Windows 7 & Windows 8.1にさようならを言う時がきました。Windows 10は2015年7月29日に発売される予定で、オンラインでは予約がすでに始まっています。Microsoftコーポレーションは、このバージョンが多量の変更をもたらす究極のバージョンだと感じているため、意図的にWindows 9という名前ではなくしました。今後、Windowsの新しいバージョンがでることはありません。このバージョンは人々からたくさんの手助けをもらったものです。Windows 8はいくつかの問題があり、Microsoftが期待していたような名誉は受けることができませんでした。これが何のためらいもなく、組織からWindows 8が廃棄される理由です。多くのユーザーが、長年かけて保証された新しいソフトウェアは、どれでもアップグレードして安全だと考えているでしょう。無視するには時間のかかるいくつかのバグがあるかもしれません。これは時々正しいですが、いつも正しいわけではありません。この戦略はWindows 10の場合、2015年7月29日から2016年7月29日に予約されれば、無料でアップグレードできるため、裏目に出るかもしれません。

windows 10 

Windows 10のリリース前にしておくべき10のこと

Windows 10にシフトする前に、他のバージョンからWindows 10へ最終アップグレードをするのを助けるいくつかの事実を受け入れる必要があります。D-Dayが来る前に、すべての重要な要件を準備しておく必要があります。

Windows 10 ハードウェアとソフトウェア

• ハードウェアとソフトウェア

Windowsをアップグレードするのに、いくつかのハードウェアとソフトウェア要件が必要です。もし互換性のあるハードウェアやソフトウェアアプリケーションがなければ、アップグレードは失敗します。そのため、準備しておくことが大切です。ハードウェア要件は以下を含みます。


  • プロセッサ:1 GHz以上
  • グラフィックスカード:WDDM 1.0 以上のドライバーを搭載した DirectX 9以上
  • ハードディスク容量:16 GB (32 ビット) または 29 GB (64 ビット)
  • RAM:1 GB (32 ビット) または 2 GB (64 ビット)
  • ディスプレイ:1024x600


ソフトウェアはWindows 7 Service Pack 1もしくは Windows 8.1 Updateである必要があります。Windows 10へのアップグレードはもしコンピューターが他のWindows バージョンを使用していたら不可能です。Windows 10のダウンロードサイズはおよそ3GBです。新しいコンピューターにはダウンロードするのに20分ほどかかります。古いものにはだいたい1時間ぐらいです。

windows 10 バージョン

• Windows 10バージョン

Windows 10は、異なるカテゴリーの消費者に7つの異なるバージョンを提供します。これは2015年5月にMicrosoftコーポレーションによって発表されました。Windows 10 for mobileはあとからリリースされます。リリースされる全てのエディションは同じ機能を持っています。エディションは:


  • Windows 10 Home
  • Windows 10 Pro
  • Windows 10 Education
  • Windows 10 Enterprise
  • Windows 10 Mobile
  • Windows 10 Mobile Enterprise
  • Windows 10 IoT Core


• Windows 10の値段

Windows 10にアップグレードするのに最低ソフトウェア要件を満たせなくても、がっかりする必要はありません。Windows 10を無料で入手できないというだけのことです。Windows 10 Home editionには119ドル、Windows 10 Proには199ドル支払う必要があります。市場で最良の取引をするには、少しお金を用意しておく必要があります。

• Windows 10アップデートのトリック

もし新しいバージョンのWindows 10を入手するのに問題を抱えていたら、以下の手順に従って下さい。


  • まず大切なことは、Windowsアップデートがオンになっていて正式に作動しているかを確認します。
  • システムにアップデートKB3035583がインストールされていることを確実に確認しましょう。もししていなければ、Microsoftから手動でダウンロードする必要があります。
  • アプリケーションが自動で開始されるはずです;もしそうでなければ、手動で開始する必要があります。手動で起動させるには「RU」コマンドを開き、「C:\Windows\System32\GWX\GWX.exe」とタイプします。そして、「ENTER」を押します。


• Windows 10のアップデート機能

Windows 10についてこない機能もいくつかあります。後でショックを受けるより事前に知っておくとよいでしょう。Windows 10からなくなる機能は:


  • DVD再生機能
  • Windows Media Centre
  • Windows 7のデスクトップガジェット
  • Windows 10の新しいOneDriveが、OneDriveアプリとWindows Live Essentialsに取って代わります。
  • USBフロッピードライバーが削除されます。
  • マインスイーパ、ソリティアなどのゲームがMicrosoftマインスイーパ、Microsoftソリティアコレクションに変わります。


Windows 10のスタートメニュー

• Windows 10のスタートメニュー

多くの人がWindows 8のフル画面のスタートスクリーンにいらいらしていたので、Windows 10ではこれが廃止されました。ポップアップのスタートメニューが何故か失敗したフル画面のスタートスクリーンの後で戻ってきました。これはWindows 10の最もワクワクする機能の1つです。

• Windows 10からダウングレードする

Windows 10にアップグレードする人々の中にある質問に、以前のWindowsに戻ることができるのかということがあるでしょう。新しいWindows 10に問題を感じて、古いものに戻りたくなるかもしれません。これは可能です。

• ウイルス対策を取り除く

Windows 10をインストールする前にコンピューターからウイルス対策を取り除いて 置くと良いです。Windows 10と互換性がないかもしれなく、妨げになるかもしれないからです。Windows 10と互換性のあるウイルス対策を購入することがおすすめです。

• 新しいWindows 10をデュアルブートする

コンピューターに古いバージョンがあると新しいWindows 10をデュアルブートすることができません。Windows 10は以前のWindows 7またはWindows 8.1からしかアップデートできないので、デュアルブートできる可能性はありません。

• Windows 10 HomeとWindows 10 Pro

Windows 10 HomeとWindows 10 Proには違いがあります。料金の違いだけでなく、ProバージョンはHomeバージョンと同等でそれ以上です。Windows 10のHomeバージョンにはないいくつかの追加機能がProバージョンにはあります。

上記のポイントがWindows 10にアップグレードしたい人々に明確な知識を与えられていたら幸いです。新しい開発には、発表まで無関心でいるより、準備してアプローチした方が良いです。

iSkysoft 万能データ復元! for Windows

iSkysoft 万能データ復元! for Windows

Windows10Pro、Windows10Enterprise、Windows10 Educationに対応

  • Windows10で安全かつ迅速なデータ復元
  • さまざまなファイルフォーマットの復元に対応
  • 初心者にでも分かりやすい操作UI
  • 便利なプレビュー表示機能
  • まるで人間のような復元設定
Back to top