーティリティでストレージデバイスを消去できないことがあります。その一例をいかに列記します。

・ 起動ディスクを消去しようとしている

起動ディスクの消去はできません。起動ディスクを消去して再インストールする場合は、「MacOSユーティリティ」の「MacOSを再インストール」します。


・ ターミナルからコマンド入力で初期化する

ユーティリティーフォルダーにあるターミナルを選択し、開いたウインドウで、「diskutil list」というコマンドを入力すると、ストレージ一覧がリスト化されて出てきます。


・ タイムゾーンの確認をする

初期化処理時に「このOS X xxインストールアプリケーションを検証できません」と表示される場合は、Macの日時が過去の日時になっている可能性があります。その場合は、「日付と時刻」にて日付と時刻を修正します。


・ ネット環境の見直し

「2002F・2003 F・2006F」などのエラーの場合はネット環境に問題があります。異なる回線を使ってみましょう。回線が1本しかない場合は、スマートフォンのディザリング機能を使うという手段があります。



パート4 Macから消去されたデータを復元する方法


Macを使っていると、予期せぬオペレーションミスでストレージのデータを消去指定まうことがあります。しかし、ディスクユーティリティなどを使ってデータを消去したとしても、その時にはファイルアロケーションが初期化されるだけなので、じつデータは残っています。そのため、復元できる可能性があります。

特に、「Recoverit(リカバリット)」を使用すると90%以上のデータを復旧できる可能性があります。誤ってデータを消去してしまっても、諦めずに、Recoveritを使ってみましょう。



「Recoverit」の使用手順は非常に簡単です。まずは、「Recoverit」をインストールします。

ステップ1 Macの消去されたファイルをスキャンします。

Macで消えたファイルの元保存地を選択して、「開始」をクリックして、選択した場所をスキャンし始めます。

Macの消去されたファイルをスキャン

ステップ2 スキャンしたファイルを選択します。

スキャンが完了できましたら、スキャンした消去されたファイルを選択して、復元ボタンをクリックします。

スキャンしたファイルを選択

ステップ3 Macで消去されたデータを復元します。

保存するためパスを選択して、また「復元」ボタンをクリックし、ファイルの復元が開始します。
「正常に復元しました」画面が表示され、復元が完了できます。

Macで消去されたデータを復元

Macからデータの復元は「Recoverit」がおすすめ


Macのディスクユーティリティでは、簡単な操作でストレージ領域の復元や初期化ができます。しかし、誤って初期化してしまうこともあるのではないでしょうか。そんな場合には、「Recoverit - 安全なMacデータ復元ソフト」を使用するとデータの復元が可能です。しかも、90%以上のデータを復元することが可能ですので、誤ってデータを消去してしまってもあきらめずに、Recoveritを使ってみましょう。



All Topics

Top