2015年中盤で、すでに、3つのデジタルアシスタントが競り合っています。AppleのSiri, GoogleのGoogle NowそしてMicrosoftのCortanaは、全て優れていると主張しています。ここでこれら3つのデジタルアシスタントの詳細をご紹介します。

iOS 9のSiri

昨年まで、Siriは隅に隠れ、ほぼ使用されなかったiOSのアプリでした。Appleのエンジニアはこれに気づき、iOS 9でSiriのイメージを引き上げるため、多大な努力をしました。ただ無駄に座っているだけでなく、新しいSiriは事前のアシスタンスを提供することに積極的です。例えば、Siriはあなたの傾向に適応したり、ニーズや習慣に応じてスマートホームを再編成したりします。これは他の2つの競争者よりもかなり抜きんでています;彼らはまだこれを達成していないのです。

更にSiriはアプリから重要な情報を取り出し、情報から最終的な決定を下します。例えば、もし、300カロリーを消費したいという目的で自転車に乗っていた場合、Siriに最後まで運動を監視するよう頼むことができます。フィットネス運動をする人は気に入るでしょう。また、新しいSiriは、CortanaやGoogle Nowの基本機能と同等になりました。アプリで再生できるビデオを探したり、特定の曲を開始したり、ロケーションや時間を記したリマインダーを使ったり、電話番号から連絡先を見分けたりできます。

siri of ios 

アプリのデータに入力するだけで、Siriは個性化された言語で正確な提案をするようになりました。「Tiffanyのレストランに行く時間です」ではなく「お気に入りのレストランに行く時間です」と言うようになったのです。Siriの他のアプリにおけるコントロールは、非常に増加し、iPhoneを使用するユーザーにとって更に便利になりました。ジムに行く時、もう元気の出るミックスを集める手間をかける必要がなくなったのです;新しいiOS 9のSiriがすべてやっておいてくれています。iOSはSiriでターゲットのアプリが自動的に起動するように調整しました。

Siriは、個人情報を集めるのにそこまで出しゃばったり攻撃的になったりせずに、あなたが様々な目的を達成するのを都合良く手伝います。

Google Now

Google Nowはもっと単純なアプローチをとりますが、些細な物事が一番大切だということを示します。iOS 9のSiriはアプリからデータを収集するのに対し、Google Nowはいつ次のバスが発車しますか?ガス料金の支払日はいつですか?どこに車を止めましたか?といったような毎日の単純でかつ最も大切な質問の答えを提供します。

大切なモジュール情報が含まれている個々のカードの組み合わせを使うGoogle Nowは、簡単なタスク指向のインターフェースです。このインターフェースは、使い終わったカードを忘れさせるということができます。SiriのようにGoogle Nowは、頻繁に行く休暇先でレンタカーが必要な状況などで内蔵のアプリを適用することもできます。オンライン調査によると、多くの人がGoogleの情報をカードで整理する方法に好奇心を持っています。

google now 

しかしGoogle Nowの検索定義は、Siriより性格ではありません。Google Nowに1992年の最も有名な曲を再生するように頼むと、選択するリストを表示しますが、Siriの場合、単一の答えを表示します。Now on TapはGoogle Nowの機能で、画面の項目についての質問に答えるものです。これは追加の説明なしで行われます。

マイナス点はGoogleがアプリから多すぎる個人情報を回収していることです。最近、個人情報の大規模な盗難がGoogle Nowのプライバシーに疑問を抱かせています。AppleはユーザーのApple IDを使用してユーザーの情報を検索することはしていないと宣言しました。Google NowとiOS 9のSiriとの主要な違いはインターフェースです。

Cortana

最近Nokiaを買収し、Microsoftは巨大なスマートデバイス市場で大きな跳躍をみせています。すでに確かなOSでMicrosoftはCortanaを開発しました;かなり良いデジタルアシスタントです。プラットフォームは初期の段階で、まだ満足いく証拠はだせていません。しかしMicrosoftはこの製品について楽観的で、Cortanaの多用途性の自慢もしています。統合されたOS、Windows 10で、Cortanaは携帯、ノートパソコン、タブレット、デスクトップ、埋め込まれたデバイスそして大きなサイズのスクリーンを統合します。また、Microsoftの今度の新製品、Edgeブラウザも含める予定です。これを踏まえてAppleやGoogleも将来のデザインにこのような多様性を含めることができるでしょう。CortanaはiOSとAndroid版もできました。

cortana 

CortanaはMicrosoftがもつアプリのひとつです;アプリのギャップは目立つもので、それがAppleとGoogleに勝てない理由です。しかし結論に飛びつく前に、CortanaがXbox Oneでどのような達成をみてからでも良いかもでしょう。技術に詳しい人であれば、なぜGoogleがNestを買収したのかと疑問に思ったかもしれません。しかし今では精巧なプランが明らかになってきています。Cortanaは大きなチャンスを逃したのです。

GoogleとAppleにハードウェアと広大さで劣っているMicrosoftは、それほど高度なものではありません。Microsoftは別のOSを装備しています。Cortanaは新しいかもしれませんが、すでに、保証するファンが大勢います。新鮮さや複数のガジェットを使用する際の利便性によるものかもしれません。

多くの人が暮らしている忙しい生活では、次のアポイントメントがいつ、どこで行われるのか、どこに車を停めたのか、そしてどのようにしたら健康的な生活を送ることができるのかなどを知らせてくれるデジタルアシスタントがほぼ満場一致で期待されています。

1年ほど、これら3つのデジタルアシスタント間での競争は、投げかけられた質問にどれほど正確に答えられるかということでした。これは現在では劇的に変化しており、競争はどれほど、シーンで上手く機能するかに映りました。詳細は悪です。Siri、Google NowそれともCortanaは指示なしでどれほど上手くあなたのデジタル生活を管理するでしょうか?3つのデジタルアシスタントをそれぞれ説明してきて、今度はあなたにとって一番良いものをあなたが選択する番です。どれもが似ていますが、平等のスタンスで、他のものに敬意を示します。iOS 9のSiriはリードをとってきて、これからも新しい機能を導入し続けます。Google NowとCortanaがどう追いつくか、観察しましょう。

iSkysoft 万能データ復元! for Windows

iSkysoft 万能データ復元! for Windows

Windows10Pro、Windows10Enterprise、Windows10 Educationに対応

  • Windows10で安全かつ迅速なデータ復元
  • さまざまなファイルフォーマットの復元に対応
  • 初心者にでも分かりやすい操作UI
  • 便利なプレビュー表示機能
  • まるで人間のような復元設定
Back to top