Windows 10は庶民の憧れの的になるでしょうか?これは多くの人が抱えている100万ドルの質問でしょう。Windows 10はもう2015年7月29日にリリースされます。多くの人がWindows 7やWindows 8.1から無料でOSをアップグレードするのを待っているでしょう。無料期間は1年です。Windows 10はアップグレードする人々に無料で提供されていますが、これらを買いたい人にとって、Home editionは119ドル、Pro editionは199ドルかかります。このWindows 10バージョンは、Windows OSの最新のシリーズとなります。このOSは究極のシステムとされているため、Microsoftは意図的にWindows 9という名前のバージョンは公表しませんでした。Windows 10はWindows 7やWindows 8.1とは様々な点で異なります。

Windows 10 VS Windows 8.1

Windows 10とWindows 8.1の間には決定的な違いがあります。新しいバージョンのWindows 10は、Windows 8.1を悩ませ、ユーザーから不人気となった原因である、たくさんの欠陥を解決しました。Windows 10とWindows 8.1のOSの違いは以下です:

start button

• 「スタート」ボタンの復活

これはWindows 8.1と比べてWindows 10の画期的な変更と考えられるべきです。Windows 8.1バージョンで「スタート」ボタン機能が廃止され、人々はうんざりしました。これはWindowsが人気をなくした理由の一つでもあるのです。Windowsはライブタイルインターフェースの導入で人々が「スタート」ボタンのことを忘れると考えていました。これにはたくさんの非難があがりました。そのため、Windowsは、最新のWindows 10 OSで「スタート」ボタンを復活させることにしたのです。

cortana

• Windows 10にCORTANAを導入

CORTANAは真新しいアプリケーションで、Windows 10に不可欠なものとなっています。このアプリはWindows 8.1には試用できません。CORTANAはMicrosoftコーポレーションのデジタルアシスタントです。CORTANAがただの音声認識ソフトウェアだと考えるのはおろかです。CORTANAは使っている人の態度や連絡先、その他の様々なパラメーターからニーズを理解し、交流するのです。

Windows 10レビュー

• Windows 10の検索機能の向上

Windows 10の検索オプションは、Windows 8.1で試用されている検索オプションからかなりアップグレードされています。この検索オプションは最初にVistaに導入され、その後、Windows 8.1ではよりより検索メカニズムとなりました。Windows 10では、検索にCORTANAが追加され、完璧な検索メカニズムとなっています。タイプする、またはWindows 10に話しかけることによって、コンピューター内やインターネットで検索できます。これはすべてのユーザーにとって興味深いものでしょう。

• 値段

もう一つの重要な点は、Windows 10とWindows 8.1の値段の違いです。Windows 8.1 Home editionは79ドルなのに対し、Windows 10は119ドルです。Windows 8.1 Pro versionは189ドルで、Windows 10 Pro versionは199ドルかかります。Windows 7やWindows 8.1からWindows 10へ無料でアップグレードできることも心にとめておきましょう。この値段は、このアドバンスバージョンであるWindows 10で、Windowsを初めて使う人が払う値段です。

spotify playlist

• 1つの画面で4つのアプリを起動できる

Windows 8.1では、どのアプリもフル画面を占領していました。Windows 10では、すべてのアプリケーションがリサイズでき、1つのウインドウになります。これは、1つの大きなデスクトップ画面に、同時にいくつかのアプリケーションを起動できるということです。このスナップアシスタント機能では、1つの画面に4つのアプリを起動させることができます。これはユーザーに、画面から画面に切り替えることなく、マルチタスクの順応性を与えてくれます。このアプリケーションは毎秒も惜しいような忙しい人にとって時間の節約にもつながります。

• Windows 10へのXBOXの統合

Windows 8.1ではXBOXアプリをダウンロードしてインストールすることが出来ました。正直、これはどこから見てもXBOXの経験ができるものではありません。この問題を解決するため、Windows 10は、XBOX LIVEとXBOX Consoleの良い機能を統合することにしました。Windows 10は独自のXBOXアプリを搭載しており、世界中のゲーマーにとって良い知らせです。XBOX LIVEの統合により、XBOX LIVEメンバーが簡単にお互いと繋がることができるようになります。Windows 8.1と比べると、大きな改善です。

