Windowsファンはマイクロソフトから公表されたオペレーティングシステムを経験できるWindows10ISOテクニカルプレビューをダウンロード又はインストールしています。もしあなたもそのファンの一人であるのなら、マイクロソフトがWindows10ユーザーにOfficeをアンインストールするよう伝えている事実について知らなければなりません。でもどうしてでしょうか?

Windows10でOfficeの次のチャプターを見てください

主にセキュリティの理由からマイクロソフトはユーザーに同じことをするように薦めています。セキュリティパッチをアンインストールする前の詳細を知らなければなりません。最近、マイクロソフトの技術部門部長であるGabe AulがWindows10のユーザーに忠告をしました。

彼はこうツィートしました。「私達はセキュリティアップデートが今日公表されたが、もしOfficeがインストールされていたのならば、インストーラーがビルド9879で失敗します。むしろ新しい解決策を始めるよりもむしろ(過程において数日間失う)そうであると正式に発表する予定です。回避策は困難です:Officeをアンインストールし、hotfix(修正プログラム)をインストールし、再度Officeをインストールします。申し訳ございません。一生懸命に解決するよう努めています。」と新しいコンテキストのセキュリティサービスの副社長である Andrew Stormsは説明し、「プレビューユーザーのほとんどは一般的に進んで削除しようとしシステムを再度構築します。」テクニカルプレビューをダウンロードしインストールしたユーザーはただ単に体験版の経験者で、オペレーティングシステムソフトのオリジナル版を使用しないというこのようなタイプの不便さは予期されうることです。しかしながら、マイクロソフト社はこの種の問題はWindows10のオリジナルバージョンで取り除かれるものだと主張しています。

Windows10のOffice 

ニュースによれば、マイクロソフトWindows10のユーザーは今月のパッチのアップデートをインストールするためにOfficeをアンインストールする必要があるでしょう。一度テクニカルプレビューで提供しているマイクロソフトのセキュリティパッチが適用され、ユーザーはWindows10でシステムにあるWindowsOfficeを再インストールすることができます。

Gabe Aulが以前ツイッターでユーザーに対してこのような解決策の代わりに、マイクロソフトはもっと解決に取り組むことやダウンロードの新しいプレビューを供給できたはずです。しかしながら、彼は「むしろ新しい解決策を始めるよりもむしろ(過程において数日間失う)そうであると正式に発表する予定です。」と理由を述べました。

これがプレリリースのソフトウェアを使う上での欠点の一つと考えられています。Windows10は未だに開発段階にあり、まもなく発売される予定です。オペレーティングシステムはまだ改善が必要で最終段階でOSに対して多くが必要となされています。ソフトウェアのプレビューに伴う問題点は完成された製品も同様な問題点を持っているという意味にならず、マイクロソフトは完璧なOSにするためにあらゆる手段を尽くしています。Windows10のプレビューの開発に取り組むことはまだ発売の準備ができていないビルドを取り扱って作業するのと同じようなことです。

12月の初めにプレビューに7つのアップデートがあり、より多くの脆弱性を解決するようなことをもたらしました。マイクロソフト社はプレビューソフトウェアの全ての脆弱性に対処するよう、またすぐに全ての問題を極めて効果的に対処するシステムを搭載することが期待されています。

Aulがアップデートしたツイッターの後に、数人のユーザーが後に続いてツィートしコメントの中で彼らも同様な問題に直面していたとAulのツィートの後に言っていました。しかしながら、彼らもAulが伝えたその問題の解決方法によって解決できることを認めていました。彼らはアップデートの前にOfficeをアンインストールしてみることで何も問題に直面することはなかったと言っていました。

マイクロソフトによれば、このアップデートはWindows10にある7つのセキュリティアップデートのうちのただ一つのものだということです。この最新のアップデートはMS14-080と設定され、インターネットエクスプローラー11において14の脆弱性にパッチを適用しています。

Andrew Stormsが述べたインタービューの中で、「まだテスト段階にある試作の状態に対しての利点と欠点が常にあり、Windows10のテクニカルプレビューを選んだユーザーがどうしようもない状態にあり困っています。マイクロソフトは何人かのユーザーがエクスプローラーのクラッシュに悩まされたことを認めましたが、さらに悪いことにアップデートは簡単にはインストールすることができないということです。マイクロソフトのように私も彼らのようなユーザーが自分達で回避策を充分うまく考え出すことができると期待しています。Storms氏は以前にマイクロソフト社が約8人に1人のユーザーが以前のオペレーティングシステムのビルドをインストールするのに成功していないという事実を認めていることを確実に承認しました。そのビルドはインターネットエクスプローラーのためWindows10のファイルマネージャーのクラッシュを止めるために開発されました。Windows10エクスプローラ-を台無しにしてしまうことについて話している間、Aulは「OSを発送する時、もしこのような問題にあった場合、通常はアップデートを行うが、Windows Insiderオーディエンスが技術的であるため、解決に取り組む間、エクスプローラーのクラッシュが少しでも軽減されるために任せたままにするように決定しました。」と言いました。

AulとStorm両方ともWindows10のユーザーのスキルについて自信を持っています。Stormは「プレビューユーザーのほとんどは一般的に進んで削除しようとし、システムを再度構築します。」と言っていました。

Windows10の開発についての最近のニュースは、マイクロソフトが全部で7つのセキュリティアップデートを出荷し、Windows IE, SharePoint, Exchange serverそしてOfficeの初期バージョンの24の脆弱性をパッチ適用にするのを目的としたものであると発表しました。

マイクロソフト社は世界中のユーザーやソフト開発者にWindows10の名前のもとにベストな製品を作るためのWindows Insider Programを通じて親密に関わっています。この会社の一部の努力は会社が被害を被っている初期のオペレーティングシステムの目立ったバグや様々なパフォーマンスの突然の故障から避けるためになされています。マイクロソフトのWindows10はSatya Nadellaが引き継いでから、最大そして最も完璧な会社のリリースであると期待されています。Windows 8の発売はあまり興奮されることなく販売され、OSもユーザーによって注目と期待もないリリースだったため販売が成功であったとは言えません。マイクロソフトはWindows10を華やかで賑やかな発売にすることで販売数を上昇させようとしています。多数の機能の中でオペレーティングシステムがもたらすものはより簡単なシャットダウンオプション、マルチタスク機能、デバイス用多数のプラットフォームをサポートする機能があります。

そのため、Windows10でセキュリティパッチをアップグレードするためにOfficeをアンインストールする必要があるというニュースは心の中に騒ぎや混乱をもたらすべきものではありません。そのプレビューはマイクロソフトから発売される中で恐らく究極に最高なものになるであろうというOSの本質全てのことをただ単に体験してみることになります。

iSkysoft PDF編集+OCR for Windows

iSkysoft PDF編集+OCR for Windows

Windows10でOffice変換・編集ソフト

  • Windows10でWord のようにPDFファイルを編集
  • Word、PowerPoint、Excel とEPUBにPDFを変換
  • Word、PowerPoint、ExcelやテキストなどからPDFを作成
  • OCR機能も搭載するのでスキャンされたPDFフアイルを編集・変換可能
  • パスワードでPDFファイルを保護
Back to top