Twitterに投稿した動画の画質が悪くなる原因と対処法を紹介

• Filed to: ビデオ修復・復元 • Proven solutions

限られた文字数でテキストを発信できるTwitterでは、動画のアップロードも可能です。しかし実際にTwitterに動画を投稿した人の中には、動画の画質が劣化していると感じた経験がある人がいるのではないでしょうか。せっかくなら元の動画の画質を保ったまま、Twitterに高画質で視聴しやすい動画を投稿したいですよね。

この記事ではTwitterに投稿した動画の画質が落ちてしまう原因や、高画質の状態を保ってTwitterに動画をアップロードする方法を紹介します。Twitterに投稿するために撮影した動画の処理中や編集中に動画が破損してしまった場合は、「Recoverit(リカバリット)」を利用して動画を修復する方法も紹介します。



100%安全・安心 | マルウェアなし | 3ステップだけで復元可能



パート1 Twitterで動画を投稿した後、画質が落とした原因


原因1 投稿した動画の解像度が大きすぎてTwitterのサーバーに負担がかかるため、自動的に動画のサイズを小さくされた。

原因2 動画の動きが激しく色彩が豊かであるほどビットレートが高くなりすぎ、自動的のビットレートのサイズを調整された。

原因3 電波状況や通信制限などによりTwitterを見る側の通信環境が不安定で、動画をスムーズに再生できない。

原因4 高画質で動画を再生できる設定をTwitterを見る側が設定していないため、画質が悪い状態で再生されています。



パート2 Twitterに動画を高画質でアップロードする方法


方法1 動画の解像度を720pxに編集して投稿する

①パソコンやスマホで動画のサイズをリサイズするアプリを利用して、動画の解像度を720px以下に編集します。
②解像度を720px以下に設定した動画をツイートに添付して投稿します。


方法2 動画の再生時間をTwitter上で再生できる140秒以内に短く編集して投稿する

①撮影した動画の余分な部分を、iMovieやキネマスターなどの編集機能を使用してカットします。
②再生時間が短くなった動画をツイートに添付して投稿します。


方法3 外部の動画投稿サービスのリンクをTwitterに貼る

①Twitterのツイート文にYouTubeやDropbox、Googleドライブなどにアップロードした動画の共有リンクを貼り付けます。
②解像度を720px以下に設定した動画をツイートに添付して投稿します。


方法4 ビットレートを選択できる一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラで動画を撮影する

①Twitterに投稿できる動画の最大ビットレートの、25Mbpsを超えないビットレートを選択して動画を撮影します。
②最大ビットレートを超えていない動画をTwitterのツイート文に添付して投稿します。


方法5 動きが激しくない動画を撮影する

①動きが激しい動画の方がビットレートが大きくなってしまうので、ビットレートが大きくならないように動きが激しくない動画を撮影します。
②Twitterに投稿できる最大ビットレートの25Mbpsを超えないビットレートの動画をツイート文に貼り付けて投稿します。


方法6 色の変化が少ないモノクロの動画を作成する

①動画のビットレートはモノクロよりもカラフルな方が大きくなってしまうため、モノクロ動画を作成します。
②作成したモノクロ動画をツイート文に貼り付けて投稿します。


方法7 140秒になると自動で録画が終了するTwitterアプリで動画を撮影する

①ツイート文章を作成後Twitterアプリ経由でカメラ機能を開いてビデオを撮影します。
②動画の撮影完了後、動画が添付されたツイートを投稿します。



パート3 チップ:画質が悪くなったTwitterへの動画投稿を修復する


Twitterに投稿するために撮影した動画の処理中や編集中に動画が破損してしまった場合は、「Recoverit(リカバリット)」の「ビデオ修復」という機能を使うと破損した動画を修復できます。「Recoverit」は世界160ヶ国で販売されている、データ復元ソフトです。NTFSやHFS+など、1,000種類以上のファイル形式に対応しています。



100%安全・安心 | マルウェアなし | 3ステップだけで復元可能

以下のは、「Recoverit」を使ってTwitterへの画質が悪くなった動画投稿を修復する手順について説明します。

ステップ1 画質が悪くなったTwitter動画投稿を修復する準備事項

「Recoverit」をインストールします。メイン画面が立ち上がったら、「ビデオ修復」を選択して、「開始」ボタンをクリックしましょう。

画質が悪くなったTwitter動画投稿を修復する準備事項

ステップ2 画質が悪くなったTwitter動画投稿を追加します。

「追加」ボタンまたは「ビデオを追加して修復を開始する」ボックスをクリックして、修復したい動画を選択します。

画質が悪くなったTwitter動画投稿

ステップ3 画質が悪くなったTwitter動画投稿を修復します。

画質が悪くなったTwitter動画投稿を追加が完了したら、「修復」ボタンをクリックしましょう。このボタンをクリックしたら、動画の修復が開始されます。

画質が悪くなったTwitter動画投稿を修復

簡単な3つステップだけで破損したので画質が悪くなった動画を修復できます。!!

画質が悪くなったTwitter動画投稿が再生できないことを困った時に、試してみてください。ただし「Recoverit」のバージョンの中で「ビデオ修復」機能が備わっているのは、「Recoverit Ultimate Plus」だけです。「ビデオ修復」機能を使って破損した動画を修復したい場合は、「Recoverit Ultimate Plus」を使うようにしましょう。

Twitterに高画質な動画を投稿してみましょう


今回紹介した動画の画質が悪くなる原因や高画質な動画の投稿方法を覚えておくと、Twitterでの商品やYouTube動画の宣伝作業に役立ちます。画質の悪い動画よりも、画質がよく視聴しやすい動画の方が宣伝したい商品の魅力を多く伝えられますよね。また友人と撮影した思い出の動画を高画質な状態でTwitterに投稿することもできます。

「Recoverit – 強力な動画修復ソフト」を上手く活用して、高画質な動画をTwitterに投稿しましょう。



100%安全・安心 | マルウェアなし | 3ステップだけで復元可能
> How to > ビデオ修復・復元 > Twitterに投稿した動画の画質が悪くなる原因と対処法を紹介