最も使われている動画再生方式のmp4が再生できない理由と修復方法
mp4が再生できない?!mp4ファイルを修復する方法
  • 最も使われている動画再生方式のmp4が再生できない理由は?修復方法は?
    「Recoverit」(リカバリット)があれば、再生できないmp4ファイルを修復できます。

    とりあえず、ダウンロードしてみましょう!
> How to > ビデオ修復・復元 > 最も使われている動画再生方式のmp4が再生できない理由と修復方法

Nov 14,2020 • Filed to: ビデオ修復・復元 • Proven solutions

最も使われている動画再生方式のmp4が再生できない理由と修復方法

そして動画を投稿するためには編集で動画方式を設定する必要があるのですが、その方式の中でもMP4はほぼすべての再生機器に対応しているので最も使われる方式です。ただ最も使われるMP4方式なのに、いざ再生をしようとすると動かないということがあります。再生できないのには明確な理由があるので、この記事ではMP4が再生できない理由と対処法を紹介します。

でも、一番なおすすめの方法は「Recoverit - 強力なMP4修復ソフト」を利用します。




パート1 MP4が再生できない原因


MP4が再生できない原因としては、大きく分けて7つあります。

#再生するプレイヤーがMP4のフォーマットに対応していない

フォーマットというのは初期化を意味する英語ですが、機器に関する用語では作業をする準備段階を意味するのです。MP4のフォーマットに対応していないというのは、再生するプレイヤーがMP4方式に変換した動画を読み取る作業が出来ていない状態にあります。


#MP4に対応するコーデックをインストールしていない

コーデックというのは、簡単に言えばデータを解析する機能のことです。動画再生というのは、動画編集でMP4に変換した情報を解析して読み取ることで再生ができます。そのため動画再生機器にコーデックがないと、MP4方式にしたデータを解析できないので再生できないです。


#再生するプレイヤーのバージョンが古い

MP4は最も使われていると言いましたが、セキュリティなどの観点からMP4の製造企業によって常に新しい形に作り変えられています。そのためおなじMP4のように見えても中身が違うので、古いバージョンの再生プレイヤーだと再生できない場合があるのです。


#Windowsのシステムに問題が起きている

再生機器にパソコンを使う場合で再生が出来ない場合、そのパソコンのWindowsといったosが問題を起こしている場合があります。


#コーデックが競合している

コーデックが原因の再生不可で、もう一つの原因が機器に複数インストールしている場合です。情報解析をして再生できるようにするということは、新旧のバージョンでは少なからず解析情報に違いがうまれます。その違いがお互いの再生を阻害しあうので、結果的にMP4が読み取れない原因になります。


#ビデオアクセラレーター機能が影響している

ビデオアクセラレーターというのは、テレビやパソコンに設定されている映像処理機能のことです。テレビやパソコンがしっかりとMP4を読み取れる形が出来ていても、映像を映し出すためのビデオアクセラレーターが異常を出していると再生がされないです。


#MP4ファイルが破損している

動画方式に切り替える際に、何らかの不具合で記録したデータが破損している場合は再生が出来ないです。




パート2 対処法:MP4が再生できない


#別のプレイヤーで再生を試す

現在使っているプレイヤーで再生が出来ないのであれば、対応しているプレイヤーで再生を試します。ウィンドウズ10では独自の再生機能「映画&テレビ」がありますが、それ以外にも無料インストールのフォトアプリやフリーソフトを利用して再生するとよいです


#コーデックをインストールする

情報を解析するコーデックが機能しないと再生できないので、現在インストールしているコーデックをアンインストールして新しい形式をインストールします。


#動画再生のトラブルシューティングツールを実行する

パソコンには問題が起きた時に対処をするための、トラブルシューティング機能が搭載されています。簡単な問題であれば、パソコンのトラブルシューティングを活用することで修正してくれます。仮に修正が出来なくても、問題点の詳細を報告してくれるので対処できます。


#不要なプレイヤー・コーデックをアンインストールする

プレイヤーやコーデックが複数インストールされていると、お互いが干渉しあって再生が出来ない状態になります。そこでコーデックやプレイヤーが複数ある場合には、必要なものだけを残してアンインストールすることで再生が可能になる場合があるのです。


#別の形式の動画ファイルにコンバートする

MP4に対応していないのであれば、動画編集ソフトを活用して別のバージョンに切り替えます。


#Windows Media Playerをアップデートする

古いバージョンでは読み取りが出来ない場合があるので、一度アップデート情報がないか確認して、情報があればインストールします。


#ビデオアクセレーター機能を無効化する

映像処理がうまくいっていない場合には、設定で無効にするとよいです。



パート3 「Recoverit」を使って、再生できないMP4動画ファイルを修復する


MP4が再生できない方法の対処法を紹介しましたが、ただ100パーセント修復できるというわけではないです。もしMP4が破損していたり、原因が多岐にわたる場合には対処法を実践しても見ることが出来ない可能性は十分にあります。

もしMP4が再生できない場合には、「Recoverit(リカバリット)」を使って、再生できないMP4動画ファイルを修復するとよいです。「Recoverit」にはビデオ修復機能があり、その中に壊れたMP4をアップロードすることで故障個所を特定し修復をしてくれます。



これから、Recoveritを使って再生できないMP4動画ファイルを再生できるようになる修復手順について説明します。

ステップ1 再生できないMP4ファイルを修復する準備事項

Recoverit をインストールします。メイン画面が立ち上がったら、「ビデオ修復」を選択して、「開始」ボタンをクリックしましょう。

再生できないMP4ファイルを修復する準備事項

ステップ2 再生できないMP4ファイルを追加します。

「追加」ボタンまたは「ビデオを追加して修復を開始する」ボックスをクリックして、修復したいMP4ファイルを選択します。

再生できないMP4ファイルを追加

ステップ3 再生できないMP4ファイルを修復します。

ソフトに再生できないMP4ファイルを追加が完了したら、「修復」ボタンをクリックしましょう。このボタンをクリックしたら、データの修復が開始されます。

再生できないMP4ファイルを修復

簡単な3つステップだけで再生できないMP4を修復できます。MP4が再生できないことを困った時に、試してみてください!

MP4が再生できないのには必ず理由がある


MP4は簡略化された圧縮方式なので、基本的にどの再生機器でも再生が可能という利点があります。ただし再生できるといっても、配信企業はセキュリティなどの観点から少なからず情報を作り変えているのです。

もし再生が出来ない時には最新バージョンにインストールし直すことが一番ですが、それでも再生が出来ないのであれば破損しているので「Recoverit – 安全なMP4修復ソフト」などのソフトを使って修復する必要があります。



All Topics

Top