Googleドライブに保存した動画が再生できない時の対応法

Googleドライブに保存した動画が再生できない時の対応法

> How to > ビデオ修復・復元 > Googleドライブに保存した動画が再生できない時の対応法

Nov 07,2020 • Filed to: ビデオ修復・復元 • Proven solutions

保存しておいた動画を見ようと思ってプレイヤーで再生したのに、再生できないような場合には、原因を調べることで動画が見られるようになることもあります。

手持ちのパソコンやスマートフォンだけではなく、最近ではGoogleドライブなどのサービスでも動画を保存できますが、ここでは、Googleドライブに保存しておいた動画が再生できなくなった場合の対処法について、詳しく紹介します。

この記事ではGoogleドライブに破損した動画を再生できるようになる動画修復ソフト「Recoverit」も紹介します。




パート1 Googleドライブとは


Googleドライブとは、Googleが提供している幅広い種類のデータをオンラインで保管できるサービスです。手持ちのパソコンのハードディスクに余分な容量がない場合でも、Googleドライブを利用することでデータを保管しておくことができます。

データが必要になったときには、Googleドライブのサイトにアクセスするだけで、簡単に保管してあったデータをダウンロードできます。パソコンだけでなくスマートフォンからも使用することが可能で、記憶容量の少ないスマートフォンを使用しているユーザーも利用しやすいサービスです。



パート2 Googleドライブに保存した動画を再生できない原因


Googleドライブを利用すれば、普段はあまり見ないような動画を保存しておくことができますが、保存してあった動画を見るためにGoogleドライブからダウンロードしたときに、動画を見ることができない場合もあります。このような場合に考えられる原因としては、以下のようなものがあげられます。

原因1 もともと破損していたデータをGoogleドライブに保存してしまった。

原因2 Googleドライブに動画データを保存する際に、データが正常にアップロードできなかった。

原因3 Googleドライブから動画データをダウンロードする際に、正常にデータをダウンロードできなかった。

原因4 再生しようとした動画ファイルが、再生したソフトに対応していない。

原因5 パスワードを設定して保存しておいたが、パスワードを忘れてしまった。

原因6 何らかの原因により、長期間の保存により正常であった動画データの一部が破壊されてしまった。



パート3 Googleドライブに保存した動画を再生できない場合の対処法


Googleドライブに保存しておいた動画が何らかの原因により再生できなくなってしまった場合には、以下の方法により動画を再生できるようになる場合があります。

Googleドライブに保存してあったデータが破損している場合には、破損を修復できるソフトを使用することで、動画を再生することができる。

データを転送しているときにデータが破損した場合には、アップロードした動画をパソコンなどにもバックアップしておけば、動画を再生することができる。

使用したプレイヤーが、再生したい動画に対応していない場合には、対応しているプレイヤーをかわりに使用することで、動画を再生することができる。

パスワードがわからなくて動画を再生できない場合には、パスワードを書いた紙を残しておけば、動画を再生することができる。

同じ内容の動画が市販されている場合には、あらためて購入すれば動画を見ることができる。



パート4 Googleドライブに破損した動画を再生する方法


Googleドライブに保存しておいたのに破損して見られなくなってしまった動画ファイルは、「Recoverit(リカバリット)」というソフトを使用すれば再び見ることができる場合があります。「Recoverit」は動画修復をおこなうことができる専用のソフトで、「ビデオ修復」という機能を利用すれば、再生できなくなった動画も修復することができます。



Recoveritのビデオ修復機能は、Googleドライブに保存してあった動画だけでなく、動画の編集中に破損してしまったデータなども修復することが可能です。Recoveritは幅広い種類の動画ファイル形式に対応しているソフトで、MOVやMP4のほかに、M4Vなどの動画データを修復することもできます。

これから、Recoveritを使ってGoogleドライブに破損した動画を再生できるようになる修復手順について説明します。

ステップ1 Googleドライブに破損した動画を修復する準備事項

「Recoverit」をインストールします。メイン画面が立ち上がったら、「ビデオ修復」を選択して、「開始」ボタンをクリックしましょう。

Googleドライブに破損した動画を修復する準備事項

ステップ2 再生できない動画を追加します。

「追加」ボタンまたは「ビデオを追加して修復を開始する」ボックスをクリックして、修復したい動画を選択します。

再生できない動画を追加

ステップ3 Googleドライブに破損した動画を修復します。

ソフトに再生できないMP4ファイルを追加が完了したら、「修復」ボタンをクリックしましょう。このボタンをクリックしたら、動画の修復が開始されます。

Googleドライブに破損した動画を修復

簡単な3つステップだけで破損した動画を修復できます。Googleドライブに破損した動画が再生できないことを困った時に、試してみてください!

Googleドライブにデータを保存する場合のヒント


Googleドライブにデータを保存したい場合には、万が一データが破損してしまった場合に備えて、あらかじめバックアップのデータを残しておいたほうがおすすめです。

Googleドライブのデータが破損しても、バックアップの動画を使えば、再び動画を見ることができます。データが破損した場合には「Recoverit – 強力な動画修復ソフト」のような修復ソフトを使用することもできます。



All Topics

Top