上記の違いはWindows 10へ乗り移れば、Windows 8.1を乗っ取るということを指摘するには十分でしょう。

Window 10 VS Windows 7

他にも違いがありますが、これらが、2015年7月29日に世界を驚かせる最も重要なものたちです。Windows 7からWindows 10への無料アップグレードはMicrosoftコーポレーションから提供されているもう一つのオプションなので、これら2つのOSの違いについてもみていきましょう。Windows 7のユーザーは、Windows 8.1の利用者に比べて、Windows 10をより快適に感じるでしょう。

• 「スタート」オプションの違い:

Windows 10とWindows 7の「スタート」オプションの大きな違いは、主に見た目です。スタートオプションの見た目と感じは、確かに以前リリースされたバージョンのどれよりも良いです。インストールされたアプリと、電源を切るオプションは表示されますが、スタートメニューのサイズは各ユーザーの希望により変更することができます。これはWindows 7ではできなかったことでした。ライブタイルもまだありますが、もししたければ、削除することもできます。

• フルスクリーン:

Windows 7では、開いているアプリが必ずフルスクリーンを試用していました。もしいくつかのアプリが起動していれば、Alt + Tabで切り替える必要がありました。これはWindows 10ではしっかり解決されています。起動しているたくさんのアプリケーションが、タイルとなり、同じ画面に表示されます。これはアプリケーション間で切り替える時にAlt + Tabオプションを使わなくて良いことを意味しています。Windows 7と比べた、Windows 10の大きな利点でしょう。

• CORTANA効果:

Windows 10へのCORTANAの導入はユーザーにとって革新的な経験となるでしょう。コンピューター内やインターネットでファイルを検索するのに、タイプをするだけでなく、声で操ることもできます。CORTANAは、パーソナルアシスタントのように振る舞います。Windows 7のユーザーにとって、素晴らしい経験の変更になるでしょう。Windows 7では、検索を完了するのに、いくつかの単語を入力し、「Enter」を押しました。これはWindows 10では完全に変わって、拡大されました。

• Windows Storeの導入:

Windows 7では,マシンにインストールする良いアプリケーションを見つけるには、ウェブを検索する必要がありました。安全ですが、時々安全でないこともあります。ユーザーはチャンスをとる必要がありました。Windows 10では、この問題が解決され、Windows Storeを導入しました。ここでは、ダウンロードしても安全なたくさんのアプリケーションを入手できます。また、XBOX Liveサポートで好きなゲームをここで見つけることもできます。ゲームが好きな人にとって、XBOXの導入は、きわめて刺激的な体験になるでしょう。Windows 7は世界中のゲーマーにXBOX効果を提供することができませんでした。

• EDGEブラウザの導入:

今日までInternet Explorerは、Windows 7とともにありました。Internet Explorerにはその簡素さと速いロード時間で、世界中に崇拝者を持っていました。Windows 7はユーザーがFirefoxやGoogle Chromeを使用することを止めはしませんでしたが。Windows 10ではEDGEという名前のブラウザが導入されます。これは積年のInternet Explorerに代わるものです。ヒットになるか、そうでないかは、時間だけが教えてくれます。これはEDGEの重要性をIEより低くするというわけではありません。EDGEはスマートなデザインでもっと速いと考えられています。Microsoftはこれが市場で大きなヒットとなることを望んでいます。

上記で掲げたWindows 10、Windows 8.1とWindows 7の全ての違いにかかわらず、人々はWindows 10の公開を心待ちにしています。Windows 10のアップグレードのシステム要件は、Windows 8.1やWindows 7とほぼ同じです。1GHz以上の速度のプロセッサ、1 GB (32 ビット) または 2 GB (64 ビット)の RAM、16 GB空き容量のあるディスク領域、WDDM 1.0 以上のドライバーを搭載した DirectX 9以上の グラフィックスデバイスとインターネット接続のあるMicrosoftアカウントです。Windows 10がWindows 7やWindows 8.1を妨げたたくさんの欠点を解決したのは本当です。Microsoftコーポレーションは、Windows の究極のバージョンと発表され、言われているWindows 10の成功を確信しています。Windows 10の事前予約は、Windows 10が創り出す熱を見せてくれるでしょう。

Windows10、Windows8.1、Windows7用データ復元ソフト

iSkysoft 万能データ復元! for Windows

消えてしまったデータの復元はこれ一本で解決!

  • Windows10で安全かつ迅速なデータ復元
  • さまざまなファイルフォーマットの復元に対応
  • 初心者にでも分かりやすい操作UI
  • 便利なプレビュー表示機能
  • まるで人間のような復元設定

ダウンロード件数:

Back to top